読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

要潤

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かなめ・じゅん

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1981年、香川県生まれ。2001年、ドラマ『仮面ライダーアギト』で俳優デビュー。以降、映画、テレビなど幅広く活躍。出演作にドラマ『早海さんと呼ばれる日』『空飛ぶ広報室』、映画『GOEMON』『謎解きはディナーのあとで』など多数。

「要潤」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

要 潤「破天荒な人がちらっと見せる冷静さ、謙虚さ。予定調和じゃないところに人は惹きつけられる」

要 潤「破天荒な人がちらっと見せる冷静さ、謙虚さ。予定調和じゃないところに人は惹きつけられる」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、人気テレビシリーズから飛び出した『劇場版 タイムスクープハンター―安土城 最後の1日―』がついにDVD&ブルーレイ化、その主演を務める要潤さん。リハーサルは一切しない、偶然の驚きや閃きを大切にする同作の撮影で培った心に響く言葉とは?

「ミック・ジャガーの言葉はものすごくシンプル。一回読んだだけで脳裏に焼きつきます」

 おすすめ本『ミック・ジャガー ワイルドライフ』から、多くの価値ある言葉を直球で受け取ったと語る要さん。

「人前で話す時のひと言、ひと言はすごく大事だなと思っていて。だからこういう素晴らしい言葉を発する人の言葉の響きを頭に蓄積しておくんです。そして、それらを自分なりにアウトプットしているんです」

 本書のなかに散りばめられたミックの言葉のなかで、最も惹きつけられたのは「人は永遠に見栄を張れるわけじゃない」という言葉。

「破天荒なミックとは違う、冷静な部分がこのひと言に出ていますよね。弱さというか、謙虚さとい…

全文を読む

吹石一恵、夫の浮気をきっかけにモデルを目指す主婦演じる

吹石一恵、夫の浮気をきっかけにモデルを目指す主婦演じる

  講談社『kiss』にて連載中の人気レディスコミック『バラ色の聖戦』(こやまゆかり作)のドラマ化が決定。     9月4日スタートのテレビ朝日系日曜ナイスプレミアムで放送される。      同作は家事と子育てに追われ、身の回りに気を配らなくなった30代の主婦が、夫の浮気をきっかけに主婦モデルの世界に足を踏み入れるサクセスス トーリー。生き馬の目を抜く華麗な世界で奮闘する主婦・三木真琴を演じるのが吹石一恵だ。      吹石が冴えない専業主婦から一転、トップクラスの主婦モデルに変貌していく経緯を特殊メイクと厳しいレッスンで再現している。さらにタイトルにあるとおり、モデル同士の熾烈な競争や女同士の戦いなど緊張感溢れるシーンが満載。      モデルの業界といえば別世界のようだが、その中には「キレイ」 を取り戻していく30代女性の普遍性も描かれていて、共感を覚える人も少なくないはずだ。脇を固める井上順、夏木マリ、要潤など実力派俳優に加え、真琴のライバルになる芦名星やカリスマモデル役の滝沢沙織の演技も必見だ。     (ダ・ヴィンチ9月号 出版ニ…

全文を読む

「要潤」のおすすめ記事をもっと見る