読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まんしゅうきつこ

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
まんしゅうきつこ

「まんしゅうきつこ」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「銭湯を通じて、ちょっとだけ成長する物語」『湯遊ワンダーランド』まんきつ先生×編集・高石さんインタビュー

「銭湯を通じて、ちょっとだけ成長する物語」『湯遊ワンダーランド』まんきつ先生×編集・高石さんインタビュー

『週刊SPA!』で連載をしていた漫画「湯遊白書」(単行本化の際に「湯遊ワンダーランド」と改題)が、今年2月に完結。最終巻となる第3巻『湯遊ワンダーランド3』(扶桑社)が、5月30日に発売されました。

 この作品は、アルコール依存を激白した『アル中ワンダーランド』でデビューした漫画家、まんきつ(連載時ペンネームは「まんしゅうきつこ」)先生が、サウナを通じて変わっていく様子を描いた、異色の“おふろ漫画”です。

「連載が始まる前、プレッシャーで10円ハゲができた」というまんきつ先生と、作中に幾度となく登場しては笑わせてくれた担当編集・高石智一さんをお迎えし、連載を振り返っていただきました。

■はじめての週刊連載で、パニックに

――最終巻の発売、おめでとうございます。この作品はまんきつ先生にとってはじめての週刊連載だったそうですが、いかがでしたか?

まんきつ先生(以下、まんきつ):想像以上の大変さで、最初はパニックになりました。それでも、1巻はまだつつがなく進んだのですが、ネタ切れを起こしてきた2巻以降は、もう本当に大変で。「私、もたないんじゃないか」と思う…

全文を読む

銭湯のサウナで繰り広げられる女たちの赤裸々な実情。『湯遊ワンダーランド』まんしゅうきつこにインタビュー!

銭湯のサウナで繰り広げられる女たちの赤裸々な実情。『湯遊ワンダーランド』まんしゅうきつこにインタビュー!

『湯遊ワンダーランド』(まんしゅうきつこ/扶桑社)

 『週刊SPA!』で連載中の漫画『湯遊ワンダーランド』、待望の第1巻が5月20日に発売されました! 作者は『まんしゅう家の憂鬱』や『アル中ワンダーランド』でおなじみの、まんしゅうきつこ先生。本作は、銭湯のサウナで繰り広げられる女たちの赤裸々な実情を描いた日常系漫画で、「読んだ瞬間、サウナに行きたくなる」と評判なのです。作品の裏側や、気になるエピソードの真相などを、まんしゅうきつこ先生ご本人にインタビューして聞いてみました!

●今回の作品は、身近な人に向けた漫画にしたかった

――第一話から、毎週楽しみに読ませていただいています。てっきりタイトルは誌面と同じく『湯遊白書』だと思っていたのですが、『湯遊ワンダーランド』に変わっていましたね。これはやはり、冨樫先生の『幽遊白書』に配慮してということなのでしょうか?

まんしゅう:よく聞かれるんですけど、まったく関係ないんですよ。『湯遊白書』でも何の問題もなかったんです。いっそのこと、ペンネームも冨樫きつこに変えようかって提案したんですけど、それはさすがに怒られそ…

全文を読む

『週刊SPA!』で連載中! 風俗嬢との激しい恋モノ『ロマンス暴風域』とまんしゅうきつこの『湯遊白書』が面白い!

『週刊SPA!』で連載中! 風俗嬢との激しい恋モノ『ロマンス暴風域』とまんしゅうきつこの『湯遊白書』が面白い!

『週刊SPA!』(扶桑社)

 皆さん、『週刊SPA!』(扶桑社)読んでますか? 毎号、40代オトコがモテる方法やら、低年収の生き残る道やら、キャッチーな特集をたくさん掲載している男性向け週刊誌です。男性向けであるがため、女性が手に取る機会は少ないかもしれません。が、それは実にもったいない。実は今、『週刊SPA!』で連載中の漫画が、かなり面白いと評判なんです!

 『週刊SPA!』の漫画といえば、『アラサーちゃん』(峰なゆか)が有名ですが、ここでご紹介するのは、昨年10月から連載をスタートさせた2作品。珠玉の恋愛物語と、銭湯物語です。

●騙されてる、それとも本気? 風俗嬢との恋!

 まずご紹介するのは、『先生の白い嘘』や『おんなのいえ』でおなじみの鳥飼茜先生が描く、『ロマンス暴風域』。風俗嬢との恋物語です。

 主人公は、高校で美術の非常勤講師として働く「佐藤くん」30代半ば。恋愛経験はあるけれど、最後に付き合ったのはもはや数年前のこと。ぼんやりと、「こんな自分を愛してくれる人はいるのだろうか」と自問自答する日々を送っていました。そんなある日、何気なく立ち…

全文を読む

30歳独身・埼玉県実家暮らし、まんしゅうきつこ『ハルモヤさん』完結! ハルモヤさんを見守る先輩・臼井さんに注目!

30歳独身・埼玉県実家暮らし、まんしゅうきつこ『ハルモヤさん』完結! ハルモヤさんを見守る先輩・臼井さんに注目!

