読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

又吉直樹 (ピース)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
またよし・なおき

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

お笑い芸人

「又吉直樹」のおすすめ記事・レビュー

又吉直樹の新作『人間』新聞連載に期待するファン続出「これは深い物語になりそう…」

又吉直樹の新作『人間』新聞連載に期待するファン続出「これは深い物語になりそう…」

挿絵画家 村田善子さん

 2018年9月3日(月)から、又吉直樹の小説『人間』が毎日新聞の夕刊で連載。この情報に、「又吉さんの小説大好きだから期待!」「どんな物語になるんだろう…」とファンが期待を寄せている。

 又吉が新聞連載するのは今回が初。同作の物語はマンガ家になる夢を諦めた青年が、かつての仲間たちと過ごした日々を振り返るところからスタートする。

 2015年に小説『火花』で芥川賞を受賞し、2017年には恋愛長編小説『劇場』を発表。囲み取材に登場した又吉は、「毎回毎回見せ場を作ろうとするとリズムを掴みにくくなりそうなので、最初は気にせず書いてます。器用じゃないので。ただ、まったく何も起こらない回が出現するのは避けたいです」とコメントしていた。

 また今回挿画の文字デザインを担当したのは、人気イラストレーター・村田善子。滑らかなタッチで文字が描かれており、人間の多種多様な形相を表現しているかのようだ。

 これらの情報に小説ファンからは、「又吉さんなら確実に名作を書いてくれてると思う」「毎日新聞買ってなかったけど定期購読しようかな…」「『火花』以上の小説…

全文を読む

ピース又吉「自分がどう思ったかを大事にして」 “こどもの本”総選挙1位『ざんねんないきもの事典』を選んだ小学生のかわいい理由

ピース又吉「自分がどう思ったかを大事にして」 “こどもの本”総選挙1位『ざんねんないきもの事典』を選んだ小学生のかわいい理由

子どもプレゼンターのみなさんとアンバサダーを務めたピース又吉さん

 5月5日のこどもの日、「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」が荒川区立図書館「ゆいの森あらかわ」で開催され、12万人の子どもたちが選んだベスト10が発表された。

絵本に囲まれたゆいの森ホール 投票者である子どもプレゼンターが、選ばれた本の著者に表彰状を渡すという微笑ましい表彰式となった。また今回アンバサダーを務めた、芥川賞作家で芸人のピース又吉直樹さんの本にまつわるトークや、子どもたちからの「おしりをださずに笑わせる方法」や「綾部さんとコンビを組んだきっかけ」などの質問に又吉さんが答えるシーンもあり、注目を集めた。

 なお、発表されたベスト10の本は下記の通り。

1位 『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』今泉忠明:監修 2位 『あるかしら書店』ヨシタケシンスケ:著  3位 『りんごかもしれない』ヨシタケシンスケ:作 4位 『おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典』今泉忠明:監修 5位 『おしりたんてい かいとうVSたんてい』トロル:作・絵 6位 『お…

全文を読む

10年前の書籍が爆売れ状態! ピース又吉が『世界一受けたい授業』で紹介した『友だち幻想』が話題

10年前の書籍が爆売れ状態! ピース又吉が『世界一受けたい授業』で紹介した『友だち幻想』が話題

『友だち幻想 ―人と人の<つながり>を考える』(菅野仁/筑摩書房)

 2018年4月14日(土)に放送された「世界一受けたい授業」で、お笑い芸人で芥川賞作家のピース・又吉直樹が『友だち幻想』を紹介。10年前に刊行された書籍にも関わらず、「めちゃくちゃ読んでみたい!」「又吉の紹介してた本すごく気になるー」と大きな話題になっている。  社会学を専門にする著者・菅野仁が2008年に書き上げた同書は、中高生に向けた実用的社会学の本。人付き合いが苦手だった小学生の長女が、クラスに馴染むように学校で注意された様子を見たことが刊行のきっかけになったという。  同書では、「みんな仲良く」という理念や「私をまるごと受け入れてくれる」という考えは幻想であると説く。人付き合いのルールを知り、ほんの少しの作法を身につけるだけで必要以上に傷つかず、しなやかに生きることができる。  学校の課題図書や入試の問題文としても取り上げられていた同書だが、SNSなどの発達により現代社会での「人付き合いの疲れ」に悩む人からも需要が急増。月間100冊程度がじわじわ売れていたのが、昨年から…

