読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鈴木央

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
すずき・なかば

「鈴木央」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「なんだかんだ、みんなマーリンのことが好きなんだな」『マガジン』11号『七つの大罪』、メンバー同士の絆にファン感動!

「なんだかんだ、みんなマーリンのことが好きなんだな」『マガジン』11号『七つの大罪』、メンバー同士の絆にファン感動!

『週刊少年マガジン』11号(講談社)  2020年2月12日(水)発売の『週刊少年マガジン』11号。『七つの大罪』第341話ではキャスと戦うマーリンに援軍が到着し、読者の間で「メンバー同士の絆に泣けた…」と話題になっている。  1度倒したはずのキャスだったが、巨大な姿で蘇りアーサーを襲撃。一緒にいたマーリンはアーサーを守るため、大量の魔法を打ち込んでいく。だが何度攻撃を加えても、巨大化したキャスに魔法が効いているようすはない。  マーリンに対し「ポクが遊びたいのはキミじゃないんだよね~」というキャスに、「なら私が相手だ…」とアーサーの一刀が炸裂。キャスの頭がいくつもの断片にスライスされるが、何もなかったかのように一瞬で元の形へと再生する。  「私には王として民と国を守る責任がある!」と高らかに宣言するアーサー。しかしその言葉を聞いておかしそうに笑うキャスは、キャメロットが魔神王との戦いによってすでに消えていることを明かす。キャメロットを取り戻すと約束していたアーサーは失意の底へ落ち、隙を見たキャスの一撃により戦闘不能となってしまう。  1人きりと…

全文を読む

「マーリンを信頼してるアーサーがマジでかわいい」『マガジン』10号『七つの大罪』、マーリンとアーサーの絆に歓喜の声

「マーリンを信頼してるアーサーがマジでかわいい」『マガジン』10号『七つの大罪』、マーリンとアーサーの絆に歓喜の声

『週刊少年マガジン』10号(講談社)  2020年2月5日(水)発売の『週刊少年マガジン』10号。『七つの大罪』340話で描かれたアーサーとマーリンの関係性に、「これは尊い」「2人を見守っていたいね」といった声が上がっている。  キャスを倒した“七つの大罪”メンバーは、マーリンによって王国に戻されてしまう。だがそこにメンバーから抜けると決めていたマーリンの姿はなく、戸惑いを隠せない仲間たち。団長のメリオダスだけは大きな息を漏らし、「気にすんなって… 今頃嬉しくて笑ってんだろ…」と皮肉ともとれる言葉をこぼす。  一方残ったマーリンはアーサーの“混沌”によって出現した建造物群を楽しんでいた。意識を失って倒れるアーサーのかたわらに、白と黒の羽がいくつも生えた異形の聖剣が。興味深そうに眺める彼女は、現在の聖剣が本来の姿なのかどうか思案を巡らせる。  マーリンは目を覚ましたアーサーに、“混沌の王を復活させたのは自分の探求心と欲望のため”だったことを告白。「私を恨んでいるのではないのか」と問うマーリンだが、予想に反してアーサーから返ってきたのは「どうして君を…

全文を読む

「キャスのグロさと切なさで複雑な感情になる」『マガジン』8号『七つの大罪』、凶悪な怪物に豹変したキャスに驚きの声

「キャスのグロさと切なさで複雑な感情になる」『マガジン』8号『七つの大罪』、凶悪な怪物に豹変したキャスに驚きの声

『週刊少年マガジン』8号(講談社)  2020年1月22日(水)に、『週刊少年マガジン』8号が発売。『七つの大罪』339話ではアーサーの相棒・キャスが真の姿を現し、「あんなに可愛かったキャスがこんな姿に…」「もう裏切りはこりごりだよ!」と読者の間に動揺が広がっている。  “混沌”と呼ばれる存在を復活させるために、アーサーを生き返らせたマーリン。アーサーが新たな力に目覚めるタイミングを見計らって、いつもアーサーと一緒にいた可愛い生物・キャスが現れた。キャスとの再会を喜ぶアーサーだったが、キャスは彼の目の前で豹変して牙をむいた猛獣に。その牙でアーサーの腕を食いちぎり、力を横取りしようとする。  その様子を側で見ていた“七つの大罪”メンバーは、キャスの恐ろしい一面に驚愕。キャスの正体は「キャス・パリーグ」と呼ばれる凶暴な獣で、アーサーが“混沌の王”として目覚めるのを待っていたという。覚醒したアーサーを物欲しそうな目で見つめるキャスは、周囲の人間すべてを巻き込んで異空間を創造。“七つの大罪”メンバーは体力を消耗しており、脱出方法が分からないまま大きな渦に…

全文を読む

「こんなに重要キャラだったとは…」『マガジン』7号『七つの大罪』、意外すぎるホークママの正体に驚きの声続出!

