読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サザンオールスターズ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
さざんおーるすたーず

ジャンル

「サザンオールスターズ」のおすすめ記事・レビュー

桑田佳祐が「ジャンプ」に降臨!「これはプレミアもの!」とファン大興奮

桑田佳祐が「ジャンプ」に降臨!「これはプレミアもの!」とファン大興奮

『週刊少年ジャンプ』36・37号(集英社) (C)週刊少年ジャンプ36号・37合併号/集英社

 2018年8月6日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』36・37号で、サザンオールスターズ・桑田佳祐のインタビューが掲載。表紙やルポ漫画にも桑田が登場して、読者からは「あまりの豪華さにビビるwww」「これはマジでプレミアもの!」と驚きの声が続出している。

 今回のインタビューはサザンオールスターズ結成40周年を記念した特別企画。新曲「壮年JUMP」が、『週刊少年ジャンプ』と名前が似ていることが切っ掛けでインタビューが実現したという。インタビュアーに抜擢されたのは、サザンファンである『Dr.STONE』の原作者・稲垣理一郎。ルポ漫画は『ベストブルー』などで知られる平方昌宏が担当することに。

 インタビューページには麦わら帽子を被り、かめはめ波のポーズをする桑田の写真が掲載。「壮年JUMP」のタイトルについては「勝手に似てる名前をつけちゃってすみませんでしたね(笑)これ、実はタイトルから先に思いついちゃったんです」と謝罪していた。

 ルポ漫画では3人の会話する…

全文を読む

映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌をサザンが担当! 「ますます楽しみになってきた!」と期待の声

映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌をサザンが担当! 「ますます楽しみになってきた!」と期待の声

 2018年6月15日(金)に公開予定の映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌を、今年デビュー40周年を迎えるサザンオールスターズが担当することが明らかになった。ファンの間では「池井戸作品とサザンの組み合わせが実現するとは」と話題になっている。

 同映画は、運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)が主人公。トレーラー脱輪事故により整備不良を疑われてしまう赤松だが、車両の欠陥を発見し製造元であるホープ自動車に再調査を要求することに。ちょうど同じ頃にはホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑いの目を向け始めていた。すると、企業の“リコール隠し”が明らかになり―。

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

 原作は、累計170万部の大ベストセラーを記録した池井戸潤の同名小説。池井戸の作品は『下町ロケット』や『半沢直樹』シリーズなどがドラマ化されているが、映画化は今回が初めて。原作の読者からは「小説すごい感動したし映画絶対見に行く!」「出演者も豪華だね」「池井戸作品が劇場で観れる!」と期待の声が上がった。

 配給を担当…

全文を読む

サザン桑田佳祐にSuchmosYONCE …なぜ茅ヶ崎に音楽家が集まるのか?“サザン”の名付け親・宮治淳一さんインタビュー

サザン桑田佳祐にSuchmosYONCE …なぜ茅ヶ崎に音楽家が集まるのか?“サザン”の名付け親・宮治淳一さんインタビュー

 桑田佳祐さんと青春時代を過ごし、サザン・オールスターズの名付け親でもある音楽評論家の宮治淳一さん。このほど出版した『MY LITTLE HOME TOWN 茅ヶ崎音楽物語』(ポプラ社)では、桑田さんと宮治さんが共に過ごした「茅ヶ崎」と縁の深い10曲を入り口に、加山雄三、加瀬邦彦、平尾昌晃ら茅ヶ崎が生んだ音楽の大スターたちの人生を描き出す。なぜ、彼らは茅ヶ崎に集まっていたのか? 宮治氏にお話を伺った。不思議な土地の縁をひもとけば、戦後ポップス史も見えてくる。

●自分しか知らない桑田さんとの話を蔵出し

――放課後、ビートルズを聞きに桑田さんの家に通ったり、一緒に地元でロックコンサートを開いたり、本には桑田さんとのさまざまなエピソードが紹介されていますね。それらから伝わる、お二人の青春時代の熱量みたいなものが、なんだかまぶしく、うらやましく感じました。

 そうでしたか。桑田さんとのエピソードは、自分しか知らない話がかなり入っているので、ファンの方々にはよろこんでもらえるんじゃないかと思います。蔵出ししちゃったんで、もうないですけど(笑)。僕の実体験を通じ…

全文を読む

サザン・桑田佳祐“責任監修”! スポーツ総合誌『Number』と異色のタッグを組んだボウリング特集号

サザン・桑田佳祐“責任監修”! スポーツ総合誌『Number』と異色のタッグを組んだボウリング特集号

『Number PLUS 桑田佳祐×ボウリング特集号』(文藝春秋)

 サザンオールスターズの桑田佳祐と、スポーツ総合誌『Number』が異色のタッグを組んだ『Number PLUS 桑田佳祐×ボウリング特集号』が、2017年10月31日(火)に発売された。  同号は、プロ並みのボウリングの腕前を誇る桑田が編集長となり、桑田責任監修のもと作り上げられた1冊。プロボウラーを目指していたという青春時代や“スポーツ”としてのボウリングの魅力を語る桑田のロングインタビュー、プロボウラーとの夢のガチンコダブルス勝負、ボウリングにはまっているという俳優・神木隆之介とのスペシャルトーク、そして桑田と共にボウリングを楽しんでいる原由子の特別インタビューなどが掲載されている。

