読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「湊かなえ」の関連記事

ベストセラー作家・湊かなえが初の連ドラ脚本を書き下ろし

ベストセラー作家・湊かなえが初の連ドラ脚本を書き下ろし

 べストセラー作家・湊かなえが、長澤まさみ主演の10月クールの連続ドラマ『高校入試』(フジ系/土曜23時10分)で脚本を書き下ろしている。人気作家が連ドラのためにオリジナル原作を書き下ろすことはあれど、脚本まで担うのは珍しい。また、連ドラの脚本として多い、出演する役者に合わせた「あて書き」ではなく、プロデュサーとのやりとりを重ね、約2年をかけて完成させたということも注目したい。  物語の舞台は、“入学すれば一生のステイタスとなる”ほどに人気の名門県立高校の「入試…

もっと見る

神が許しても、私は許さない。小泉今日子主演の人気ドラマ『贖罪』DVDリリース記念! 黒沢清監督インタビュー

神が許しても、私は許さない。小泉今日子主演の人気ドラマ『贖罪』DVDリリース記念! 黒沢清監督インタビュー

湊かなえ×小泉今日子×黒沢清による極限エンターテイメント  ベストセラー作家・湊かなえの原作を小泉今日子をはじめとする豪華女優陣を主演に迎えて連続ドラマ化した『贖罪』。今年1~2月にWOWOWで放映されて大きな話題となった本作のDVDが待望のリリース! 監督・脚本を手がけた黒沢清監督に原作の魅力からドラマならではの見どころ、撮影の舞台裏を聞いた。   ――湊かなえさんの原作を最初に読まれたときの印象はいかがでしか? 黒沢 次から次へとよくこれだけひ…

もっと見る

吉永小百合は新ミステリーの女王・湊かなえのファンだった

吉永小百合は新ミステリーの女王・湊かなえのファンだった

 この秋に公開される吉永小百合主演の映画『北のカナリアたち』。この作品の原案は、『告白』(双葉社)で知られる湊かなえ、さらに『告白』の主人公同様、吉永小百合が元教師役を演じるということで、話題を集めている。まさか、あの吉永小百合が、生徒たちの牛乳にHIVウイルスを混ぜたり、“ドッカーン”と爆弾を爆発させたりするのだろうか? しかも、湊作品を原案に推挙したのは吉永本人だというから驚きだ。  吉永がそのいきさつについて語ったのは、8月2日に発売された文庫版『往復書簡…

もっと見る

映画『アナザー』眼帯ヒロインの橋本愛「実はホラーが苦手」

映画『アナザー』眼帯ヒロインの橋本愛「実はホラーが苦手」

 ダ・ヴィンチ9月号の表紙を飾る、純白の透明感の内側に陰を潜ませる美少女。撮影中も、 彼女がふっとうつむく時、遠い目をする時、現場の空気がひんやりと変化した。彼女は今、何を考えているんだろう? 眼差す誰もが、想像力をくすぐられる。  女優、橋本愛。熊本県出身、16歳。湊かなえのベストセラー小説を原作にした、映画『告白』の演技で一躍注目を集めた。当時を振り返って、彼女は言う。 「演技をすることが初めてに等しい作品で、あそこまで監督に愛されて、鍛えられて。本当に運が良…

もっと見る

“イヤミス”の女王 湊かなえの『贖罪』文庫が大人気

“イヤミス”の女王 湊かなえの『贖罪』文庫が大人気

湊かなえ『贖罪』(双葉社)の文庫が売れている。発売は6月6日だが、その後1ヵ月が経った現在も多くの書店で上位をキープ。品切れ店も続出している状態だ。 この注目度の高さには、“イヤミス”ブームが理由のひとつに挙げられるだろう。“イヤミス”とは、「後味が悪い」「イヤな気分になる」ミステリー作品を指す言葉で、湊はイヤミス作家のひとり。映画にもなった『告白』(双葉社)は、まさしくイヤミスを代表する作品といえる。『贖罪』は、娘を殺害された母親と、犯人を目撃…

もっと見る

湊かなえ 初の短編集『サファイア』の登場人物が酷評しているはまさかのあの作品!?

湊かなえ 初の短編集『サファイア』の登場人物が酷評しているはまさかのあの作品!?

『告白』が大ベストセラーとなった湊かなえが、初めての短編集『サファイア』(角川春樹事務所)を出した。 〈恩返し〉を隠しテーマにした7編だが、このテーマになったいきさつについて担当編集者の齋藤謙さんはこう振りかえる。 「“まずはご挨拶を”なんて言ってる場合ではない、とにかく作品を書いていただきたいと思い、その場で〈先生〉と〈恩返し〉というふたつのテーマを提案させていただきました」 なぜ〈恩返し〉というテーマを選んだのか。湊さんは言う。 「〈先…

もっと見る

本屋大賞『告白』の湊かなえがドラマ原作に初挑戦

本屋大賞『告白』の湊かなえがドラマ原作に初挑戦

 本屋大賞受賞作『告白』で一躍人気を集めた湊かなえの最新作『境遇』(双葉社)は、今冬放送予定の、朝日放送創立60周年記念ドラマの原作書き下ろし作品。  「お話をいただいたのは本当にデビュー間もなくのことだったので、よくぞこんな新人にお声がけをして下さったなと、まずはプレッシャーが大変でした(笑)。また“ドラマの原作として書く”ということも初めての経験だったので、そこもかなり苦心しました。 これまではあえて人物や風景の描写をせず、読み手の想像に委ねるという書き方をしてき…

もっと見る