読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

葉真中顕

葉真中顕 写真:干川 修
職業・肩書き
作家
ふりがな
はまなか・あき

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1976年3月1日、東京都生まれ。趣味は映画鑑賞や将棋。「はまなか あき」の名義で児童小説を出版。2009年に『ライバル』で「第1回角川学芸児童文学賞」の優秀賞を受賞。2010年に改題した『カドカワ学芸児童名作 ライバル おれたちの真剣勝負』(角川学芸出版)で児童文学作家デビュー。小学館の漫画雑誌「週刊少年サンデー」にて2011年から連載していた『犬部!ボクらのしっぽ戦記』ではシナリオ協力を担い、片野ゆか氏と高倉陽樹氏と共著。2012年~2013年にコミックス『犬部!ボクらのしっぽ戦記 1~3』(小学館 少年サンデーコミックス)が発売。そのほか学習誌の記事なども手掛ける。

2013年からブログを開設。同年、介護に追い詰められていく人々など老人介護を描いた『ロスト・ケア』(光文社)で「第16回日本ミステリー文学大賞新人賞」受賞。「葉真中 顕」名義のデビュー作品となる本作は、骨太のストーリーで選考委員から絶賛を得た。2014年に『絶叫』(光文社)が発売、翌年「第36回 吉川英治文学新人賞」と「第68回 日本推理作家協会賞 長編及び連作短編集部門」の候補作に選ばれる。2019年にWOWWOWの「連続ドラマW 絶叫」にて全4話のドラマ化。

2016年発売の『コクーン』(光文社)が、2017年「第38回 吉川英治文学新人賞」の候補作に選ばれる。2018年発売の『凍てつく太陽』(幻冬舎)が「第21回 大藪春彦賞」を受賞。2019年には、前代未聞の警察小説といわれる『W県警の悲劇』(徳間書店)、『絶叫』の登場人物が再登場する『Blue(ブルー)』(光文社)などが発売。著作にはほかに『ブラック・ドッグ』『政治的に正しい警察小説』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-09-20

2013年
『ロスト・ケア』第16回日本ミステリー文学大賞新人賞

「葉真中顕」のおすすめ記事・レビュー

芦名星「1話から見所満載!!」 葉真中顕の『W県警の悲劇』が芦名主演でドラマ化決定!

芦名星「1話から見所満載!!」 葉真中顕の『W県警の悲劇』が芦名主演でドラマ化決定!

『W県警の悲劇』(葉真中顕/徳間書店)

 葉真中顕の小説『W県警の悲劇』が、芦名星主演でドラマ化されることが明らかに。この発表にファンからは、「あのぶっ飛んだ内容をどう映像化するのか楽しみ」「芦名星さん主演キターッ!」と歓喜の声が後を絶たない。

 原作者の葉真中は、『凍てつく太陽』『ロスト・ケア』『絶叫』など数々の衝撃作を生み出してきた小説家。2018年発売の『凍てつく太陽』では、「第21回大藪春彦賞」「第72回日本推理作家協会賞」を受賞している。心抉られる社会派サスペンスの名手として名高い、大注目の作家だ。

 芦名演じる松永菜穂子は、警察内部を取り締まる女性警視。生まれ持った洞察力や観察力を駆使し、各所轄にいる女性警察官と対峙していく。彼女が目指すのは県警本部の幹部たちの集い、通称「円卓会議」のメンバー入り。しかし対峙する女性警察官たちは、どれも一筋縄ではいかない。女性たちを追及していく菜穂子だったが、実はそれぞれ何かしらの“秘めごと”を抱えているようで――。

 原作や台本をチェックした芦名は、「読んでいてこんなに先を先をと、早く最後が知りたいと思…

全文を読む

貧困、ブラック企業、無縁社会…ある女性の壮絶な人生から現代の闇をえぐる!『連続ドラマW 絶叫』原作者・葉真中顕インタビュー

貧困、ブラック企業、無縁社会…ある女性の壮絶な人生から現代の闇をえぐる!『連続ドラマW 絶叫』原作者・葉真中顕インタビュー

 貧困、ブラック企業、無縁社会――。ある女性の壮絶な人生を通して、現代の闇をえぐった傑作ミステリー『絶叫』がついにドラマ化。原作者の葉真中顕さんにお話をうかがった。

