読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

古谷田奈月

職業・肩書き
作家
ふりがな
こやた・なつき

「古谷田奈月」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

「今月のプラチナ本」は、古谷田奈月『神前酔狂宴』

「今月のプラチナ本」は、古谷田奈月『神前酔狂宴』

『神前酔狂宴』

●あらすじ● 神社の結婚披露宴会場で働き始めたフリーターの浜野。当初は、時給の良さを目当てに働いていた浜野であったが、ある日、結婚式が壮大な“茶番”であることに気づく。「滑稽さが肝の喜劇では、登場人物全員が愚者であるべき」と、働きぶりが一転。そんな中、神社に祀られている神が明治日本の軍神であったことを知り……。結婚、家族、日本という壮大な茶番を鮮やかに切り裂く衝撃作! こやた・なつき●1981年、千葉県生まれ。2013年「今年の贈り物」で第25回日本ファンタジーノベル大賞を受賞(のちに『星の民のクリスマス』と改題)。17年『リリース』で第34回織田作之助賞を、18年には「無限の玄」で第31回三島由紀夫賞を受賞。同年、「風下の朱」で芥川賞候補に選出される。その他の著書には『望むのは』『ジュンのための6つの小曲』など。

古谷田奈月河出書房新社 1600円(税別) 写真=首藤幹夫

編集部寸評  

なんでみんな、結婚を披露するの? 結婚披露宴会場で働き出した主人公は、ある日とつぜんに意識する。「なんでみんな、結婚を披露するの?」…

全文を読む

「古谷田奈月」のレビュー・書評をもっと見る

「古谷田奈月」の本・小説

kaze no tanbun 移動図書館の子供たち

kaze no tanbun 移動図書館の子供たち

作家
我妻俊樹
円城塔
大前 粟生
勝山海百合
木下古栗
古谷田奈月
斎藤真理子
西崎憲
乘金 顕斗
伴名練
藤野可織
星野智幸
松永美穂
水原涼
宮内悠介
柳原孝敦
出版社
柏書房
発売日
2020-12-29
ISBN
9784760152827
作品情報を見る

「古谷田奈月」人気の作品ランキングをもっと見る