全文を読む

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

 第158回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、「直木賞」は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定した。

【第158回芥川賞受賞作品】

全文を読む

又吉直樹は『えんとつ町のプぺル』に投票!? 全国の小学生が選ぶ最強の本が決まる『こどもの本総選挙』開催!

又吉直樹は『えんとつ町のプぺル』に投票!?  全国の小学生が選ぶ最強の本が決まる『こどもの本総選挙』開催!

イラスト:ヨシタケシンスケ デザイン:寄藤文平

 児童書出版社として70周年を迎えた「ポプラ社」が主催する、「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」の投票が2017年11月1日(水)から開始され大好評を博している。  同イベントは、「こどもたちが選んだ本ベスト10」を決定するというもの。現在2,000軒を超える書店店頭や全国の小学校、公共図書館や小学生新聞、全国紙の広告、ポプラ社HPやTwitterなどで日本全国の小学生に投票を呼び掛け中。11月の応募開始から1.5カ月で、日本全国の小学校などから問い合わせが数百を超え、小学生から7万通を超える投票が予想されている。  そして、同イベントのアンバサダーに芥川賞受賞作家でありお笑いタレントとして活躍する又吉直樹の就任が決定。又吉は、2018年5月5日(土)の「こどもの日」に実施される予定の「こどもの本総選挙」結果発表会に出演する。通算3,000冊以上の読書歴を持つという又吉は、自身が小学生だったら『えんとつ町のプぺル』に投票するそうだ。

 僕の場合、最初から本が大好きだったわけではありません。教科書…

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2018年1月号】 目次をチェック!

【ダ・ヴィンチ2018年1月号】 目次をチェック!

あなたが選ぶ、今年最も心に残った一冊は? BOOK OF THE YEAR 2017

◎小説ランキングTOP50 [インタビュー]辻村深月/川原 礫/今村夏子 ◎コミックランキングTOP50 [インタビュー]羽海野チカ/田中圭一/野々村 朔 ◎ほかジャンル別ランキング 文庫/エンタメ・実用書/ビジネス・教養/エッセイ・ノンフィクション/作家/マンガ家/出版社 [インタビュー]又吉直樹/星野 源 ◎出版ニュースオブザイヤー ◎2017年話題の作家 今年、もっとも心をふるわせた「音楽」ドラマ [特別対談] 恩田 陸×石塚真一 [インタビュー] 古屋雄作『うんこ漢字ドリル』 河合雅司『未来の年表』 柳澤英子『やせるおかずつくりおき』 ◎今年の顔が選ぶ! おすすめの1冊 [インタビュー&スペシャルグラビア]高橋一生 [インタビュー]高畑充希/内藤哲也/坂本龍一 ◎[読書メーター×ダ・ヴィンチ]読書メーターOF THE YEAR ◎本読みのプロが選ぶ、「とっておき」の今年の3冊 ◎[描き下ろしマンガ]柳本光晴/久世 岳/白浜 鴎 ◎[文学賞メッタ斬り!対…

全文を読む

菅田将暉&桐谷健太が歌う「浅草キッド」に絶賛の声! 映画「火花」の主題歌に

菅田将暉&桐谷健太が歌う「浅草キッド」に絶賛の声! 映画「火花」の主題歌に

 又吉直樹原作、板尾創路監督で実写化される映画「火花」の主題歌が、ビートたけしの名曲「浅草キッド」であることが発表された。さらに、主演の菅田将暉と桐谷健太がカバーした同楽曲使用の新たな予告映像も公開。この予告映像にファンは「菅田くんと桐谷健太の声の相性よすぎ…」「浅草キッドが作品に合いすぎてヤバい!」と大興奮のようだ。