葉真中 顕 はまなか・あき●1976年東京都生まれ。2013年『ロスト・ケア』で第16回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、ミステリー作家としてデビュー。老人介護を扱った同作は高く評価された。15年『絶叫』が第36回、17年『コクーン』が第38回吉川英治文学新人賞の候補となる。19年『凍てつく太陽』で第21回大藪春彦賞を受賞。  

 2014年に刊行され、大きな反響を呼んだミステリー『絶叫』が、WOWOW『連続ドラマW 絶叫』としてついに実写化される。ヒロイン「鈴木陽子」を演じるのは、コメディからシリアスまで演じ分ける実力派女優・尾野真千子。その独特の存在感は、原作者・葉真中顕さんが思い描いていた陽子のイメージにもぴったりだった。 「もし『絶叫』がドラマ化されるなら、陽子役は誰がいいかという話を以前からよくしていて、尾野真千子さんのお名前は必ずあがっていたんです。鈴木陽子と…

全文を読む

借金を抱えた父が失踪。生きるために「保険金殺人」を――尾野真千子が孤独な女性の壮絶な人生を演じる『絶叫』

借金を抱えた父が失踪。生きるために「保険金殺人」を――尾野真千子が孤独な女性の壮絶な人生を演じる『絶叫』

『絶叫』(葉真中顕/光文社)

 葉真中顕の小説『絶叫』が、尾野真千子主演でドラマ化されることが決定。尾野が保険金目当ての殺人に手を染めるOLを演じるとあって、「尾野さんの演技力に期待」と注目を集めている。

 主人公となるのは、ごく一般的な家庭に生まれた鈴木陽子。陽子は秀才だった弟と比較されながら生きてきたが、寂しさを胸の奥に秘めながら淡々とした日々を過ごしている。陽子の人生を大きく変えたのは、借金を抱えた父親の失踪。社会的にも経済的にも追い詰められた陽子は、生きるために保険金殺人を計画することに。罪に罪を重ねながら自分の居場所を確立するためにもがく陽子の人生は、いつしか誰も予想できない結末へと向かい始める―。

 原作を読んだ読者からは、「自分が陽子になったような錯覚を覚える」「希望がない、と思いながらページをめくる手が止まらなかった」「この面白さは最後まで読まないとわからない」と驚きの声が続出。「もっと評価されるべき小説」「こんな素晴らしい作品を知らないなんてもったいない」と、ミステリー好きからも絶賛の声が相次いでいる。

 監督を務める水田成英は、「原…

全文を読む

「葉真中顕」のおすすめ記事をもっと見る

「葉真中顕」のレビュー・書評をもっと見る

「葉真中顕」の本・小説

絶叫 (光文社文庫)

絶叫 (光文社文庫)

作家
葉真中顕
出版社
光文社
発売日
2017-03-09
ISBN
9784334774509
作品情報を見る
政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)

政治的に正しい警察小説 (小学館文庫)

作家
葉真中顕
出版社
小学館
発売日
2017-10-06
ISBN
9784094064643
作品情報を見る
凍てつく太陽

凍てつく太陽

作家
葉真中顕
出版社
幻冬舎
発売日
2018-08-23
ISBN
9784344033443
作品情報を見る
W県警の悲劇 (文芸書)

W県警の悲劇 (文芸書)

作家
葉真中顕
出版社
徳間書店
発売日
2019-01-19
ISBN
9784198647520
作品情報を見る
ブラック・ドッグ (講談社文庫)

ブラック・ドッグ (講談社文庫)

作家
葉真中顕
出版社
講談社
発売日
2018-06-14
ISBN
9784065121498
作品情報を見る
コクーン

コクーン

作家
葉真中顕
出版社
光文社
発売日
2016-10-18
ISBN
9784334911249
作品情報を見る
ブラック・ドッグ

ブラック・ドッグ

作家
葉真中顕
出版社
講談社
発売日
2016-06-15
ISBN
9784062200158
作品情報を見る
アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)

アイアムアヒーロー THE NOVEL (小学館文庫)

作家
朝井リョウ
中山七里
藤野可織
下村敦史
葉真中顕
佐藤友哉
島本理生
出版社
小学館
発売日
2017-03-27
ISBN
9784094064056
作品情報を見る

「葉真中顕」人気の作品ランキングをもっと見る

「葉真中顕」の関連画像・写真

「葉真中顕」の関連画像・写真をもっと見る