読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スティーヴン・キング

職業・肩書き
作家
ふりがな
すてぃーゔん・きんぐ

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

Stephen Edwin King(スティーヴン・キング)は1947年、アメリカ合衆国メイン州ポートランド生まれ。メイン大学を卒業。子供の頃からホラー小説を好み、10代で執筆活動をスタート。1967年に短編小説「The Glass Floor(鏡の床)」が、雑誌「Startling Mystery Stories(スタートリング・ミステリー・ストーリーズ)」に掲載される。ボイラーマンや高校教師として働きながら執筆し、1974年に『Carrie(キャリー)』でデビュー。同作は1976年に映画化、1999年に続編の「The Rage: Carrie 2(キャリー2)」が公開、2013年に再映画化された。1975年に翻訳され『キャリー』(翻訳:永井 淳 新潮社)が発売。その後『'Salem's Lot(呪われた町)』(1975年)、『The Shining(シャイニング)』(1977年)、『The Dead Zone(デッド・ゾーン)』(1979年)、『IT』(1986年)、『Misery(ミザリー)』(1987年)などがベストセラーとなり、モダン・ホラー作家として知られるようになる。多くの作品が和訳され発売、映画化やテレビドラマ化された作品が多数。

1980年には『シャイニング』が映画化、1987年には『デッドゾーン』が映画化、1991年に『ミザリー』が映画化、『IT』は1990年にテレビドラマ化され、2017年に『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』として映画化、2019年に続編の映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が公開、恐怖のピエロが話題となった。そのほか、1987年に『スタンド・バイ・ミー』として映画化された短編小説『The Body(死体)』(1982年)、1989年に映画化された『Pet Sematary(ペット・セメタリー)』(1983年)、1995年に『ショーシャンクの空に』として映画化された『Rita Hayworth and Shawshank Redemption(刑務所のリタ・ヘイワース)』(1982年)、2000年に映画化された『The Green Mile(グリーン・マイル)』(1996年)、2007年に映画化された『The Mist(ミスト)』(1979年)、2011年に映画化された『Bag of Bones(骨の袋)』(1998年)、2014年に『ファミリー・シークレット』として映画化された『STEPHEN KING'S A GOOD MARRIAGE(素晴らしき結婚生活)』(2010年『Big Driver(ビッグドライバー)』収録)、2018年に映画化された『The Dark Tower(ダーク・タワー)』(1981年~2012年)、など代表作としても知られる著作が多数。そのほか、リチャード・バックマン名義で執筆した作品もある。

1987年の映画『地獄のデビルトラック』では、監督と脚本を担当。1997年の映画『スティーブン・キング 痩せゆく男』では、原作のほかに出演するなど、映画やテレビなどへの出演でも活躍している。2011年に発表された『11/22/63』は、同年のニューヨークタイムズ紙の年間ベストセラーにてトップ10に選出、「国際スリラー作家協会最優秀長編賞」と「ロサンゼルス・タイムズ文学賞 ベストミステリー/スリラー部門」を受賞した。1996年に「O・ヘンリー賞」、2003年に「全米図書賞特別功労賞」、2014年に「米国民芸術勲章」、2018年に「PENアメリカン・センター・リテラリー・サービス・アワード」を受賞。「世界幻想文学大賞」や「ブラム・ストーカー賞」に多数ノミネートしたほか、多数の賞を受賞。

「スティーヴン・キング」のおすすめ記事・レビュー

ローレンス・ブロック「オートマットの秋」――愛する人を失い、ある計画を試みようとする女…『短編画廊 絵から生まれた17の物語』③

ローレンス・ブロック「オートマットの秋」――愛する人を失い、ある計画を試みようとする女…『短編画廊 絵から生まれた17の物語』③

『短編画廊』本文より抜粋――“Cape Cod Morning”  風景の中に潜む空虚感。寂寥感…。あなたは米国を代表する名画家・エドワード・ホッパーの作品をご存知だろうか。作家・ローレンス・ブロックに言わせれば、「ホッパーの作品は、絵の中に物語があり、その物語は語られるのを待っている」。『短編画廊 絵から生まれた17の物語』(ハーパーコリンズ)は、ホッパーの 17 枚の絵画から、17 人の文豪たちがストーリーを紡いだ短編集。ブロックの呼びかけに集まったスティーヴン・キング、ジェフリー・ディーヴァー、ジョイス・キャロル・オーツなどの文豪たちが紡ぎ出す物語は、どれも度肝を抜かれるものばかり。各作品の冒頭には、物語の基となった名画が添えられ、文学好きはもちろんのこと、アート好きも楽しめる一冊だ。

