読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

鈴木央

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
すずき・なかば

「鈴木央」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「エモすぎて思いっきり泣かされた」マエルを救いたいゴウセルの姿に視聴者も感動/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第7話

「エモすぎて思いっきり泣かされた」マエルを救いたいゴウセルの姿に視聴者も感動/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第7話

(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年2月24日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第7話。苦しむマエルを救うため必死に説得するゴウセルの姿が描かれ、視聴者から「2人の関係がめっちゃ尊い!」と感動の声が巻き起こった。

 4つの戒禁と融合して異形の姿となり、上空で悶え苦しむマエル。彼と対峙していたキングは「もう助からない」と漏らしたが、ゴウセルには諦めることなどできない。マエルの体に飛び移って精神世界に侵入すると、ゴウセルは美しい丘で1人物思いに耽るマエルの横に並んだ。  目の前の風景を心に焼きつけて消えたいと願うマエルに、ゴウセルは「お前は救われるべきだ」と断言。「今なら間に合う。生きたいと強く思うんだ」「俺はお前に生きていてほしい」と必死に説得を続けたものの、実態を現した4つの戒禁に精神世界から追い出されてしまう。しかしその直後、マエルの心に変化が…。  精神世界から元の世界に戻り、ゴウセルは地上へ向けて猛スピードで転落。そんなゴウセルの手首を、4つの戒禁から解放されたマエルが掴む。凛と…

全文を読む

「突然イケメンになったwww」妖精王・キングの覚醒姿にファン驚愕/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第6話

「突然イケメンになったwww」妖精王・キングの覚醒姿にファン驚愕/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第6話

(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年2月17日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第6話。妖精王・キングが覚醒し、視聴者からは「突然イケメンになったwww」などの反響が相次いだ。  キングといえば、少年のような姿をした妖精王。背中には小さな羽が生えており、初代妖精王・グロキシニアによると“羽が完全な進化を遂げたとき(キングは)歴代最強の妖精王になれる”という。  今回のエピソードでは、前話より続くマエルとの戦いに力を尽くしたキング。とはいえ4つ目の戒禁を手に入れたマエルの闘級は20万を超え、異次元の強さを発揮していた。  戒禁を操るマエルを前に、キングたちはかなり苦戦。巨人族の少女・ディアンヌがキングに加勢するも、マエルが発動した「沈黙の大鎌」によって2人の魔力は封じられてしまう。  ますます戦況が悪化するなか、神器を用いてマエルの攻撃「慈愛の光玉」を大地に逃がしたディアンヌ。その結果、戦いの舞台“天空演舞場”が衝撃に耐えきれずに崩壊してしまい――。

 足場を失ったことで天空から落下した…

全文を読む

「さすがにかわいそう…」マエルの記憶が改変された理由に同情の声/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第5話

「さすがにかわいそう…」マエルの記憶が改変された理由に同情の声/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第5話

(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年2月10日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第5話。四大天使・マエルの記憶が改変された理由が判明し、ファンからは「さすがにかわいそう…」などの反響が相次いだ。  前話のラストでは、十戒・エスタロッサと思われていた人物が四大天使・マエルだったという驚愕の事実が明らかに。マエルは自身を“魔神族のエスタロッサ”だと思い込み、同胞である女神族たちを殺め続けていたのだ。  禁呪を用いてマエルの記憶を改変した人物こそ、十戒の魔術士ゴウセル。彼が作り出した人形・ゴウセルによると、「十戒エスタロッサなどはなから存在しない」そう。マエルに「なぜこんなマネを?」と問われたゴウセルは、魔術士ゴウセルが“禁呪を使用した訳”を語り始める。

 マエルの記憶が“魔神族のエスタロッサ”として改変された理由は、魔神族と女神族の力の均衡を保つため。そもそもの発端は、メリオダスが魔神族を裏切ったことだった。これにより崩壊した均衡を正すべく、メリオダスに匹敵する戦士を女神族から魔神族側に引…

全文を読む

「チート級の強さwww」マーリンの“無双シーン”に反響続出/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第4話

「チート級の強さwww」マーリンの“無双シーン”に反響続出/アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第4話

(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年2月3日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第4話。「七つの大罪」の団員・マーリンが圧倒的な力を見せ、ネット上からは「チート級の強さwww」「ぶっ飛びすぎ(笑)」などの反響が相次いだ。  メリオダスの魔神王化を阻止するべく、ゼルドリスとの激戦を続けるマーリンら強襲部隊。ゼルドリス側には“最上位魔神”たるキューザック、チャンドラーが立ちはだかり、強襲部隊の面々は苦戦を強いられていた。マーリンが放った魔法・「無限」付呪(エンチャント・インフィニティ)ですら最上位魔神たちには通じず。あまりの強さに、もはや強襲部隊側に勝ち目はないと思われたのだが――。

 「弱点なしってことじゃないですか」と嘆く仲間に対し、「弱点がないのならば、弱点を作ればいい」と言ってのけたマーリン。次の瞬間、なぜかキューザックとチャンドラーが絶叫しながら苦しんでいる。じつはマーリンは戦闘開始直後の時点で複数の魔法を放っており、それらの力で相手の耐久度を著しく下げていたのだ。しかも敵が呪文詠…

全文を読む

梶裕貴も感動!? アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第3話、ゼルドリスの悲恋エピソードが切ない…

梶裕貴も感動!? アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第3話、ゼルドリスの悲恋エピソードが切ない…

