読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

堀江貴文

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ほりえ・たかふみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

株式会社ライブドア代表

「堀江貴文」のおすすめ記事・レビュー

ホリエモン『多動力』映画化決定!「まさか映画化とは…」「内容が気になる!」と大反響

ホリエモン『多動力』映画化決定!「まさか映画化とは…」「内容が気になる!」と大反響

『多動力』(堀江貴文/幻冬舎)

 堀江貴文『多動力』の映画化が決定。ネット上には「読んで面白かったから映画も楽しみ!」「まさか映画化とは… どんな内容になるんだろう」と大反響が巻き起こっている。

 同書では、人生をもっとワクワクさせるために必要性な「多動力」について、その身につけ方や仕事への応用のしかたが語られている。「多動力」とは「いくつもの異なることを同時にこなす力」のこと。インターネットがさまざまな産業を横串でつないでいる昨今。さらにIoT(Internet of Things)の登場で業界を区切る“タテの壁”は徐々に溶け始めている。そんな時代に求められるのは、いろいろな分野を軽々とわたり歩く「越境者」。そして「越境者」になるためにもっとも重要なスキルが「多動力」なのだ。

 今回の映画化では出演者オーディションを開催し、アイドル志望、女優志望、俳優志望などの様々なジャンルの人材を募集。2018年内に撮影が行われ、2019年2月3日に開催予定の「ホリエモン万博 2019」にて上映する。

 この情報に、「これは有名になるチャンスじゃん! 絶対に応募し…

全文を読む

江戸時代のコメ相場の情報戦から日本酒造りまで! 今ホットな話題は? ホリエモン×成毛眞対談【後編】

江戸時代のコメ相場の情報戦から日本酒造りまで! 今ホットな話題は? ホリエモン×成毛眞対談【後編】

【前編】 堀江貴文「遊び暮らしても食べていける」成毛眞「すべては“逆張り”が基本」 ホリエモン×成毛眞対談 ――最近、お二人が面白いと思っていることは何でしょうか。

堀江 最近、ファンドマネージャーの藤野英人さんと対談していて、その内容を経済歴史マンガとしてどんどんデジタル出版していく予定なんです。そのなかでも今一番ホットなテーマは、世界ではじめて先物取引した大坂堂島のコメ相場ができるまでの話と、その後、米相場の情報戦をめぐる商人と幕府の知恵比べですね。藤野英人さんは、『ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義』という著書で未来の経済の法則を読み解いている人で、そういう話にものすごく詳しいんです。

成毛 へえ、そうなんだ。

堀江 世界が貨幣経済に移行することになったきっかけは、羅針盤や時計を使った航海技術の発達なんですよね。それによって遠洋漁業が広がってグローバル経済になったときに、小麦や米のような重いものをやりとりするより貨幣を使うことが求められた。一方で、日本は戦国時代までは石見銀山で銀が大量に採れたので、銀で有利な貿易をしていたわけです。でもコロンブ…

全文を読む

堀江貴文「遊び暮らしても食べていける」成毛眞「すべては“逆張り”が基本」 ホリエモン×成毛眞対談【前編】

堀江貴文「遊び暮らしても食べていける」成毛眞「すべては“逆張り”が基本」 ホリエモン×成毛眞対談【前編】

 発売たちまち15万部突破の堀江貴文さんの新刊『自分のことだけ考える。無駄なものにふりまわされないメンタル術』と、発売2ヶ月で4刷出来の成毛真さんの新刊『インプットした情報を「お金」に変える 黄金のアウトプット術』(いずれもポプラ社刊)が好評だ。仕事も情報も人間関係も無駄を一切省き、自分が好きなことだけをしているお二人には共通点も多い。

 そこでこのたび、2冊の同時期刊行を記念して著者二人が対談。学歴や肩書きよりも「何者なのか?」が問われる“個人戦の時代”到来に向けてやるべきことについて、時代の一歩先を行く二人が今注目しているコトやモノについて、それぞれ語り合ってもらった。

――堀江さんと成毛さんの新刊には、いくつか共通点があります。「自分が好きなことだけやる」「無駄を省く」など、お二人の働き方や情報とのつき合い方からまずお話しいただけましたら。

堀江 成毛さんの本の帯は、「大衆を脱出したけりゃ情報を吐き出せ」ですか。

成毛 ホリエモンの、「炎上される者になれ!」っていう帯のコピーもすごいね。

堀江 最近、誰かのフェイスブックに面白い見解があったんです…

全文を読む

堀江貴文に学ぶ、飲食店経営の最新のキーワードとアイディアがここに集結!