<特集概要> ・桑田佳祐編集長 ロングインタビュー「僕とボウリングの物語」 ・スペシャルトーク1 桑田佳祐×矢島純一「桑田さんは、プロになれるよ」 ・スペシャルトーク2 桑田佳祐×神木隆之介「マイボール、すごくいいです!」 ・特別インタビュー 原由子「楽しみながら、いつまでも」 ・激突! プロ…

全文を読む

ヘルニア歴30年! サザンのパーカッショニスト・毛ガニこと野沢秀行さんに聞いた、腰痛との上手なつきあい方とは?【仕事中にできるストレッチ法】

ヘルニア歴30年! サザンのパーカッショニスト・毛ガニこと野沢秀行さんに聞いた、腰痛との上手なつきあい方とは?【仕事中にできるストレッチ法】

『腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 毛ガニの腰伝説』(野沢秀行/KADOKAWA)

 かつて30代のある日突然、“腰の辺りにダンッ!という衝撃”を感じたサザンオールスターズの野沢秀行さん。“あれ? ぎっくり腰かな?”くらいに軽く考えていたら、実は腰椎間板ヘルニアを発症していたことが発覚。手術を受け、音楽活動を休止せざるを得ない時期を経て、医療チームが考案したトレーニングのもと腰痛と向き合うこと30年。その貴重な体験を、腰痛本『腰痛に負けない体を無理せずつくる!! 毛ガニの腰伝説』(野沢秀行/KADOKAWA)にぎゅぎゅっとまとめあげて、先日発売。なんの前触れもなく襲ってきた悪魔のような腰痛と、どううまくつきあってきたのか。野沢さんに直撃しました!

――専門医や治療家による腰痛本はたくさんありますが、腰痛体験者側からの本は珍しい印象があります。今回、本を出された直接のきっかけはなんでしたか?

野沢秀行さん(以下、野沢):もう還暦を超えていい年になったんですけど、思えば31歳から人生の半分近く“腰痛”とつきあってきたんですよね。それでみなさんから「そ…

全文を読む

やはり夏はTUBE、サザン! あなたが夏に聴きたい「夏ソング」は?

やはり夏はTUBE、サザン! あなたが夏に聴きたい「夏ソング」は?

   音楽情報誌『CD&DLでーた』は、間もなく迎える本格的な夏に向けて、10~60代の男女を対象とした、夏に聴きたい「夏ソング」ランキングを発表した。

 梅雨が明けたら、いよいよ夏到来。夏休み、海、山、花火大会、夏祭りなど、夏はイベントが盛りだくさん。同様に、夏をテーマとした曲も満載のシーズンだ。

 総合ランキングTOP20では、きっと誰でも知っているのでは、という「夏ソング」がズラリと並ぶ結果となった。総合ランキング1位は「あー夏休み」(TUBE)、2位は「夏色」(ゆず)、3位は「少年時代」(井上陽水)となった。ランクインした曲にはどれも“夏と言えばこれ!” “夏を感じる” “夏の思い出”といったコメントが寄せられた。男女・世代別で多少順位の入れ替わりはあるものの、「夏ソング」の定番としてイメージが共有されていることが伺える。

 また今回、楽曲単位での人気「夏ソング」が共有されているだけではなく、“夏ソングが似合うアーティスト”というカテゴリがしっかりとできあがっていることもわかる。総合ランキングをTOP30まで見てみると、TUBEの楽曲が5曲、…

全文を読む

サザン復活も話題! 桑田佳祐&原由子の夫婦愛が羨ましすぎる!

サザン復活も話題! 桑田佳祐&原由子の夫婦愛が羨ましすぎる!

『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』(原 由子/朝日新聞出版)

6月25日に5年ぶりの活動再開を宣言した、サザン・オールスターズ。ボーカルの桑田佳祐は「活動休止中も、メンバーひとりひとりに温かいご声援をいただき、本当にありがとうございました。デビュー以来35年もの間、こうしてやって来られたことは全て皆さんのお蔭です」「再会を祝してオッパイ!……じゃなくてカンパイ!」と、いつもの“陽気でHなオジサン”のイメージのまま、高らかに活動再開を宣言した。しかし5年の間に桑田が食道がんを患ったことは大きく報じられており、妻・原由子の献身的なサポートがあったのは想像に難くないだろう。

 おしどり夫婦として有名な2人だが、桑田の原への愛情あふれる文章がファンの間で話題になっている。それは、原の著書『あじわい夕日新聞~夢をアリガトウ~』(朝日新聞出版)に収録されている、桑田が綴った「あとがき」だ。

 本書は朝日新聞夕刊に掲載されていた連載コラムをまとめたもの。連載時期がサザンの活動休止期間や桑田の闘病期間と重なっていたこともあり、「彼女はずっと僕のことをフォローし…

全文を読む

「サザンオールスターズ」のおすすめ記事をもっと見る

「サザンオールスターズ」のレビュー・書評をもっと見る

「サザンオールスターズ」の本・小説

  • ランキング

BS サザンオールスターズ THE BEST (バンド・スコア)

BS サザンオールスターズ THE BEST (バンド・スコア)

作家
サザンオールスターズ
出版社
ドレミ楽譜出版社
発売日
2000-08-23
ISBN
9784810874167
作品情報を見る

「サザンオールスターズ」人気の作品ランキングをもっと見る

「サザンオールスターズ」の関連画像・写真

「サザンオールスターズ」の関連画像・写真をもっと見る