『ハルモヤさん』(まんしゅうきつこ/新潮社)

 アラサー、独身、実家暮らし、処女……ある意味、鬼気迫る設定を背負った主人公・春靄きの子(以下、ハルモヤさん)を描いた『ハルモヤさん』(新潮社)の第2巻が発売された。

 埼玉県熊谷市で生まれ育ち、熊谷を一度も離れることなく実家で両親とともに暮らすハルモヤさん(30歳)。第1巻では、雨の日には父親に車で送迎してもらい、休日には昼の2時まで眠りつづけ「起きてるとつらいんだよ」と、両親に言い放つハルモヤさん。それでも「まだ何とかなると思っている」彼女の日常を、つかず離れず淡々と描いた。しかし、完結編となる第2巻では“こっち側の人間”だと思っていた、親友のサキさんに彼氏ができたことがきっかけとなり、焦りを感じたハルモヤさんは「おかっぱマニア」なる出会い系サイトに登録してしまう。

 出会い系サイトに登録し、ある男性と会うことになったハルモヤさんの運命については、単行本を読んでいただくとして、今回注目したいのはハルモヤさんが務める図書館の先輩・臼井さん(独身アラフォー)だ。世間を斜めに見がちなハルモヤさんと、絶妙な距…

全文を読む

オムツ風俗の面接、弟の包茎手術… やっぱりゲスい! まんしゅうきつこの『まんしゅう家の憂鬱』

オムツ風俗の面接、弟の包茎手術… やっぱりゲスい! まんしゅうきつこの『まんしゅう家の憂鬱』

『まんしゅう家の憂鬱』(まんしゅうきつこ/集英社)

 漫画家・イラストレーターのまんしゅうきつこの大人気ブログ「まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど 」がついに書籍化。昨年12月に『まんしゅう家の憂鬱』(まんしゅうきつこ/集英社)が発売された。ブログ漫画に加え、『小説すばる』連載のエッセイも収録。きつこと、その家族に起こった様々なゲスな話を詰め込んだ一冊だ。そもそも、この、“まんしゅうきつこ”というペンネームからすでにどうかしている(笑)。実際に本を読んでみると、とんでもない精神を抱えた人物であることがわかる。

 本書はまず、「オムツ倶楽部の面接」という話からスタートする。今から10年以上前、きつこはテレビで「オムツ倶楽部」の存在を知る。オムツ倶楽部とは、大人の男性を赤ちゃんのようにあやしながら、オムツを変えてあげるという風俗店。どういうわけか「できるかも」と思ったきつこは、面接のため単身オムツ倶楽部へと乗り込む。

…こんなテンションの話が17編収録されている。オムツ倶楽部に関しては、なぜ唐突に「できるかも」と思ったのかは謎だが、ごく自然に、ナチ…

全文を読む

「まんしゅうきつこ」のおすすめ記事をもっと見る

「まんしゅうきつこ」の本・マンガ

  • ランキング

湯遊ワンダーランド3

湯遊ワンダーランド3

作家
まんしゅうきつこ
出版社
扶桑社
発売日
2019-05-30
ISBN
9784594082307
作品情報を見る
湯遊ワンダーランド2

湯遊ワンダーランド2

作家
まんしゅうきつこ
出版社
扶桑社
発売日
2018-11-28
ISBN
9784594081003
作品情報を見る
湯遊ワンダーランド

湯遊ワンダーランド

作家
まんしゅうきつこ
出版社
扶桑社
発売日
2018-05-20
ISBN
9784594079567
作品情報を見る
まんしゅう家の憂鬱 (集英社文庫)

まんしゅう家の憂鬱 (集英社文庫)

作家
まんしゅうきつこ
出版社
集英社
発売日
2017-11-17
ISBN
9784087456646
作品情報を見る
ハルモヤさん 2 (BUNCH COMICS)

ハルモヤさん 2 (BUNCH COMICS)

作家
まんしゅうきつこ
出版社
新潮社
発売日
2017-05-09
ISBN
9784107719775
作品情報を見る
まんしゅう家の憂鬱

まんしゅう家の憂鬱

作家
まんしゅうきつこ
出版社
集英社
発売日
2015-12-04
ISBN
9784087716351
作品情報を見る
ケトル VOL.24

ケトル VOL.24

作家
Kaede
まんしゅうきつこ
河瀨直美
伊藤弘
南馬越一義
岸勇希
市川紗椰
西田善太
川田十夢
武邑光裕
山崎貴
正田真弘
キャイ~ン
嶋浩一郎
出版社
太田出版
発売日
2015-04-15
ISBN
9784778314491
作品情報を見る
ハルモヤさん 1 (BUNCH COMICS)

ハルモヤさん 1 (BUNCH COMICS)

作家
まんしゅうきつこ
出版社
新潮社
発売日
2015-04-09
ISBN
9784107718099
作品情報を見る

「まんしゅうきつこ」人気の作品ランキングをもっと見る

「まんしゅうきつこ」の関連画像・写真

「まんしゅうきつこ」の関連画像・写真をもっと見る