堀江貴文に学ぶ、飲食店経営の最新のキーワードとアイディアがここに集結!

『グルメ多動力』(堀江貴文/ぴあ)

 まちの繁華街や目抜き通りには飲食店がずらり。SNSによるフード写真の投稿やお昼のグルメ番組のおかげもあり、昨今は空前のグルメブームと言っても過言ではない。このような世の趨勢にもかかわらず客足がなかなか増えない、あるいは飽きられて客足が減少傾向にあるといった飲食店も少なくはないはずだ。

 そんな飲食店経営者の悩みを解決するのに一役買ってくれるであろう新刊、『グルメ多動力』(堀江貴文/ぴあ)が刊行された。本書が指南するのは、流行り廃れのサイクルが一層はやくなった今日でも生き残ることができるような人気飲食店の作り方だ。

 本書は10章からなっており、第1章から第3章は、「ドタキャン」や「人材確保」など目下多くの飲食店が抱える問題点やSNSを使った情報発信、'17年から'18年にかけて飲食を取り巻くヒト・モノ・コトなど飲食業界とそれを支える消費者の現状に焦点を当てている。

 そして第4章から第6章では、これから変わっていくであろう飲食業界と消費者の動向をズバリ予想し、そのために何をすべきかを堀江氏独自の視点で解説している…

全文を読む

「SHOWROOM」を創り出した、いま最も注目される20代起業家が明かす人生とビジネスの本質

「SHOWROOM」を創り出した、いま最も注目される20代起業家が明かす人生とビジネスの本質

『人生の勝算』(前田裕二/幻冬舎)

 いま最も注目される20代起業家の初著作『人生の勝算』が、2017年6月30日(金)に発売された。

 同書の著者は画期的な仮想ライブ空間「SHOWROOM」を創り出した前田裕二。同氏について、秋元康と堀江貴文は以下のように語っている。

勝算なんて何の根拠もないことを、この若き経営者は知っている。だから、前田裕二を信じた。秋元康

秋元さんが“堀江以来の天才がいる”というから会ってみたら、本当だった。堀江貴文

 SNS時代を生き抜く為に必要な“コミュニティ”とは何か。SNSの次の潮流であるライブ配信サービスの最前線はどこか。同書では、8歳で両親を失い、生きるための路上ライブで身につけた前田の“人生とビジネスの本質”を解き明かす。

 プロローグで前田は「単なるビジネス本は書きたくなかった。この本を手にとってくれた方が、自分の“人生”そのものについて、勝算を持つ。そんな、温かい本を書きたかった。僕が全力で魂を注ぎ込んだこの本が、皆さんの人生を1mmでもプラスの方向に傾けることを、心から願ってやみません」と綴っている。注目を集…

全文を読む

断言しよう。人は好きなことだけで生きていける。例外なくあなたも。「ホリエモン」の後悔しない生き方論の決定版!

断言しよう。人は好きなことだけで生きていける。例外なくあなたも。「ホリエモン」の後悔しない生き方論の決定版!

『好きなことだけで生きていく。』(堀江貴文/ポプラ社)

 人間は何のために「働く」のだろう。自分の好きなことを仕事にできたらどんなに良いことかと思いつつ、気がつけば、ただ「生活のため」に働いている人は少なくない。一度きりの人生、情熱を燃やせることを仕事にできたらどんなに素晴らしいことか。そんな思いを抱えたすべてのビジネスマンに活を入れてくれる本がある。

 堀江貴文氏の『好きなことだけで生きていく。』(ポプラ社)は、ホリエモン的後悔しない生き方・働き方が描かれた決定版。「好きなことを仕事にするなんて無理に決まっている」と反論したくなる人もいるだろうが、堀江氏に言わせれば、そんな言い訳をする暇があるならば、行動あるのみだ。これからの時代、あらゆる分野において瞬く間にテクノロジーが発達し、AI化が進んでいき、当たり前にあった職業がなくなっていく。与えられる仕事だけをこなしていれば安泰の時代はもうすぐ終わる。自分から何かを見つけ、仕事を生み出していかなければならない時代が来ようとしている。

