読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

笠原将弘

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かさはら・まさひろ

「笠原将弘」のおすすめ記事・レビュー

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「ささみの太巻き」『超・鶏大事典』【連載】第5回

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「ささみの太巻き」『超・鶏大事典』【連載】第5回

『超・鶏大事典』は、世界が認めた「鶏の名手」笠原将弘による、他の追随をゆるさない珠玉の鶏レシピ本。本書では、前作『鶏大事典』に収めきれなかった一羽まるごとの「丸鶏」の扱い方、さばき方、ローストチキンや和風参鶏湯などのレシピ、やわらかくてあっさりとした「ささみ」、扱いにコツのある「砂肝、ハツ、レバー」などの部位をたっぷりと紹介。「笠原流サラダチキン」を使用した「サラダチキン グレープフルーツいちごマリネ」のレシピは必見!

ささみの太巻き

 

材料(2人分) 鶏ささみ…2本 塩…少々 卵…3個 A  だし汁…大さじ3  砂糖…大さじ1 1/2  薄口しょうゆ…小さじ1 サラダ油…大さじ1 きゅうり…1本 ご飯…300g B  酢…大さじ2 1/2  砂糖…大さじ1  塩…小さじ1 焼きのり…2枚 桜でんぶ…30g しょうがの甘酢漬け(市販のもの)…適量

作り方 1 ささみは筋を取り、全体に薄く塩をふって10分ほどおく。 2 鍋に湯を沸かし、1を入れて火を止める。そのまま5分ほどおいて取り出し、水けをしっかりふいてから手でさく。 3 ボウルに卵を割り…

全文を読む

賛否両論・笠原将弘が伝授! 「鶏ささみ」の調理ポイントとは?『超・鶏大事典』【連載】第4回

賛否両論・笠原将弘が伝授! 「鶏ささみ」の調理ポイントとは?『超・鶏大事典』【連載】第4回

『超・鶏大事典』は、世界が認めた「鶏の名手」笠原将弘による、他の追随をゆるさない珠玉の鶏レシピ本。本書では、前作『鶏大事典』に収めきれなかった一羽まるごとの「丸鶏」の扱い方、さばき方、ローストチキンや和風参鶏湯などのレシピ、やわらかくてあっさりとした「ささみ」、扱いにコツのある「砂肝、ハツ、レバー」などの部位をたっぷりと紹介。「笠原流サラダチキン」レシピは、永久保存版!

 低カロリーであっさりしたささみもまた、調理法を悩む人が多いと聞く。けれどもこれこそ、さっとゆでて刺身風にしたり、オイル漬けや蒸してほぐしてサラダに加えたり、はたまたフライにしたりと、変幻自在の使える部位。一番のポイントは新鮮なものを手に入れること。これに尽きる。

鶏ささみの調理ポイント

 

筋を取る ささみの真ん中に筋があるので、両側に包丁で切り込みを入れ、引っ張り出す。ある程度出てきたところで包丁の刃で身を押さえながら、筋をしごくようにして抜き取る。

さっとゆでる むね肉同様、ささみも火を通しすぎないことが大事だ。刺身風にするなら、沸騰してから火を止めた湯にさっとくぐらせる…

全文を読む

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「鶏もも鬼から揚げ」『超・鶏大事典』【連載】第3回

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「鶏もも鬼から揚げ」『超・鶏大事典』【連載】第3回

978-4048964128

『超・鶏大事典』は、世界が認めた「鶏の名手」笠原将弘による、他の追随をゆるさない珠玉の鶏レシピ本。本書では、前作『鶏大事典』に収めきれなかった一羽まるごとの「丸鶏」の扱い方、さばき方、ローストチキンや和風参鶏湯などのレシピ、やわらかくてあっさりとした「ささみ」、扱いにコツのある「砂肝、ハツ、レバー」などの部位をたっぷりと紹介。「笠原流サラダチキン」を使用した「サラダチキン グレープフルーツいちごマリネ」のレシピは必見!

鶏もも鬼から揚げ

 

材料(2人分) 鶏もも肉…2枚(約600g) 卵…1個 片栗粉…大さじ4 薄力粉…大さじ4 レタス…1枚 レモン…1/2個 A  しょうゆ…大さじ3  みりん…大さじ3  おろしにんにく…小さじ1/2  おろししょうが…小さじ1/2 揚げ油…適量

作り方 1 鶏肉は縦3等分にする(写真a)。 2 ボウルに1を入れ、Aを加えてもみ込み、15分ほどおく。 3 卵を溶きほぐし、2に加えてさらに5分ほどおく(写真b)。 4 3の汁けをきり、片栗粉と薄力粉を合わせてまぶしつける。 5 17…

全文を読む

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「サラダチキン グレープフルーツいちごマリネ」『超・鶏大事典』【連載】第2回

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「サラダチキン グレープフルーツいちごマリネ」『超・鶏大事典』【連載】第2回

『超・鶏大事典』は、世界が認めた「鶏の名手」笠原将弘による、他の追随をゆるさない珠玉の鶏レシピ本。本書では、前作『鶏大事典』に収めきれなかった一羽まるごとの「丸鶏」の扱い方、さばき方、ローストチキンや和風参鶏湯などのレシピ、やわらかくてあっさりとした「ささみ」、扱いにコツのある「砂肝、ハツ、レバー」などの部位をたっぷりと紹介。「笠原流サラダチキン」を使用した「サラダチキン グレープフルーツいちごマリネ」のレシピは必見!

