読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江口洋介

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
えぐち・ようすけ

「江口洋介」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

ドラマ「黒革の手帖」仲里依紗演じる波子の豹変ぶりが話題に「人変わりすぎて怖いくらいの演技力」

ドラマ「黒革の手帖」仲里依紗演じる波子の豹変ぶりが話題に「人変わりすぎて怖いくらいの演技力」

『黒革の手帖』下巻(松本清張/新潮社)

 ドラマ「黒革の手帖」の第2話が2017年7月27日(木)に放送され、仲里依紗演じる山田波子の豹変ぶりが「生意気な小娘って感じがすごくいい」「武井咲に負けない迫力がある」と話題になっている。

 東林銀行に派遣社員として勤めていた原口元子(武井咲)は、黒革の手帖に記した借名口座のリストを武器に1億8千万円を横領。それを元手に銀座にクラブ“カルネ”をオープンさせ、若き銀座のママとして新しい人生を歩み始める。ある日、元子は同じ派遣社員であった波子と再会。カードの支払いのために必死に働く波子を見て、「何かあったら電話して」と名刺を手渡した。

 その後、元子のスカウトで波子はカルネで働くことになり、入店早々、楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)のお気に入りに。2人が親密になっていく様子に元子は一抹の不安を覚えるが、元子の不安をよそに波子は夜の世界の楽しさに目覚めていく。元子に向かって「お金稼ぐのって、こんなに簡単だったんだね」とほくそ笑む波子には、「冒頭でティッシュ配りしてた女の子とは思えない…」「人変わりすぎて怖い…

全文を読む

ドラマ「黒革の手帖」、悪女を演じる武井咲に絶賛の声続出!

ドラマ「黒革の手帖」、悪女を演じる武井咲に絶賛の声続出!

『黒革の手帖』上巻(松本清張/新潮社)

 2017年7月20日(木)に、ドラマ「黒革の手帖」の第1話が放送された。主演を務める武井咲の悪女役には「そこに居るだけで半端ない存在感」「笑わない方が美しさが際立ってる」「武井咲の印象変わった。役がすごく合ってる!」と話題になっている。

 同ドラマは、松本清張のサスペンス小説を原作とした作品。武井演じる派遣社員・原口元子は、母親が遺した借金を返済するため昼は銀行、夜は銀座のクラブ“燭台”でホステスとして働いている。ある日、芸能人が元子の働く銀行を訪れたことがネットに出回り、派遣である元子と山田波子(仲里依紗)が罪をかぶせられ雇い止めに。その事件をきっかけに元子は銀行の隠し口座から1億8千万円を横領し、それを元手にクラブ“カルネ”をオープンさせた。

 元子はこれまで浅野ゆう子や米倉涼子が演じてきた稀代の悪女で、放送前は武井が演じることに対して不安の声も上がっていた。しかし1話をみた視聴者からは「着物姿やサングラスが貫禄あってカッコいい!」「したたかな女がこんなに似合う人だと思わなかった」とを絶賛する声が続出。可愛…

全文を読む

役所広司と松坂桃李がバディに! 映画「孤狼の血」に期待の声

役所広司と松坂桃李がバディに! 映画「孤狼の血」に期待の声

(C)2018「孤狼の血」製作委員会

 柚月裕子の小説を原作とした映画「孤狼の血」のキャストが発表され、役所広司と松坂桃李がバディを組むことが明らかになった。このキャスティングには「役所さんも松坂さんもドンピシャ!」「力のある原作、乗りに乗ってる監督、素晴らしい出演者、もう言うことなし!」と大いに期待が寄せられている。

 『孤狼の血』は、暴力団の激しい抗争を追う警官を描いた「警察小説×『仁義なき戦い』」とも評されるハードボイルド小説。作家や書評家からの評価も高いこの作品を、東映が映画化することでも話題となっていた。映画では主人公となるベテラン刑事・大上を役所が、大上の相棒となる新人刑事・日岡を松坂が演じ、そのほか真木よう子、石橋蓮司、江口洋介といった豪華俳優陣が出演。監督は「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」なども手掛け、数々の映画賞を受賞してきた白石和彌が務める。

 「マル暴刑事役と新人刑事役の疑似親子的な関係性はすごくハマりそうな2人」「桃李くんのスーツ姿も役所さんの大上役も似合いすぎ」と絶賛されているこのコンビ、以前からテレビCMでもお馴染みの名コンビ…

全文を読む

神山健治監督初のオリジナル長編『ひるね姫』公開記念!「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「東のエデン」…神山監督作品勢ぞろいの「神山祭」開催中!

神山健治監督初のオリジナル長編『ひるね姫』公開記念!「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「東のエデン」…神山監督作品勢ぞろいの「神山祭」開催中!

(C)2017 ひるね姫製作委員会

 「攻殻機動隊S.A.C.」「精霊の守り人」「東のエデン」など重厚な世界設定を構築し、人間ドラマを描いてきた神山健治。同氏が原作・脚本・監督を担う初の劇場オリジナルアニメーション映画「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」が、2017年3月18日(土)に公開される。

 同作の公開を記念して、「神山祭」と題して1月1日(日)~3月31日(金)の間、対象の動画配信サイトで神山が手掛けてきた傑作の数々が一挙配信されることが決定した。  すべてを知るために、私は眠る―。岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。何の取り得も無い平凡な女子高生の彼女がたったひとつ得意なことは「昼寝」。そんな彼女は最近、不思議なことに同じ夢ばかり見るようになる。そして2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。どうしようもない父親ではあるが、そこまでの悪事を働いたとはどうしても思えない。ココネは次々と浮かび上がる謎を解決しようと、幼馴じみの大学生モリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はい…

全文を読む

綾野剛、堤幸彦監督作品に初参加! 20年間映像化不可能と言われた『天空の蜂』の見どころは?

綾野剛、堤幸彦監督作品に初参加! 20年間映像化不可能と言われた『天空の蜂』の見どころは?

『天空の蜂』(東野圭吾/講談社)

 東野圭吾が1995年に発表した『天空の蜂』(講談社)。最新鋭にして日本最大の超巨大ヘリコプター(ビッグB)が乗っ取られ、原子力発電所の真上に静止させるという史上最悪の原発テロ事件に立ち向かう人々の攻防を描いた本作。驚くべきは、「まさか20年も前に書かれたとは思えない」と話題になるほど、東日本大震災とその後を予見しているかのような内容だ。そして、圧倒的なスケ―ルとテーマ性から映像化不可能といわれてきた『天空の蜂』は、20年の時を経て映画化が実現。監督は、『20世紀少年』『SPEC』『トリック』などの人気作を世に送り出してきた堤幸彦氏だ。

 6月末、都内にて、『天空の蜂』完成報告会見が行われ、江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、堤幸彦監督が登壇。「父と子の関係」を大きな軸としながら、日本人にとって非常に深いテーマ性を持ち合わせる本作。登壇者それぞれが作品への思いを語った。

 巨大ヘリの設計者・湯原を演じる江口は「実際に3.11を経験した上でその恐怖をリアルに感じた。すごく危機感のある非常におもしろい作品ができました」…

全文を読む

「江口洋介」のおすすめ記事をもっと見る

「江口洋介」の本・小説

  • ランキング

DVD>江口洋介:真夏の少年 (<DVD>)

DVD>江口洋介:真夏の少年 (<DVD>)

作家
江口洋介
出版社
竹書房
発売日
2007-05-01
ISBN
9784812431221
作品情報を見る

「江口洋介」人気の作品ランキングをもっと見る

「江口洋介」の関連画像・写真

「江口洋介」の関連画像・写真をもっと見る