読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

柳広司

職業・肩書き
作家
ふりがな
やなぎ・こうじ

「柳広司」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

国家は〈彼ら〉の何を恐れたのか? ミステリーの手法で歴史の闇を掘り起こす『アンブレイカブル』柳広司インタビュー

国家は〈彼ら〉の何を恐れたのか? ミステリーの手法で歴史の闇を掘り起こす『アンブレイカブル』柳広司インタビュー

柳 広司 やなぎ・こうじ●1967年生まれ。2001年『贋作「坊っちゃん」殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。09年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞・日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。「ジョーカー・ゲーム」シリーズ他、『新世界』『象は忘れない』『太平洋食堂』など著書多数。

  「韓国映画を最近よく観ているのですが、光州事件のような近過去の歴史や権力の腐敗のような今も続く社会問題に切り込みながら、すごく面白いエンターテインメントに仕立て上げている作品がたくさんあるんですね。映画にできるんなら、小説にだってできるはずだ。そういう思いが出発点にありました」  大正末期から終戦までの20年間、数十万人もの人々に「反国家的」というレッテルを貼り、獄中へと送り込んできた治安維持法。累計130万部突破の人気シリーズ「ジョーカー・ゲーム」の時代にも通じる最新作は、治安維持法の犠牲となった実在の文化人に光を当てた連作集だ。 「太平洋戦争中、多くの作家や言論人が治安維持法と特高警察によって殺害されました。けれども彼らはいずれも小説家や…

全文を読む

タバコに込められた秘密とは!? 亀梨和也主演『ジョーカー・ゲーム』原作スピンオフ

タバコに込められた秘密とは!? 亀梨和也主演『ジョーカー・ゲーム』原作スピンオフ

『ジョーカー・ゲーム』(柳広司/KADOKAWA)

亀梨和也主演で映画化され本格的なスパイアクション映画と好評を博した『ジョーカー・ゲーム』。原作は柳広司による同名の連作短編集だ。今回、その『ジョーカー・ゲーム』のスピンオフ作品「シガレット・コード(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』4月号と、「ダ・ヴィンチニュース」の特設ページで、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。

『ジョーカー・ゲーム』で活躍するスパイたちは、大日本帝国陸軍の上級将校・結城中佐が設立したスパイ養成機関”D機関”にて特殊な訓練を受けた者たち。彼らは各国に飛ぶと、現地に溶け込み、”見えない存在”となって諜報活動に従事する。

今回無料公開されるスピンオフ「シガレット・コード」の主人公・島野亮祐は、シリーズ第3作『パラダイス・ロスト』に収録された「誤算」に登場するスパイ。彼はナチス・ドイツに占領されたフランスに日本人留学生として送り込まれている。

第1話ではその島野が何者かに尾行されるシーンから始まる。すぐに尾行の存在に気づいた島野…

全文を読む

【ダ・ヴィンチ2015年3月号】「柳広司の世界」特集番外編 

【ダ・ヴィンチ2015年3月号】「柳広司の世界」特集番外編 

柳広司特集番外編 美学の詰まった作品たち 編集μ  ダ・ヴィンチ2015年3月号の第2特集では、作家の柳広司さんの特集を展開しております!

 柳さんは、2008年に刊行されたスパイ・サスペンス小説『ジョーカー・ゲーム』が大ヒット。本書はダ・ヴィンチのプラチナ本にも選ばれています。

 『ジョーカー・ゲーム』は、独自の規律に生きるスパイたちの活躍をスタイリッシュに描いた、それまでになかったミステリー。結城中佐や、その教えを受けたスパイたちの活躍がとにかくカッコいい! 物語です。最新刊の『ラスト・ワルツ』を含め、現在シリーズ4冊が発売、累計100万部を突破しています。

 1月末からはKAT-TUNの亀梨和也さん主演の映画も公開され、話題を呼んでいますね。

 本特集の扉に、とっても素敵な男性の写真がどーんと掲載されていますが、そうですこのかたが柳広司さんです。俳優さん!? と思うほどスタイリッシュでカッコいいですね。

 この写真は、インタビュー取材を行った都内某ホテルのバーで撮影いたしました。そのお店の内装は、『ラスト・ワルツ』収録短編の舞台となっている、満州鉄…

全文を読む

注目の新刊 『楽園の蝶』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

注目の新刊 『楽園の蝶』 ダ・ヴィンチ2013年8月号

1942年、日本を飛び出し、満州映画協会の扉を叩いた脚本家志望の若者・朝比奈。ドイツ帰りの女性監督・桐谷サカエの指示で、現地スタッフの陳雲と探偵映画を練り始めた朝比奈だったが——。『ジョーカー・ゲーム』から5 年、満州の映画界を舞台とした待望のミステリー。

全文を読む

「柳広司」のおすすめ記事をもっと見る

「柳広司」の本・小説

アンブレイカブル

アンブレイカブル

作家
柳広司
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-29
ISBN
9784041109410
作品情報を見る
風神雷神 (上) (講談社文庫)

風神雷神 (上) (講談社文庫)

作家
柳広司
出版社
講談社
発売日
2021-03-12
ISBN
9784065221860
作品情報を見る
太平洋食堂

太平洋食堂

作家
柳広司
出版社
小学館
発売日
2020-01-24
ISBN
9784093801157
作品情報を見る
饗宴 ソクラテス最後の事件 (角川文庫)

饗宴 ソクラテス最後の事件 (角川文庫)

作家
柳広司
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-10-24
ISBN
9784041086360
作品情報を見る
象は忘れない (文春文庫)

象は忘れない (文春文庫)

作家
柳広司
出版社
文藝春秋
発売日
2020-02-05
ISBN
9784167914387
作品情報を見る
風神雷神 (下) (講談社文庫)

風神雷神 (下) (講談社文庫)

作家
柳広司
出版社
講談社
発売日
2021-03-12
ISBN
9784065221877
作品情報を見る
幻影城市 (講談社文庫)

幻影城市 (講談社文庫)

作家
柳広司
出版社
講談社
発売日
2018-10-16
ISBN
9784065132906
作品情報を見る

「柳広司」人気の作品ランキングをもっと見る

「柳広司」の関連画像・写真

「柳広司」の関連画像・写真をもっと見る