読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

藤崎彩織 (SEKAI NO OWARI)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ふじさき・さおり

プロフィール

最終更新 : 2018-09-07

ミュージシャン

「藤崎彩織」のおすすめ記事・レビュー

「2019年上半期ベストセラー」総合第1位は、樹木希林『一切なりゆき』! 小説第1位に瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』

「2019年上半期ベストセラー」総合第1位は、樹木希林『一切なりゆき』! 小説第1位に瀬尾まいこ『そして、バトンは渡された』

 大手書籍取次のトーハン、日販が「2019年上半期ベストセラー」を発表し、いずれのランキングでも、昨年9月に亡くなった樹木希林さんの『一切なりゆき 樹木希林のことば』(文藝春秋)が、上半期ベストセラー「総合」第1位となった。本作は、「新書ノンフィクション」部門でも1位を獲得した。

 また、小説部門(トーハン「単行本文芸書」、日販「単行本フィクション」)では、「2019年本屋大賞」を受賞した瀬尾まいこさんの『そして、バトンは渡された』が第1位となった。

『一切なりゆき』は、樹木希林さんが残した154のことば集。2018年12月20日に発売され、たちまち話題となり2019年3月には100万部を突破。現在は累計発行部数120万部(21刷)にも上る。

 発売当初は、50代、60代の女性読者が中心だったが、100万部を突破してからは、30代、40代の読者が増えているという。5月29日に発表された「第12回オリコン上半期“本”ランキング2019」でも、「BOOK総合」部門第1位、「タレント本」部門第1位と快挙を見せた。

 では、『一切なりゆき』の読者は、どういった感…

全文を読む

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

第158回芥川賞は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、直木賞は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定!

 第158回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は石井遊佳の『百年泥』と若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』に、「直木賞」は門井慶喜の『銀河鉄道の父』に決定した。

【第158回芥川賞受賞作品】

全文を読む

100万部突破の『漫画 君たちはどう生きるか』が総合1位! 原作小説も30万部に。1月10日調べ「トーハン 週間ベストセラー」Pick UP!

100万部突破の『漫画 君たちはどう生きるか』が総合1位! 原作小説も30万部に。1月10日調べ「トーハン 週間ベストセラー」Pick UP!

 1月10日調べの「トーハン 週間ベストセラー」が発表されました。各ジャンルから注目の本をピックアップしてご紹介します。

 総合1位には『漫画 君たちはどう生きるか』(吉野源三郎:原作、羽賀翔一: 画/マガジンハウス)がランクイン。同書の原作は1937年に児童文学者の吉野源三郎が発表、戦前の日本を舞台に、15歳の少年・コペル君が、叔父さんとの対話の中から、人間としてあるべき姿を考えていく物語です。昨年8月に漫画化された同書が発売され、幅広い年齢層から支持を得ています。売り上げを伸ばして増刷が相次ぎ、1月10日の重版で100万部に達することが発表されました。トーハンベストセラーでも10月31日調べ以降、10週連続でランクインし、そのうち7週で1位となっています。今週の総合9位には、漫画版と同時刊行された原作小説の新装版が入り、こちらも30万部に達しています。80年前の名著が、現代の人の心にも深く訴えかけています。

 今週の総合ランキングには、3位『ざんねんないきもの事典』、6位『続ざんねんないきもの事典』(共に今泉忠明:監修/高橋書店)、7位『ポケット…

全文を読む

SEKAI NO OWARI・藤崎彩織「この本が色んな方の手に渡れば良いなあと願っております」 初小説『ふたご』明日発売!

SEKAI NO OWARI・藤崎彩織「この本が色んな方の手に渡れば良いなあと願っております」 初小説『ふたご』明日発売!

 「SEKAI NO OWARI」のSaoriこと藤崎彩織による初の小説『ふたご』が、2017年10月28日(土)に発売される。この発売を記念してトーク&サイン会を開催。11月2日(木)に「三省堂書店神保町本店」で行われることが決定した。  音楽活動の合間に書き続け、構想から5年以上の月日をかけて綴られた同書の原稿は、300ページを超える大作に。主人公・夏子と、やがてバンドを組むことになる先輩・月島をめぐる瑞々しい青春小説になっている。 <内容紹介> いつも一人ぼっちでピアノだけが友達だった中学生の夏子と、不良っぽく見えるけれども人一倍感受性の強い、高校生の月島。彼は自分たちのことを「ふたごのようだと思っている」と言うが、いつも滅茶苦茶な行動で夏子を困惑させ、夏子の友達と恋愛関係になり、夏子を苦しめる。それでも月島に惹かれる夏子は、誘われるままにバンドに入り、彼の仲間と共同生活を行うことになるのだが…。自分ひとりでは何もできなかった少女が少年に導かれるままに成長し、自らの力で居場所を見つけようとする姿を描いた感動の物語。  デ…

全文を読む

「藤崎彩織」のおすすめ記事をもっと見る

「藤崎彩織」のレビュー・書評をもっと見る

「藤崎彩織」の本・小説

読書間奏文

読書間奏文

作家
藤崎彩織
出版社
文藝春秋
発売日
2018-12-15
ISBN
9784163909424
作品情報を見る
アニソンマガジン Vol.4 (2008) (4) (洋泉社MOOK)

アニソンマガジン Vol.4 (2008) (4) (洋泉社MOOK)

作家
藤崎彩織
出版社
洋泉社
発売日
2008-03-08
ISBN
9784862482495
作品情報を見る

「藤崎彩織」人気の作品ランキングをもっと見る

「藤崎彩織」の関連画像・写真

「藤崎彩織」の関連画像・写真をもっと見る