「こんなに重要キャラだったとは…」『マガジン』7号『七つの大罪』、意外すぎるホークママの正体に驚きの声続出!

『週刊少年マガジン』7号(講談社)  2020年1月15日(水)発売の『週刊少年マガジン』7号では、『七つの大罪』で謎多き存在“混沌”にまつわるさまざまな真実が明らかに。「ホークママがこんなに重要キャラだったとは…」「アーサーの魔力怖すぎ!」と読者から動揺の声が上がっている。  前回のエピソードでは、マーリンが“混沌”復活のためにメリオダスたちを騙していたことが発覚。メリオダスが“混沌”の存在を疑うと、湖の中から語りかけてくる謎の声が「混沌は実在しますよ… あなたたちはすでに出会っているではありませんか…」と言い出した。  “七つの大罪”メンバーが誰のことかと疑問に思っていると、「その背に乗り共に旅をしてきたはず」と続ける湖の声。そのひとことで全てを察したみんなは、自分たちの後ろにいたホークママを見上げる。理解できていないホークが「何言ってんのお前ら~」と笑っていると、ホークママの大きな体が徐々に潰れてぺたんこに。近づいたキングは潰れたのが何層にもこびりついた苔であることを確かめた。  「中身は一体どこへ…?」と困惑するアーサーに向かって、マーリ…

全文を読む

「彼女の愛がこんなに深くて複雑だとは思わなかった」『マガジン』6号『七つの大罪』、遂に明かされたマーリンの目的に驚きの声

「彼女の愛がこんなに深くて複雑だとは思わなかった」『マガジン』6号『七つの大罪』、遂に明かされたマーリンの目的に驚きの声

『週刊少年マガジン』6号(講談社)  2020年1月8日(水)発売の『週刊少年マガジン』6号。『七つの大罪』第337話ではマーリンの過去と真の目的が明かされ、「彼女の愛がこんなに深くて複雑だとは思わなかった」と話題になっている。  魔神王を倒し平和を取り戻したブリタニアで、アーサー王を“混沌の王”として復活させたマーリン。メリオダスがその理由を訪ねると、マーリンの代わりに“湖の姫”と呼ばれる謎の声が彼女の過去を語り始めた。  かつてブリタニアには、人間の賢者たちが住む「ベリアルイン」という都が。賢者たちは魔術の才能を持つ子どもを集めて実験を行っており、マーリンはその中でも強力な魔力を持つ子どもとして生まれる。しかし幼いマーリンは愛情に飢え、実験を繰り返す日々から脱出。追っ手に捕まりそうになった時に、助けてくれたのがメリオダスだった。  メリオダスから初めて愛情を受け取ったマーリンは、やがてメリオダスに特別な感情を抱くように。少女の姿を捨てて大人の女になり、肉体の時間を止めてメリオダスの心を自分へ向けさせようとする。ところがそこにエリザベスが現れ、…

全文を読む

「謎と秘密が多すぎるよマーリン!」『マガジン』4・5合併号『七つの大罪』、マーリンが明かしたアーサーの運命が話題

「謎と秘密が多すぎるよマーリン!」『マガジン』4・5合併号『七つの大罪』、マーリンが明かしたアーサーの運命が話題

『週刊少年マガジン』4・5合併号(講談社)  2019年12月25日(水)に、『週刊少年マガジン』4・5合併号が発売。『七つの大罪』第336話ではアーサーが復活した理由が明らかになり、「なんか面白い展開になってきた」「ここから彼の新しい物語が始まるのかな」と注目を集めている。  前回のエピソードで、死んだはずのアーサーを復活させたマーリン。目覚めたアーサーは自身の体に異変が起きていることに気づき、胸を押さえて苦しみだした。しばらくするとアーサーの顔つきが豹変し、マーリンが「王の目覚めが混沌の封印を解き放つとき、混沌は王に還る」と呟く。心配したメリオダスがアーサーのもとへ飛んでいこうとすると、振りむいたアーサーが「私は決して… ブリタニアを魔神族の好きにはさせない!」と怒りをむき出しにする。  その途端メリオダスたちの周りが暗闇に包まれ、地面が奇妙な形に変形。ホークが「なんちゅう幻覚だ~!?」と戸惑っていると、ゴウセルは「幻覚じゃないよ!! これは… 現実だ!!」と断言した。変形し続ける地面はメリオダスに襲い掛かり、どこからかアーサーの声が。アーサ…

