読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「鈴木央」の関連記事

「鈴木央先生、本当にありがとうございました」 マガジン17号『七つの大罪』、8年の歴史にピリオド!

「鈴木央先生、本当にありがとうございました」 マガジン17号『七つの大罪』、8年の歴史にピリオド!

『週刊少年マガジン』17号(講談社)  2020年3月25日(水)発売の『週刊少年マガジン』17号。とうとう最終話を迎えた『七つの大罪』に、ファンからは「素晴らしい最終回だった!」「七つの大罪のみんなを忘れないよ」などの声が相次いでいる。  前回、それぞれの人生を歩むために解散した“七つの大罪”。あれから10年が経ち、メリオダスとエリザベスの間には息子・トリスタンが生まれていた。町中を慌ただしく駆け回るトリスタンは、“七つの大罪”が城に集まるとの噂を耳にしたという。どうや…

もっと見る

「これで本当に別れちゃうんだな…」『七つの大罪』、それぞれの道を行く“七つの大罪”に悲しみの声/マガジン 15号

「これで本当に別れちゃうんだな…」『七つの大罪』、それぞれの道を行く“七つの大罪”に悲しみの声/マガジン 15号

『週刊少年マガジン』15号(講談社)  2020年3月11日(水)発売の『週刊少年マガジン』15号。『七つの大罪』第344話では、それぞれの道を進み始めた“七つの大罪”に対して「みんなこれで本当に別れちゃうんだな…」「ちょっぴり切なくなってきた」といった反響が上がっている。  アーサーが“怪猫”キャス・パリーグを喰らい、真の平和が訪れた世界。役目を終えた“七つの大罪”メンバーは遂に解散することに。キングとディアンヌは結婚して妖精と巨人の王国を創るという。バンは恋人のエレイ…

もっと見る

『七つの大罪』第343話、「これが本気を出したアーサーか…」アーサーが見せた本気にファン興奮/『マガジン』14号

『七つの大罪』第343話、「これが本気を出したアーサーか…」アーサーが見せた本気にファン興奮/『マガジン』14号

『週刊少年マガジン』14号(講談社)  2020年3月4日(水)発売の『週刊少年マガジン』14号。『七つの大罪』第343話「永遠の王国」では、キャスを封じ込めたアーサーに対し「めちゃくちゃ強いじゃん」「今週のアーサーめっちゃ推せる!」といった声が相次いでいる。  “怪猫”キャスと戦いを繰り広げる、七つの大罪メンバーと混沌の力を操るアーサー。不死のキャスに苦戦を強いられるが、アーサーはキャスを倒すための秘策を思いついたという。  巨大な口を開き、アーサーや七つの大罪を空間…

もっと見る

「なんだかんだ、みんなマーリンのことが好きなんだな」『マガジン』11号『七つの大罪』、メンバー同士の絆にファン感動!

「なんだかんだ、みんなマーリンのことが好きなんだな」『マガジン』11号『七つの大罪』、メンバー同士の絆にファン感動!

『週刊少年マガジン』11号(講談社)  2020年2月12日(水)発売の『週刊少年マガジン』11号。『七つの大罪』第341話ではキャスと戦うマーリンに援軍が到着し、読者の間で「メンバー同士の絆に泣けた…」と話題になっている。  1度倒したはずのキャスだったが、巨大な姿で蘇りアーサーを襲撃。一緒にいたマーリンはアーサーを守るため、大量の魔法を打ち込んでいく。だが何度攻撃を加えても、巨大化したキャスに魔法が効いているようすはない。  マーリンに対し「ポクが遊びたいのはキミじ…

もっと見る

「マーリンを信頼してるアーサーがマジでかわいい」『マガジン』10号『七つの大罪』、マーリンとアーサーの絆に歓喜の声

「マーリンを信頼してるアーサーがマジでかわいい」『マガジン』10号『七つの大罪』、マーリンとアーサーの絆に歓喜の声

『週刊少年マガジン』10号(講談社)  2020年2月5日(水)発売の『週刊少年マガジン』10号。『七つの大罪』340話で描かれたアーサーとマーリンの関係性に、「これは尊い」「2人を見守っていたいね」といった声が上がっている。  キャスを倒した“七つの大罪”メンバーは、マーリンによって王国に戻されてしまう。だがそこにメンバーから抜けると決めていたマーリンの姿はなく、戸惑いを隠せない仲間たち。団長のメリオダスだけは大きな息を漏らし、「気にすんなって… 今頃嬉しくて笑ってんだ…

もっと見る

「キャスのグロさと切なさで複雑な感情になる」『マガジン』8号『七つの大罪』、凶悪な怪物に豹変したキャスに驚きの声

「キャスのグロさと切なさで複雑な感情になる」『マガジン』8号『七つの大罪』、凶悪な怪物に豹変したキャスに驚きの声

『週刊少年マガジン』8号(講談社)  2020年1月22日(水)に、『週刊少年マガジン』8号が発売。『七つの大罪』339話ではアーサーの相棒・キャスが真の姿を現し、「あんなに可愛かったキャスがこんな姿に…」「もう裏切りはこりごりだよ!」と読者の間に動揺が広がっている。  “混沌”と呼ばれる存在を復活させるために、アーサーを生き返らせたマーリン。アーサーが新たな力に目覚めるタイミングを見計らって、いつもアーサーと一緒にいた可愛い生物・キャスが現れた。キャスとの再会を喜ぶアー…

もっと見る

「こんなに重要キャラだったとは…」『マガジン』7号『七つの大罪』、意外すぎるホークママの正体に驚きの声続出!

「こんなに重要キャラだったとは…」『マガジン』7号『七つの大罪』、意外すぎるホークママの正体に驚きの声続出!

『週刊少年マガジン』7号(講談社)  2020年1月15日(水)発売の『週刊少年マガジン』7号では、『七つの大罪』で謎多き存在“混沌”にまつわるさまざまな真実が明らかに。「ホークママがこんなに重要キャラだったとは…」「アーサーの魔力怖すぎ!」と読者から動揺の声が上がっている。  前回のエピソードでは、マーリンが“混沌”復活のためにメリオダスたちを騙していたことが発覚。メリオダスが“混沌”の存在を疑うと、湖の中から語りかけてくる謎の声が「混沌は実在しますよ… あなたたちはす…

もっと見る

「彼女の愛がこんなに深くて複雑だとは思わなかった」『マガジン』6号『七つの大罪』、遂に明かされたマーリンの目的に驚きの声

「彼女の愛がこんなに深くて複雑だとは思わなかった」『マガジン』6号『七つの大罪』、遂に明かされたマーリンの目的に驚きの声

『週刊少年マガジン』6号(講談社)  2020年1月8日(水)発売の『週刊少年マガジン』6号。『七つの大罪』第337話ではマーリンの過去と真の目的が明かされ、「彼女の愛がこんなに深くて複雑だとは思わなかった」と話題になっている。  魔神王を倒し平和を取り戻したブリタニアで、アーサー王を“混沌の王”として復活させたマーリン。メリオダスがその理由を訪ねると、マーリンの代わりに“湖の姫”と呼ばれる謎の声が彼女の過去を語り始めた。  かつてブリタニアには、人間の賢者たちが住む「…

もっと見る