ローレンス・ブロック「オートマットの秋」(訳:田口俊樹)

 ミステリー小説家ローレンス・ブロックの「オートマットの秋」は、2017 年 MWA 賞最優秀短篇賞受賞作。自動販売機を利用したレストラン、オートマットで物憂げにコーヒーをすする女性。ローレンス・ブロック…

全文を読む

スティーヴン・キング「音楽室」で描く、背筋凍る“わけあり”夫婦の顛末/『短編画廊 絵から生まれた17の物語』①

スティーヴン・キング「音楽室」で描く、背筋凍る“わけあり”夫婦の顛末/『短編画廊 絵から生まれた17の物語』①

『短編画廊』本文より抜粋――“Cape Cod Morning”

 風景の中に潜む空虚感。寂寥感…。あなたは米国を代表する名画家・エドワード・ホッパーの作品をご存知だろうか。作家ローレンス・ブロックに言わせれば、「ホッパーの作品は、絵の中に物語があり、その物語は語られるのを待っている」。『短編画廊 絵から生まれた17の物語』(ハーパーコリンズ)は、ホッパーの 17 枚の絵画から、17 人の文豪たちがストーリーを紡いだ短編集。ブロックの呼びかけに集まったスティーヴン・キング、ジェフリー・ディーヴァー、ジョイス・キャロル・オーツなどの文豪たちが紡ぎ出す物語は、どれも度肝を抜かれるものばかり。各作品の冒頭には、物語の基となった名画が添えられ、文学好きはもちろんのこと、アート好きも楽しめる一冊だ。

スティーヴン・キング「音楽室」(訳:白石朗)

『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』などの作品で知られる作家、スティーヴン・キングによる「音楽室」は、背筋の凍るホラーストーリー。新聞を見ながらくつろぐ男と、ピアノのキーを物憂げに押す女。視線を合わせることをしない…

全文を読む

スティーヴン・キング初の絵本! 架空の世界「ミッド・ワールド」に登場する架空の絵本が現実世界で刊行

スティーヴン・キング初の絵本! 架空の世界「ミッド・ワールド」に登場する架空の絵本が現実世界で刊行

『シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー』(ベリル・エヴァンス:著、風間賢二:訳/KADOKAWA 原著:『Charlie the Choo-Choo』)  スティーヴン・キング著、風間賢二訳の「ダークタワー」シリーズを、みなさんはご存じだろうか。その作中に登場する架空の絵本『シュッシュッポッポきかんしゃチャーリー』(ベリル・エヴァンス:著、風間賢二:訳/KADOKAWA 原著:『Charlie the Choo-Choo』)が2017年11月24日に刊行された。

 作中の登場人物(ベリル・エヴァンス)によって書かれた絵本が実際に刊行されるとは一体どういうことなのだろうか。「ダークタワー」シリーズは、時間も空間も刻一刻と形を変える異界の地「ミッド・ワールド」を舞台に、その物語が繰り広げられる。「ミッド・ワールド」に存在する「ダークタワー」は宇宙の中心にある塔で、森羅万象のバランスを保つ役割を果たしてきた。ところが、その「ダークタワー」は邪悪なものによる侵略を受けて破壊の危機に陥る。最後の拳銃使いであるローランドは、破壊されつつある「ダークタワー…

全文を読む

「とんでもないもの観せられた!」 “キング史上最恐小説”の『IT』映画版が日本でも大ヒット!

「とんでもないもの観せられた!」 “キング史上最恐小説”の『IT』映画版が日本でも大ヒット!

