読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

三浦大輔

職業・肩書き
作家
ふりがな
みうら・だいすけ

プロフィール

最終更新 : 2018-09-07

劇作家/演出家/映画監督

「三浦大輔」のおすすめ記事・レビュー

舞台『そして僕は途方に暮れる』三浦大輔インタビュー 「ドラマチックよりリアリティ」を追求

舞台『そして僕は途方に暮れる』三浦大輔インタビュー 「ドラマチックよりリアリティ」を追求

『裏切りの街』『何者』、そしてこの春、公開される衝撃作『娼年』と、近年は映画監督としても脚光を浴びる三浦大輔さん。鋭い感性とリアルを追求した演出で、注目を集め続けてきた演劇界の鬼才の、4年ぶりの書き下ろしとなる新作『そして僕は途方に暮れる』(主演:藤ヶ谷太輔)。自分のなかに、ずっと抱え持っていたというテーマに、大劇場で挑む、その境地を訊いた。

人は、人との関係性のなかで生きている。それが浮き彫りになればいいなと

――すべての人間関係を断ち切り、街の片隅で呆然と立ちすくむ、平凡な青年の逃亡記という構想は、いつ頃から立てていらしたのですか?

「いつからだっただろうと思ってしまうくらい、以前からずっと自分のなかにあったものでした。“逃げる”というテーマは『裏切りの街』とやや被っている感もあるのですが、男女関係に終始した同作での“逃げる”を、もっと普遍的に、そのつながりを友人、家族、先輩後輩にまで広げて描き、人は人との関係性のなかで生きているものだということが浮き彫りになればいいなと思いました」

――“逃げる”というところに、三浦さんの意識が向かうのはなぜなの…

全文を読む

「三浦大輔」のおすすめ記事をもっと見る

「三浦大輔」のレビュー・書評をもっと見る

「三浦大輔」の関連画像・写真

「三浦大輔」の関連画像・写真をもっと見る