 同作は、結果を出せずくすぶっていたお笑い芸人の徳永(菅田)が、強い信念をもつ先輩芸人の神谷(桐谷)に出会い、葛藤しながらも歩み続ける10年間の軌跡を描いた物語。

 新予告映像では、予告の中盤頃からシンプルなギターらしき音とともに「浅草キッド」が。その後、葛藤しながらも夢を追い続ける徳永や、「お笑い」を語る神谷の姿が2人の歌声とともに映し出される。2人の歌声にファンからは、「鬼ちゃん浦ちゃんコンビの歌が最高すぎる」「桐谷健太の昔気質の声が、この曲にものすごく合う」「こんなん劇場で聞かされたら泣くに決まってるじゃん!!」「2人のハーモニーに心をわしづかみにされた」と絶賛の声が続出。

 同楽曲の主題歌起用は、監督である板尾の強い希望によっ…

全文を読む

約100ページの大ボリューム!「本屋って、やっぱり面白い」と気づかされる『POPEYE』の本屋大特集

約100ページの大ボリューム!「本屋って、やっぱり面白い」と気づかされる『POPEYE』の本屋大特集

8/9発売『POPEYE』9月号(マガジンハウス)

 街から本屋が消えている――。

 近年よく目にする話だ。街の取材をしていても、「この駅周辺には本屋が1軒もないんですよ」と聞くことも実際に増えてきた。

 また、この話には、「だから街の本屋を守ろう!」という呼びかけがセットで付いてくる。だが人は、自分が「楽しい!」と思うことしか続けられない。義務として書店通いを要求されても、数回でやめてしまうだろう。

「本屋って、やっぱりいいよなぁ……」 「何だか久しぶりに本屋に行きたくなってきた」

 そんな感覚を多くの人が持つことが、街の本屋の存続に何より役立つはず。『POPEYE』9月号の「君の街から、本屋が消えたら大変だ!」は、そんな本屋の楽しさに、もう一度気づかせてくれる本屋特集だ。 掲載されている本屋は『POPEYE』ならでは!  特集は100ページ近い大ボリューム。荻窪の「Title」のような新鋭の新刊書店から、吉原の遊廓専門書店「カストリ書房」をはじめとした超個性派の書店、さらには「COW BOOKS」「古書 音羽館」といった本好きには定番のお店まで、あり…

全文を読む

「又吉直樹」のおすすめ記事をもっと見る

「又吉直樹」のレビュー・書評をもっと見る

「又吉直樹」の本・小説

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

作家
又吉直樹
出版社
小学館
発売日
2016-06-01
ISBN
9784098235018
作品情報を見る
芸人と俳人 (集英社文庫)

芸人と俳人 (集英社文庫)

作家
又吉直樹
堀本裕樹
出版社
集英社
発売日
2018-07-20
ISBN
9784087457667
作品情報を見る
第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

作家
又吉直樹
出版社
幻冬舎
発売日
2011-11-23
ISBN
9784344417694
作品情報を見る
東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

作家
又吉直樹
出版社
ワニブックス
発売日
2013-08-26
ISBN
9784847091797
作品情報を見る
カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)

作家
せきしろ
又吉直樹
出版社
幻冬舎
発売日
2013-10-10
ISBN
9784344420939
作品情報を見る
芸人と俳人

芸人と俳人

作家
又吉直樹
堀本裕樹
出版社
集英社
発売日
2015-05-26
ISBN
9784087716122
作品情報を見る

「又吉直樹」人気の作品ランキングをもっと見る

「又吉直樹」の関連画像・写真

「又吉直樹」の関連画像・写真をもっと見る