読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「安藤祐介」のレビュー・書評

〆切の後にも、物語がある――奥付に載らない裏方たちの奮闘記

〆切の後にも、物語がある――奥付に載らない裏方たちの奮闘記

『本のエンドロール』(安藤祐介/講談社)  近年、出版業界を舞台にした小説が増えている。その多くは、作家や編集者などの“本の中身”を作る人々を主人公に据え、本が売れない時代に、少しでもいい本を世に送り出そうと奮闘する物語だ。彼らは、“いい本”を作るために苦悩し、ときには〆切を破りながらも、渾身の原稿を完成させる。そして、最後には編集者が印刷会社の担当者に平謝りしながら入稿し、なんとか一件落着…という展開がお決まりだ。  しかし、私はこうした物語を読むた…

もっと見る