読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

北沢秋

職業・肩書き
作家
ふりがな
きたざわ・しゅう

「北沢秋」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

サラリーマンの夢も哀しみも受けとめるネオ時代小説はコレだ!

サラリーマンの夢も哀しみも受けとめるネオ時代小説はコレだ!

 戦国時代、山深い信濃の地で数々の武勲をあげた孤高の“合戦屋”=石堂一徹。 その熾烈な生き様を描き、多くの小説ファンを魅了した北沢秋の『哄う(わらう)合戦屋』(双葉社)に待望の第2弾が登場した。     『奔る(はしる)合戦屋』(同)は、前作から遡ること16年、一徹の青春時代から始まる。      「前作の一徹が“陰”だとすれば、今回はいわば“陽”の部分を強く出しています」と北沢さん。前作で描かれたような完璧なスーパーマンではない、普通に泣いたり笑ったりする生身の人間としての一徹。それが、様々な事件や出来事によって徐々に、前作の、心に厚い鎧をまとったような愁いを帯びた人格に変化していってしまうところに、本作の面白さと切なさがある。      「あまりにも才が突出しているゆえに、周囲から孤立し、主君からもそねまれていく。つまり一徹という男は、僕がサラリーマン生活の中で出会った、才能はあるんだけれど人間関係が上手く作れなくて自滅していった“勿体ない異能の男達”の投影でもあるんですよね。また、主君である村上義清という男も、世間の評価では、むしろい…

全文を読む

「北沢秋」のおすすめ記事をもっと見る

「北沢秋」の本・小説

奔る合戦屋(上) (双葉文庫)

奔る合戦屋(上) (双葉文庫)

作家
北沢秋
出版社
双葉社
発売日
2012-03-15
ISBN
9784575665482
作品情報を見る

「北沢秋」人気の作品ランキングをもっと見る