全文を読む

「可愛い顔が台無しってレベルじゃない」 表情豊かすぎる十戒・メラスキュラにツッコミ続出!【アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話】

「可愛い顔が台無しってレベルじゃない」 表情豊かすぎる十戒・メラスキュラにツッコミ続出!【アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話】

『七つの大罪』39巻(鈴木央/講談社)  2019年12月18日(水)に放送された、アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話。メリオダスの前に十戒の1人・メラスキュラが現れるのだが、「顔芸の達人だなwww」「どれだけ驚いたらその顔になるんだ」と爆笑の声が相次いでいる。  前回のエピソードで、エリザベスにかけられた呪いの真実を知った“七つの大罪”メンバー。しかしメリオダスの意思で、一行は当初の目的通りコランドへ向かった。コランドの入り口で彼らを迎えたのは、メリオダスの弟・ゼルドリス。メリオダスが躊躇いなく切りかかると、ゼルドリスの姿は幻覚だと分かる。 >>『七つの大罪』のTVアニメが見放題!漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】  幻覚を作り出していたのは、メリオダスを狙うメラスキュラ。メリオダスはメラスキュラに連れ去られ、残された仲間たちは襲い掛かってくる死霊との戦いを強いられた。メリオダスはメラスキュラの作りだした“暗澹の繭”に捕らえられ、攻撃を放っても闇の力では効果がない。それどころか繭はメリオダスが放つ負のエネルギーを吸収し、動く死霊の原…

全文を読む

「こんなにたくさんの彼女と別れてきたのか…」 メリオダスが語るエリザベスの前世に悲しみの声続出【アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第10話】

「こんなにたくさんの彼女と別れてきたのか…」 メリオダスが語るエリザベスの前世に悲しみの声続出【アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第10話】

『七つの大罪』39巻(鈴木央/講談社)  2019年12月11日(水)に、アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」の第10話が放送。メリオダスがこれまで出会って来たさまざまなエリザベスのことを語り、「いろんなエリザベスが見れて嬉しいけど切ない」「こんなにたくさんの彼女と別れてきたのか…」と悲しみの声が相次いでいる。  前回のエピソードで、前世の記憶を取り戻した直後に意識を失ってしまったエリザベス。メリオダスは、彼女がすべての記憶を取り戻したら3日で命を失うと仲間に打ち明けた。今から3,000年前、メリオダスとエリザベスは魔神王と最高神に敗北。その際に受けた呪いで、女神族だったエリザベスは人間として死と転生を繰り返すことになったという。 >>『七つの大罪』のTVアニメが見放題!漫画も1巻まるっと無料!【U-NEXT】  最初に転生した蛮族のエリザベスは、メリオダスと出会った後に前世の記憶が復活。しかし自分が呪われてしまったことも思い出し、メリオダスに呪いを解いてほしいと頼む。メリオダスはエリザベスと反対に、老いることも死ぬこともない体になってしまったよう。…

全文を読む

「鈴木央」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木央」の本・マンガ

七つの大罪(39) (講談社コミックス)

七つの大罪(39) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-11-15
ISBN
9784065173565
作品情報を見る
七つの大罪(37) (講談社コミックス)

七つの大罪(37) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-06-17
ISBN
9784065156766
作品情報を見る
七つの大罪(35) (講談社コミックス)

七つの大罪(35) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-01-17
ISBN
9784065138779
作品情報を見る
七つの大罪 コミック 1-39巻セット

七つの大罪 コミック 1-39巻セット

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-11-15
ISBN
4571453818512
作品情報を見る
DVD付き 七つの大罪(34)限定版 (講談社キャラクターズライツ)

DVD付き 七つの大罪(34)限定版 (講談社キャラクターズライツ)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2018-11-16
ISBN
9784065128473
作品情報を見る
小説 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人 (KCデラックス)

小説 劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人 (KCデラックス)

作家
松田朱夏
上江洲誠
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2018-08-29
ISBN
9784065124000
作品情報を見る
七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA)

七つの大罪(37)限定版 (講談社キャラクターズA)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-06-17
ISBN
9784065156780
作品情報を見る
七つの大罪(35)限定版 (講談社キャラクターズA)

七つの大罪(35)限定版 (講談社キャラクターズA)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2019-01-17
ISBN
9784065138786
作品情報を見る

「鈴木央」人気の作品ランキングをもっと見る