読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今泉忠明

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
いまいずみ・ただあき

「今泉忠明」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

ヒグマから逃げる時NGな行動は……? 3択クイズで学ぶ危険生物の「危険な」理由

ヒグマから逃げる時NGな行動は……? 3択クイズで学ぶ危険生物の「危険な」理由

『講談社の動く図鑑MOVE 危険生物 超クイズ図鑑』(講談社:編、今泉忠明:監修/講談社)

 読者の皆さんは「危険生物」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。例えば動物園で見るトラやライオンたちの雄々しさには惹かれてしまうものだが、それはあくまで檻の外から見ているためであり、間近に迫られたら魅力を感じる余裕などない。そんな時は逃げるに限るが、予め危険生物の知識があれば、大いに役立つはずだ。

『講談社の動く図鑑MOVE 危険生物 超クイズ図鑑』(講談社:編//、今泉忠明:監修//講談社)は、危険生物の知識を3択クイズ形式で学べる一冊図鑑だ。児童書だと侮ってはいけない、子供たちが学ぶ入門書であるからこそ、端的に内容を伝えるべく洗練された構成なのだ。ましてや、基となる『「講談社の動く図鑑MOVE』」シリーズは迫力のある図説に加え付属DVDでNHKのアーカイブ映像も見られる大人気シリーズなのだ。ではどのような内容なのか、小生が気になる問題を紹介しよう。

【カモノハシの武器はなに?】 1:くちばし 2:毒づめ 3:だ液

 正解は2番。危険生物を集めた本書だが、意外に…

全文を読む

【休校中のお子様にも】コアラが1日20時間近く眠る切ない事情とは。「動物」×「夜」の図鑑にワクワクが止まらない!

【休校中のお子様にも】コアラが1日20時間近く眠る切ない事情とは。「動物」×「夜」の図鑑にワクワクが止まらない!

 続々と新刊が登場している、子ども向けの「いきもの図鑑」「いきもの事典」。

 さまざまな切り口で生き物を紹介したこれらの本は、子どもたちに人気の一大ジャンルとなっているが、またまたユニークな1冊が登場!

 生き物たちが夜中には何をしているのか、意外に知らない姿をまとめた『夜のいきもの図鑑』(主婦の友社)。

『夜のいきもの図鑑』(今泉忠明/主婦の友社)

 夜行性動物のびっくり生態や、さまざまな生き物のおもしろ寝相などイラストも満載で、絵を見るだけでも楽しい。

 子どもたちは、「動物」「生き物」はもちろん、「夜」「暗闇」も大好物。ワクワク、ドキドキ読めることまちがいナシ!

コウモリ、カピバラ、ハムスター・・・夜行性の習性もそれぞれ

 夜行性動物の代表といえばコウモリ。吸血鬼のイメージもあるが、実際に血を吸うその名も「チスイコウモリ」という種類がいる。彼らは夜中にこっそりウシやウマなどに忍び寄り、体に取り付いて血を吸うブキミな生き物。しかし、血を吸ったあとは体が重くなって飛べず、這って逃げるというのが何ともオマヌケなのだ。

 チスイコウモリ以外のコウモリも、おしっこ…

全文を読む

ネコが「ニャッ」と短く鳴くアレはただの〇〇〇〇だった…! 愛するにゃんこ知識のつまったタメになるドリル

ネコが「ニャッ」と短く鳴くアレはただの〇〇〇〇だった…! 愛するにゃんこ知識のつまったタメになるドリル

『にゃんこドリル』(今泉忠明:監修、にゃんとまた旅(ねこまき):イラスト/新星出版社)

「大好きなにゃんこをもっと知りたいと思いませんか?」――ねこのきもちや体について、楽しく学べるのが『にゃんこドリル』(今泉忠明:監修、にゃんとまた旅(ねこまき):イラスト/新星出版社)。