 堀江氏によれば、「好きなこと」にいかに没頭できるかどうかは、人生の…

全文を読む

「鍋を磨きすぎて3年間指紋がなかった」ホリエモンも絶賛の“一流シェフの仕事術”

「鍋を磨きすぎて3年間指紋がなかった」ホリエモンも絶賛の“一流シェフの仕事術”

『一流の本質~20人の星を獲ったシェフたちの仕事論』(編:クックビズ(株)Foodion/大和書房)

 「一流の人」はどこが違うのか。日本トップのプロフェッショナル20人が“仕事論”を語った『一流の本質~20人の星を獲ったシェフたちの仕事論』が2017年3月16日(木)に発売された。

 効率を求めることや時短だけでは見えてこない「仕事の本質」。日本の凄腕シェフ達20人が、新人時代にしてきた努力、原価の考え方、マネジメントの法則など「仕事のすべて」を語る。これらは、すべての職業に通じるようなプロフェッショナルとしての在り方そのもの。飲食業のみならず、働くすべての人に通ずる骨太なプロの仕事論だ。

 一流のプロたちは、骨太なエピソードを持っている。「60歳を超えて京大でMBAを取得」や「包丁を持てない難病を患ったにもかかわらず、克服して星をとった」「所持金30万円で渡仏し、星をとった」「鍋を磨きすぎて3年間指紋がなかった」「原価率が40%を超えてもクオリティにこだわる」など、一流の仕事術が満載。  堀江貴文も「この本は、料理の本ではない。もっとも競争の激しい…

全文を読む

たった2分でベストセラー ホリエモンの『ゼロ』を読破! 仕事嫌いは○○不足! 「働く」5つのポイントとは?

たった2分でベストセラー ホリエモンの『ゼロ』を読破! 仕事嫌いは○○不足! 「働く」5つのポイントとは?

 本を読む時間がない日々忙しい人のために、ロングセラー、ベストセラー、話題の本etc.…ダ・ヴィンチニュース独自の視点で選書した名著を紹介! 第7回は、ベストセラーとなった実業家・堀江貴文氏の『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』(ダイヤモンド社)です!

 

 「働いたら、負けかなと思っている」なんていう、働くことの楽しさを知らない奴ほど、負けている気がしてならない。かつて強欲な金の亡者などという批判を受けたホリエモンこと堀江貴文氏は、刑期を終えた後、『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』という本を執筆した。この本を読めば、堀江氏のイメージだけでなく、「働くこと」への考え方がガラリと変わる。すべてを失い、ゼロの地点に立ち返り、「ホリエモン」としてではなく、「堀江貴文」として、彼は自身の半生を振り返りながら、「働くこと」の意味を語りかける。

『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』 【わかりやすさ】★★★★★(堀江氏の経験をもととして書かれているので、具体例に富み、理解しやすい) 【オリジナリティ】★…

全文を読む

「堀江貴文」のおすすめ記事をもっと見る

「堀江貴文」のレビュー・書評をもっと見る

「堀江貴文」の本・小説

バカとつき合うな

バカとつき合うな

作家
堀江貴文
西野亮廣
出版社
徳間書店
発売日
2018-10-26
ISBN
9784198647056
作品情報を見る
マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書)

マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書)

作家
堀江貴文
アイグラフィック
出版社
宝島社
発売日
2018-09-10
ISBN
9784800288318
作品情報を見る
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

作家
堀江貴文
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2013-11-01
ISBN
9784478025802
作品情報を見る
10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

作家
堀江貴文
落合陽一
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2018-04-05
ISBN
9784797394573
作品情報を見る
多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

作家
堀江貴文
出版社
幻冬舎
発売日
2017-05-27
ISBN
9784344031159
作品情報を見る
(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

作家
堀江貴文
出版社
ポプラ社
発売日
2018-03-28
ISBN
9784591158319
作品情報を見る
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

作家
堀江貴文
出版社
光文社
発売日
2017-03-16
ISBN
9784334039745
作品情報を見る
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

作家
堀江貴文
出版社
SBクリエイティブ
発売日
2015-12-05
ISBN
9784797383485
作品情報を見る

「堀江貴文」人気の作品ランキングをもっと見る