読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北原みのり

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
きたはら・みのり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

ラブピースクラブ代表

「北原みのり」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

木嶋佳苗という不可解きわまりない存在の正体を追う

木嶋佳苗という不可解きわまりない存在の正体を追う

木嶋佳苗事件の100日の公判を追ったルポルタージュである。この事件がうろ覚えになってしまった読者もいるかもしれないのでざっと書いておこう。

逮捕当時34歳だった木嶋は、ネットなどを通じて複数の男性と次々知り合い、高額の金銭を受け取った。受け取るまでの日にちは驚くほど短かったばかりか、ほどなくその男性たちが不審な死を遂げていることが判明する。結婚詐欺と殺人の容疑で木嶋は逮捕された。

この事件を受けてマスコミなどが色めき立ったのは、木嶋の容姿が大いに太り気味であり、顔かたちも世間的な美麗の意識からかなり離れていたからであり、「なぜこの女が…」という三面記事的興味をそそったのであった。

それに加え、被害者の男性たちがみな、高齢にもかかわらず女性とほとんどつきあったことのない男性ばかりだったため、メディアの火にはますます油が注がれることとなった。

本書に書かれていいることは3つである。 1.事件のあらまし 2.公判の模様 3.著者が見た木嶋の素顔

著者はこういう。 「ただ私は、木嶋早苗という女が、全く全く全く、分からなかった」 その分からなさが著者を100日の裁判…

全文を読む

「北原みのり」のレビュー・書評をもっと見る

「北原みのり」の本・小説

フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか 「性の商品化」と「表現の自由」を再考する

フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか 「性の商品化」と「表現の自由」を再考する

作家
香山リカ
北原みのり
出版社
イースト・プレス
発売日
2017-11-17
ISBN
9784781616124
作品情報を見る
フェミの嫌われ方

フェミの嫌われ方

作家
北原みのり
出版社
新水社
発売日
2000-08-05
ISBN
9784883850150
作品情報を見る
毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記

作家
北原みのり
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-04-27
ISBN
9784023310810
作品情報を見る

「北原みのり」人気の作品ランキングをもっと見る

「北原みのり」の関連画像・写真

「北原みのり」の関連画像・写真をもっと見る