 本書はねこ飼いさんとねこが、きもちよく暮らしていくためのノウハウが満載の1冊だ。ということで、ねこ2匹と家族になっておよそ10年のライターが、実際にドリルをやってみた。

 で、最初に謝っておく。全問正解は余裕だろ…と考えていたが、ごめんなさい! 今は軽く考えていた自分が恥ずかしい。知っているようで知らないねこ知識が満載なのだ。

■ねこ専門家&ねこイラストレーターがクイズ形式で教えてくれるドリル  まず本書の構成を説明すると、ねこの秘密が全118問の穴埋め形式のクイズ問題になっている。1章は学校の授業のように“1時間目”と表記され、以下の内容にわかれている。

1時間目 にゃんこのきほん 2時間目 にゃんこのからだ 3時間目 にゃんこのきもち 4時間目 にゃんことくらす 5時間目 にゃ…

全文を読む

猫には飼い主にしか見せない「愛」があった! 人気動物学者・今泉忠明があかす“猫脳のヒミツ”

猫には飼い主にしか見せない「愛」があった! 人気動物学者・今泉忠明があかす“猫脳のヒミツ”

『猫脳がわかる!』(今泉忠明/文藝春秋)

 猫は自分の意思を貫き通しているにもかかわらず人間を虜にしてしまう、不思議な動物。関心のない素振りをとったかと思えば急に甘えてきたりし、先が読めない行動を続々と見せてくれます。『猫脳がわかる!』(文藝春秋)は、そんな“猫”という動物の生態を脳科学の視点から解き明かした一冊。本書では『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(高橋書店)で監修を務めた今泉忠明さんが全5章にわたり、猫の脳の仕組みを解説しています。

 近ごろは「猫ブーム」というフレーズも聞き飽きるほど、猫にスポットが当たる機会が増えてきました。2017年には猫の飼育頭数が犬の飼育頭数を上回り、人と猫はますます密接な関係になっています。外見的なかわいさに惹かれ、「猫を飼ってみたい」と考えている方はきっと多いはず。しかし、猫の魅力は見た目の愛くるしさだけではなく、野性味や動物としての合理性、自立性を併せ持っているところにあります。

 猫脳を通し、生態や習性を理解すれば、飼い猫や近所の猫とももっと心が通わせられるようになるはず。かわいいだけじ…

全文を読む

「今泉忠明」のレビュー・書評をもっと見る

「今泉忠明」の本・小説

いぬほん 犬のほんねがわかる本【先着購入特典ステッカー付き】

いぬほん 犬のほんねがわかる本【先着購入特典ステッカー付き】

作家
今泉忠明
道雪葵
出版社
西東社
発売日
2020-04-03
ISBN
9784791630035
作品情報を見る
いぬほん 犬のほんねがわかる本

いぬほん 犬のほんねがわかる本

作家
道雪葵
今泉忠明
出版社
西東社
発売日
2020-04-03
ISBN
9784791629008
作品情報を見る
ヒミツのヒミツの猫集会

ヒミツのヒミツの猫集会

作家
沖昌之
池澤春菜
いしいしんじ
前田司郎
今泉忠明
出版社
天夢人
発売日
2019-02-14
ISBN
9784635820851
作品情報を見る
海・川の危険生物★スペシャル

海・川の危険生物★スペシャル

作家
今泉忠明
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-04-07
ISBN
9784023340176
作品情報を見る
一生の図鑑 (ニューワイド学研の図鑑i(アイ))

一生の図鑑 (ニューワイド学研の図鑑i(アイ))

作家
今泉忠明
出版社
学研プラス
発売日
2011-06-21
ISBN
9784052034077
作品情報を見る
危険生物シールブック

危険生物シールブック

作家
今泉忠明
出版社
学研プラス
発売日
2015-03-17
ISBN
9784052041846
作品情報を見る

「今泉忠明」人気の作品ランキングをもっと見る

「今泉忠明」の関連画像・写真

「今泉忠明」の関連画像・写真をもっと見る