 2017年11月3日(金・祝)から公開された米映画「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」が日本でもヒットを記録。観客からは「怖すぎるけど面白い!」「ホラーなのに泣けた…」と大反響が巻き起こっている。  同作はホラー小説界の頂点に君臨する作家、スティーヴン・キングの『IT』が原作。“キング史上最恐小説”とまで言われており、発刊以来30年以上にわたって世界中の読者に強烈なトラウマを与え続けてきた。  原作は1990年に実写化されており、作中に登場するピエロ姿の殺人鬼“ペニーワイズ”が大きな話題に。今回の映画化でもその衝撃的な姿を捉えた予告編が公開されると、24時間で1億9,700万回という史上最多再生回数を記録した。また、全米公開時には日本円にして126億円超えの大ヒットで初登場1位を獲得。この数字はキング実写化作品としてだけでなく、ホラー映画作品のオープニング歴代1位の記録にもなっている。  物語は、一見平和で静かに見える田舎町が舞台。しかし、主人公・ビルの弟も含めて次々と子どもが行方不明になってしまい、ビルの周辺の子どもたちにも異常な出来…

全文を読む

スティーヴン・キング『シャイニング』『ザ・スタンド』など9作品、日本初の電子書籍化!

スティーヴン・キング『シャイニング』『ザ・スタンド』など9作品、日本初の電子書籍化!

 スティーヴン・キングの小説9作品の電子書籍版が2015年4月17日(金)に発売されることが決定した!それに伴い、4月3日(金)よりKindleストアにて先行予約が開始され、その他の電子書店でも、4月10日(金)より予約開始予定となっている。意外にも、キング作品の日本語版の電子書籍化は初めてだ。  スティーヴン・キングはアメリカ・メイン州出身の67歳。1974年に『キャリー』でデビューして以来、今日まで間断なく作品を発表し続け「モダン・ホラーの帝王」と称される米国小説界の巨星。『キャリー』『シャイニング』『ミザリー』『グリーン・マイル』『スタンド・バイ・ミー』『刑務所のリタ・ヘイワース』(『ショーシャンクの空に』原作)など映画化された作品も多く、彼の新作は常に世界中から熱い視線が注がれている。

今回電子書籍版を発売するのは、20世紀ホラー小説の金字塔であり、“鬼才”スタンリー・キューブリックが監督を務めた『シャイニング』、文庫版で全5巻の大長編『スタンド』、スティーヴン・スピルバーグ製作でテレビシリーズ化もされた『アンダー・ザ・ドーム』。…

全文を読む

「スティーヴン・キング」のおすすめ記事をもっと見る

「スティーヴン・キング」のレビュー・書評をもっと見る

「スティーヴン・キング」の本・小説

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)

スタンド・バイ・ミー―恐怖の四季 秋冬編 (新潮文庫)

作家
スティーヴン・キング
Stephen King
山田順子
出版社
新潮社
発売日
1987-03-25
ISBN
9784102193051
作品情報を見る
11/22/63 下 (文春文庫 キ 2-51)

11/22/63 下 (文春文庫 キ 2-51)

作家
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2016-10-07
ISBN
9784167907235
作品情報を見る
11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49)

11/22/63 上 (文春文庫 キ 2-49)

作家
スティーヴン・キング
白石 朗
出版社
文藝春秋
発売日
2016-10-07
ISBN
9784167907211
作品情報を見る
ザ・スタンド 1 (文春文庫)

ザ・スタンド 1 (文春文庫)

作家
スティーヴン・キング
深町眞理子
出版社
文藝春秋
発売日
2004-04-07
ISBN
9784167661625
作品情報を見る
新装版 シャイニング (上) (文春文庫)

新装版 シャイニング (上) (文春文庫)

作家
スティーヴン・キング
Stephen King
深町眞理子
出版社
文藝春秋
発売日
2008-08-05
ISBN
9784167705633
作品情報を見る
新装版 シャイニング (下) (文春文庫)

新装版 シャイニング (下) (文春文庫)

作家
スティーヴン・キング
Stephen King
深町眞理子
出版社
文藝春秋
発売日
2008-08-05
ISBN
9784167705640
作品情報を見る
短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)

作家
ローレンス・ブロック
スティーヴン・キング
ジェフリー・ディーヴァー
マイクル・コナリー
リー・チャイルド
ジョー・R・ランズデール
ジョイス・キャロル オーツ
ロバート・オレン バトラー
ミーガン アボット他
田口俊樹
白石 朗
池田真紀子
古沢嘉通
小林宏明
鎌田 三平
門脇 弘典
小林 綾子
大谷瑠璃子
不二 淑子
中村 ハルミ
矢島 真理
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2019-06-17
ISBN
9784596552099
作品情報を見る

「スティーヴン・キング」人気の作品ランキングをもっと見る

「スティーヴン・キング」の関連画像・写真

「スティーヴン・キング」の関連画像・写真をもっと見る