読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

せきしろ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
せきしろ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

コラムニスト

「せきしろ」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

あなたも“たとえ”たくてしょうがなくなる!? 芥川賞・直木賞作家も嫉妬する文筆家・せきしろの表現力の秘密

あなたも“たとえ”たくてしょうがなくなる!? 芥川賞・直木賞作家も嫉妬する文筆家・せきしろの表現力の秘密

『たとえる技術』(せきしろ/文響社)

 圧倒的なユーモアと豊かな文章力で定評のある文筆家・せきしろの『たとえる技術』が、2016年10月12日(水)に発売される。芥川賞作家・ピース又吉直樹や、直木賞作家・西加奈子らとの共著でも知られ、数々の芸人にコント脚本を提供するなど、独自のユーモアを生み出すせきしろの表現力の秘密は、「たとえ」にあった―。

 「たとえる」とは何か? たとえば、驚いた時は「オダギリジョーが本名と知ったときのように驚いた」。喜びを伝えたい時は、「『この犬、他の人になつくこと滅多にないのよ』と言われたときのように嬉しい」など、感情を際立たせる機能をもっている。  また、ありきたりになりがちな表現に一気に彩りを与える効果もある。たとえば、アーティストがライブで叫ぶ「盛り上がってますかー!?」も、たとえを使えば無数のバリエーションが生まれるのだ。「さるかに合戦で飛び出してくる栗のように、盛り上がってますかー?」「お湯が沸く寸前の電気ケトルの中のように、盛り上がってますかー?」もしあなたがアーティストの立場になった時のためにもぜひ覚えておいて…

全文を読む

「無人島に一つだけ持っていくもの」が『週刊大衆』だったら…

「無人島に一つだけ持っていくもの」が『週刊大衆』だったら…

『海辺の週刊大衆』(せきしろ/双葉社) 妄想力の鬼才・せきしろが描くネタまみれの無人島漂流記  「無人島に一つだけ持っていくなら何がいい?」という質問は、誰もがしたこと・されたことがあるだろう。

 しかし冷静に考えると、海難事故に遭った場合などは、その「一つだけ持っていくもの」は自分の意志では選べない。無人島に流れ着いたときに、何が手元にあるのかは運任せである。

『海辺の週刊大衆』(せきしろ/双葉社)は、その「一つだけのもの」が、なんと『週刊大衆』だった……という男が主人公の無人島漂流記だ。著者のせきしろ氏はラジオのネタ職人出身の文筆家で、“妄想文学の鬼才”ともいわれる人物。ピース・又吉直樹と共著の自由律俳句集『カキフライが無いなら来なかった』『まさかジープで来るとは』でも知られている。

 そんな人の作品だけに、この物語では、普通は漂流記の中心をなすはずの「サバイバル生活」の描写はゼロに近い。ひたすら描かれるのは、『週刊大衆』を題材にした大喜利的なネタの妄想だ。

『週刊大衆』が好きでも嫌いでもない主人公の「僕」は、とりあえず中身を読んでみる。すぐに飽き、…

全文を読む

サブカル男子・せきしろのイタい青春がラノベに!

サブカル男子・せきしろのイタい青春がラノベに!

 ピースの又吉と共に書いた自由律俳句&エッセイ集『カキフライが無いなら来なかった』(幻冬舎)やハリセンボンのはるかの彼氏としても話題になった放送作家のせきしろ。だがせきしろといえば、なんといっても、星野源主役でドラマ化もされた大ヒットエッセイ集『去年ルノアールで』(マガジンハウス)だろう。1日中喫茶店にいて、店員や客の様子を眺めては妄想に耽る……。こんなふうに気持ちや思考の赴くままに妄想を暴走させてしまうのが特徴の彼が、今度は短編ライトノベル集に挑戦した。

 10月1日に発売された『学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる』(エンターブレイン)は、自身の経験も交えながら「未練と後悔で書かれた」そうで、思春期ならではのちょっとイタい自意識と妄想であふれている。たとえば、授業中に校庭に入ってきた犬を見て、どんな犬なら高校生になった今でもはしゃげるかといったくだらない妄想を繰り広げてみたり。結局は参加しないイベントごとなのに、誘われないのはさみしく「誘われたけど断った」という優越感に浸りたいがために、わざわざ「すまないが、誘ってくれ」と友だちに頼んでみた…

全文を読む

「せきしろ」のおすすめ記事をもっと見る

「せきしろ」の本・小説

たとえる技術

たとえる技術

作家
せきしろ
出版社
文響社
発売日
2016-10-12
ISBN
9784905073420
作品情報を見る
カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)

作家
せきしろ
又吉直樹
出版社
幻冬舎
発売日
2013-10-10
ISBN
9784344420939
作品情報を見る
1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

作家
せきしろ
出版社
双葉社
発売日
2017-06-28
ISBN
9784575240412
作品情報を見る
去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)

去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)

作家
せきしろ
出版社
マガジンハウス
発売日
2008-12-05
ISBN
9784838770106
作品情報を見る
去年ルノアールで 田端店 -ドラマ版公式ブック-

去年ルノアールで 田端店 -ドラマ版公式ブック-

作家
せきしろ
おおね
からしま
出版社
マガジンハウス
発売日
2007-09-29
ISBN
9784838718054
作品情報を見る

「せきしろ」人気の作品ランキングをもっと見る

「せきしろ」の関連画像・写真

「せきしろ」の関連画像・写真をもっと見る