サラダチキン グレープフルーツいちごマリネ

 

材料(2人分) 笠原流サラダチキン  (P.10参照)…1枚 グレープフルーツ…1個 いちご…4粒 A  オリーブオイル…大さじ3  酢…大さじ2  はちみつ…大さじ1  塩…小さじ1/2  おろししょうが…小さじ1/2  黒こしょう…少々 セルフィーユ…少々

作り方 1 サラダチキンは5㎜〜1㎝厚さに切る。 2 グレープフルーツは薄皮をむいて身を取り出す。いちごは4等分に切る。 3 密閉容器に1と2を入れて混ぜ合わせ、Aをまわしかけて冷蔵庫で1時間ほど味をなじませる。 4 器に盛…

全文を読む

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「鶏むね肉/笠原風サラダチキン」『超・鶏大事典』【連載】第1回

賛否両論・笠原将弘のレシピを公開!「鶏むね肉/笠原風サラダチキン」『超・鶏大事典』【連載】第1回

『超・鶏大事典』は、世界が認めた「鶏の名手」笠原将弘による、他の追随をゆるさない珠玉の鶏レシピ本。本書では、前作『鶏大事典』に収めきれなかった一羽まるごとの「丸鶏」の扱い方、さばき方、ローストチキンや和風参鶏湯などのレシピ、やわらかくてあっさりとした「ささみ」、扱いにコツのある「砂肝、ハツ、レバー」などの部位をたっぷりと紹介。「笠原流サラダチキン」レシピは、永久保存版!

 しっとりした食感とヘルシーさでここ数年、人気となったむね肉。パサつくイメージはすっかり払拭できたようだ。ここでは、この安くておいしい、頼りになるむね肉をさらに上級な技でおいしさに磨きをかけるレシピを紹介していこう。ポイントは以下の通りだ。

鶏むね肉の調理ポイント

 

煮物 薄く片栗粉をまぶして、一枚ずつ煮汁に加えて火を通すと、表面のつるんとした食感としっとりした中の食感が楽しめる。

揚げ物 ころもは、パン粉はもちろん、コーンフレークやおせんべいのおかきをたたいたもの、米粉などいろいろなものをつけてその食感と、しっとりふわふわに揚がったむね肉を味わうといい。

そぎ切りにする むね…

全文を読む

大根おろし×フルーツは、焼き魚に合う! 高級食材じゃなくても大丈夫、プロのアイデアが詰まった本格和食レシピ

大根おろし×フルーツは、焼き魚に合う! 高級食材じゃなくても大丈夫、プロのアイデアが詰まった本格和食レシピ

『笠原将弘の和食 賛否両論』 (笠原将弘/学研プラス)

 恵比寿に本店を構え、オープンから14年たった今も「予約の取れない和食店」として人気の「賛否両論」。そんな、「賛否両論」で実際に出されている料理の秘伝レシピを公開した一冊が『笠原将弘の和食 賛否両論』です。

■プロの料理は敷居が高い?  料理屋の料理を家でつくる、といっても「高級食材は用意できないし……」「特別な調理器具が必要なのでは?」と思いますよね。本書では「手に入りづらそう」な食材には、すべて「おきかえメモ」として、ご家庭でも手に入りやすい食材へのおきかえアイディアを掲載。すべて著者である笠原さんのアイディアなので、間違いなくおいしくできます。

 また、中にはちょっと手の凝った料理もありますが、ほとんどがご家庭でも作れるレシピばかり。普段の食卓をちょっと豪華に、または、おもてなし料理にもぴったりです。

■大根おろし×フルーツは、焼き魚に合う!  突然ですが、焼き魚には何を合わせますか? 大根おろしは定番ですよね。ただ、プロのアイディアは一味違います。本書の中で掲載している「秋さばの柚庵焼き …

全文を読む

笠原流「和食の極意」で和食上手に♪ 大人気料理人・笠原将弘の毎日食べたいレシピ【作ってみた】

笠原流「和食の極意」で和食上手に♪ 大人気料理人・笠原将弘の毎日食べたいレシピ【作ってみた】

『僕が本当に好きな和食』(笠原将弘/主婦の友社)

 忙しい毎日だと思いますが、今週何回和食を作りましたか? 和食は今ではユネスコ無形文化遺産にも登録され、世界でも注目される料理になりましたが、一方で本家の日本では和食離れが進んでいると言われていて、実際冒頭のような質問をされても、最近全然和食を作っていないという人も多いと思います。

 そんな状況の風向きを変えるべく、人気和食料理店「賛否両論」の店主である笠原将弘氏が、過去に出版した7冊のレシピ本から美味しかった和食ばかりを厳選してまとめた『僕が本当に好きな和食』(笠原将弘/主婦の友社)を発売しました。ここには、忙しくて時間がなくてもおいしく食べたい人に向けて考えられた和食が250品も紹介されていて、これさえあればいつでも気軽に和食が作れるようになっています。そこで、今回はこの中からぜひ作って自分のものにして欲しい和食3品を紹介します。

1、揚げたても冷めても美味しい「鶏から揚げごまねぎポン酢」(P.12)

 1品目は、笠原家に伝わるから揚げレシピです。ボウルに鶏もも肉を入れ、しょうゆ、みりん、粗びき黒…

全文を読む

「笠原将弘」のおすすめ記事をもっと見る

「笠原将弘」のレビュー・書評をもっと見る

「笠原将弘」の本・小説

和食屋が教える、劇的に旨い家ごはん

和食屋が教える、劇的に旨い家ごはん

作家
笠原将弘
出版社
主婦の友社
発売日
2020-10-02
ISBN
9784074449101
作品情報を見る

「笠原将弘」人気の作品ランキングをもっと見る

「笠原将弘」の関連画像・写真

「笠原将弘」の関連画像・写真をもっと見る