読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木村綾子

職業・肩書き
作家
ふりがな
きむら・あやこ

「木村綾子」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

衝撃のラスト12分間。佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』公開!【森 達也×浅野いにお×木村綾子(後編)】

衝撃のラスト12分間。佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』公開!【森 達也×浅野いにお×木村綾子(後編)】

視点を変えれば、ぜんぜん違うものが見えてくる

浅野 『A3』を読んでいても思ったんですけど、森さんって、麻原彰晃やオウム事件の被告人に対しても、完全には断罪できずに、何か事情があったんじゃないかと入り込んでいく感じがして。それが森さんの魅力だとは思うんですけど、それってでも、世間からしたら合理的ではないですよね。

森 ……確かに風当たりは強いです。だから本が売れない。仕方ないですね。見る人によっては「森は何を言ってるんだ。とんでもない男だ」って思う人もやっぱりいますからね。

木村 『A3』は、2005年から07年まで雑誌で連載していた内容をベースにしつつ、この書籍をまとめた10年の視点や情報が介入していますよね。時制が行き来している分、死刑判決以後の社会の“無関心”という問題が怖いほどリアルに描かれていました。その中で、森さんは、事件を起こした側の視点からこの問題を捉え直そうとしていて……。これを読んで私は、いかにメディアからの情報だけで事件を受け止めて、それを当然だと感じていたかという恐怖に気づきました。

森 誰かが「こうだ」と言っても、違う人から見…

全文を読む

衝撃のラスト12分間。佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』公開!【森 達也×浅野いにお×木村綾子(前編)】

衝撃のラスト12分間。佐村河内守を追ったドキュメンタリー映画『FAKE』公開!【森 達也×浅野いにお×木村綾子(前編)】

 実に15年ぶりの森達也監督作品となる『FAKE』が6月4日(土)より公開される。被写体となったのは、「ゴーストライター騒動」として世間を賑わせた佐村河内守氏。本作をもとに、かねてから森作品のファンだったと語るマンガ家・浅野いにおさんと、二人を繋いだ作家・木村綾子さんとの鼎談が開かれた。  『チャンキ』『A3』などの活字作品にも触れながら、『FAKE』が生まれた理由のひとつである“今この国に対する違和感”について伺っていった――。

【プロフィール】 (写真右)森達也(もり・たつや)●1956年広島県呉市生まれ。映画監督、作家。ドキュメンタリーを中心に数々の作品を制作。98年オウム真理教の荒木浩を主人公とする映画『A』、2001年には続編『A2』を公開。著書に『放送禁止歌』『ドキュメンタリーは嘘をつく』『オカルト』『A3』『死刑のある国ニッポン』、近刊では初の長編小説作品『チャンキ』他。

(写真左)浅野いにお(あさの・いにお)●1980年生まれ、茨城県出身。マンガ家。2001年『宇宙からコンニチハ』で第1回GX新人賞に入賞。主な作品に『素晴らしい世界…

全文を読む

「木村綾子」のおすすめ記事をもっと見る

「木村綾子」の本・小説

太宰治と歩く文学散歩

太宰治と歩く文学散歩

作家
木村綾子
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2010-02-27
ISBN
9784048850513
作品情報を見る

「木村綾子」人気の作品ランキングをもっと見る

「木村綾子」の関連画像・写真

「木村綾子」の関連画像・写真をもっと見る