読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「梨木香歩」のレビュー・書評

【ダ・ヴィンチ2015年12月号】今月のプラチナ本は 『岸辺のヤービ』

【ダ・ヴィンチ2015年12月号】今月のプラチナ本は 『岸辺のヤービ』

『岸辺のヤービ』梨木香歩 ●あらすじ● 緑豊かな湖沼地帯で寄宿学校の教師をしている「わたし」は、ある晴れた夏の日、ふわふわの柔らかい毛におおわれ、二足歩行するハリネズミのような、ふしぎな生き物と出会う。1粒のミルクキャンディーをあげたことから、そのクーイ族の小さな男の子「ヤービ」との交流が始まる。キジバトの背に乗って空を飛んだり、水をはじくスーツを着て水中を自由自在に泳ぎ回ったり……ヤービが語る、水辺の生き物たちの胸躍る物語の数々。梨木香歩が愛する児童文学と自…

もっと見る