(C)鈴木央・講談社/『七つの大罪 憤怒の審判』製作委員会・テレビ東京

 2021年1月27日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第3話。メリオダスの口から弟・ゼルドリスの悲恋が語られ、ファンからは「涙が止まらない」「なんて一途なゼルドリス…!」などの声が続出している。  かつて次期魔神王候補として女神族との戦いに明け暮れていたメリオダス。いっぽう弟のゼルドリスも、魔神族のためにひたすら剣を振るい続けた。彼が必死で戦う理由は、大切な者を守るため。ゼルドリスには“吸血鬼族のゲルダ”という愛する女性が存在したのだ。  しかし、吸血鬼王イズラフが謀反を起こしたことで2人は決別する運命に。魔神王に吸血鬼一族の処刑を命じられたゼルドリスは、自らの手でゲルダを処刑せざるを得ない状況に陥ってしまう――。

 悩んだ末に、ゲルダたち吸血鬼一族を封印することに決めたゼルドリス。封印直前に「私は深い封印の眠りの中でゼルドリス、君との日々を夢見続ける」と微笑んだゲルダの姿には、さすがのゼルドリスも苦しそうな面持ちを見せていた。  ゼルドリスの過去を知った視聴…

全文を読む

宮野真守が珍獣役で登場! アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第2話、ホークにそっくりな新キャラが話題

宮野真守が珍獣役で登場! アニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第2話、ホークにそっくりな新キャラが話題

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

 2021年1月20日(水)に放送されたアニメ『七つの大罪 憤怒の審判』第2話。人間の言葉を話すことができるブタ・ホークにそっくりな新キャラがお目見えし、ネット上からは「ほんとに似てるねwww」「あれ、この声って…?」などの反響が相次いでいる。  前話にて涙の再会を果たし、煉獄からの脱出を目指し始めたバンとメリオダス。同話では、2人の背後に怪しい物影が見え隠れしていた。途中でただならぬ気配に気づいたバンとメリオダスは、彼らについてまわる“謎の生物”に対して先手攻撃を仕掛けたのだが――。  目を赤く光らせ、いかにも恐ろしげな雰囲気を漂わせる“謎の生物”。しかし実際に姿を見せたのは、ブタやイノシシのような見た目のかわいらしい珍獣であった。

 「我が名はワイルド!」と元気よく自己紹介をした珍獣。話を聞くと、どうやら生き別れの弟を捜しているらしい。ホークの生き写しのような見た目をしていることから、バンとメリオダスは“ワイルドがホークの兄である”と予想。弟の話を聞きたがるワイルドに対し、…

全文を読む

梶裕貴「おかえり、メリオダス。」メリオダス&バンの再会に感動の声/アニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第1話

梶裕貴「おかえり、メリオダス。」メリオダス&バンの再会に感動の声/アニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第1話

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 憤怒の審判」製作委員会・テレビ東京

 2021年1月13日(水)に放送されたアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」第1話。主人公・メリオダスと「七つの大罪」の団員・バンが涙の再会を果たし、視聴者からは「1話から大号泣…」「バンとメリオダスの絆にジーンときた」といった感動の声が相次いでいる。

 愛するエリザベスを死の運命から救うべく、魔神王になることを選んだメリオダス。そんな彼の“感情”を探しに、バンは自ら煉獄へと身を投じていた。常人では決して生きられない瘴気の中を何百年もさまよい続けたバンは、突如現れた“化け物”に襲われてしまったのだが――。  激闘の末、なぜか化け物に懐かれたバンは少し眠りにつくことに。しかし目を覚ますと、一緒に寝ていたはずの化け物がいなくなっていることに気づく。代わりにバンの目に飛び込んできたのは、小さく丸まって眠るメリオダスの姿だった。  視聴者の注目を集めたのはメリオダスがバンに気づいたシーン。バンが「よう 相棒」とメリオダスを起こした途端、彼は「うう… うわあ~!」と大声をあげて泣きじゃくって…

全文を読む

「鈴木央先生、本当にありがとうございました」 マガジン17号『七つの大罪』、8年の歴史にピリオド!

「鈴木央先生、本当にありがとうございました」 マガジン17号『七つの大罪』、8年の歴史にピリオド!

『週刊少年マガジン』17号(講談社)  2020年3月25日(水)発売の『週刊少年マガジン』17号。とうとう最終話を迎えた『七つの大罪』に、ファンからは「素晴らしい最終回だった!」「七つの大罪のみんなを忘れないよ」などの声が相次いでいる。  前回、それぞれの人生を歩むために解散した“七つの大罪”。あれから10年が経ち、メリオダスとエリザベスの間には息子・トリスタンが生まれていた。町中を慌ただしく駆け回るトリスタンは、“七つの大罪”が城に集まるとの噂を耳にしたという。どうやら七つの大罪を“逆賊”と思い込み、今夜リオネス王国が乗っ取られると信じているようだ。  王子であるトリスタンが城へ帰ると、そこで待っていたのは母親であるエリザベスと七つの大罪メンバーたち。メリオダスとエリザベスの子どもであるトリスタンに、ディアンヌやゴウセルは興味津々なようす。しかし七つの大罪が逆賊だと信じるトリスタンは、「さぁ 全員外に出て尋常に勝負です!」と持ちかける。  実際に全員で外に出たところ、なにやら街中がにぎわっていることに気がつく。広場に出ると、突然多くの国民たち…

全文を読む

「鈴木央」のおすすめ記事をもっと見る

「鈴木央」の本・マンガ

七つの大罪 ウラ話大放談〈全公開〉 (KCデラックス)

七つの大罪 ウラ話大放談〈全公開〉 (KCデラックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2020-05-15
ISBN
9784065193006
作品情報を見る
七つの大罪 キャラクターガイドブック<ペア罪> バン&エレイン (KCデラックス)

七つの大罪 キャラクターガイドブック<ペア罪> バン&エレイン (KCデラックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2017-07-14
ISBN
9784065102053
作品情報を見る

「鈴木央」人気の作品ランキングをもっと見る