読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

今村昌弘

職業・肩書き
作家
ふりがな
いまむら・まさひろ

「今村昌弘」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

「特殊設定ミステリー」における“ホワイダニット”の重要性とは――『兇人邸の殺人』今村昌弘インタビュー

「特殊設定ミステリー」における“ホワイダニット”の重要性とは――『兇人邸の殺人』今村昌弘インタビュー

デビュー作『屍人荘の殺人』で、「特殊設定ミステリー」ブームを巻き起こした今村昌弘さん。特殊設定ミステリーにおけるホワイダニットの重要性とは。

(取材・文=野本由起 撮影=川口宗道)

 現実世界とは異なる特殊な状況下におけるミステリー、通称「特殊設定ミステリー」の勢いが止まらない。このブームを加速させたのが、『屍人荘の殺人』をはじめとする「剣崎比留子」シリーズ。最新作『兇人邸の殺人』では、首斬り殺人鬼が徘徊するテーマパーク内の建物「兇人邸」を舞台に、連続殺人事件と館からの脱出劇が描かれる。 「このシリーズでは、各作品を通していくつかやりたいことがあるんです。そのひとつが、比留子たちが追う謎の組織“班目機関”にまつわるオカルト的なガジェットを出すこと。警察が介入できないクローズドサークルで事件を起こすというのも、この3作で共通してやりたいことでした。そのうえで、今回はこれまでとは違うクローズドサークルに挑戦しています。物理的には人が入ってこられるけれど、中に閉じ込められた人々が出ようとしない。そんないびつなクローズドサークルに、首斬り殺人鬼という脅威を…

全文を読む

「今村昌弘」のおすすめ記事をもっと見る

「今村昌弘」の本・小説

ネメシス1 (講談社タイガ)

ネメシス1 (講談社タイガ)

作家
今村昌弘
出版社
講談社
発売日
2021-03-12
ISBN
9784065228258
作品情報を見る

「今村昌弘」人気の作品ランキングをもっと見る

「今村昌弘」の関連画像・写真

「今村昌弘」の関連画像・写真をもっと見る