読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

野村美月

職業・肩書き
作家
ふりがな
のむら・みづき

「野村美月」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

ライトノベルと純文学の橋渡し役的な異色作品-『文学少女』シリーズ(全8巻)

ライトノベルと純文学の橋渡し役的な異色作品-『文学少女』シリーズ(全8巻)

■文学少女シリーズ(全8巻)/野村美月・竹岡美穂/エンターブレイン 2作品ごとに文学小説が題材となり、物語が進んでいく、異色な作品です。 本編で取り上げられる文学小説は、シリーズ1作目『“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』で太宰治の『人間失格』が、そして2冊目から順に・・・

・エミリー・ブロンテ『嵐が丘』 ・武者小路実篤『友情』 ・ガストン・ルルー『オペラ座の怪人』 ・宮沢賢治『銀河鉄道の夜』 ・泉鏡花『夜叉ケ池/草迷宮/外科室』 ・ジッド『狭き門』 となっています。 「あっ、この作家やあのタイトルなら知ってる!」という作品もあるでしょうか。

ライトノベルは読むけれど、純文学は垣根が高いと感じてしまう。または、純文学は好きだけれど、ライトノベルは読むのにどうも抵抗がある。こんな人がいるかもしれません。

本当はそんなジャンル分けは大して意味がなくて、いい作品はいい内容なのですが、そうは言っても新しいものに挑戦してみようというときには、それなりのきっかけが必要なときだってありますよね。『“文学少女”シリーズ』は、ライトノベルファンを純文学の世界に…

全文を読む

「野村美月」のレビュー・書評をもっと見る

「野村美月」の本・小説

ストーリーテラーのいる洋菓子店 月と私と甘い寓話

ストーリーテラーのいる洋菓子店 月と私と甘い寓話

作家
野村美月
出版社
ポプラ社
発売日
2020-12-16
ISBN
9784591168882
作品情報を見る

「野村美月」人気の作品ランキングをもっと見る

「野村美月」の関連画像・写真

「野村美月」の関連画像・写真をもっと見る