読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

山中伸弥

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
やまなか・しんや

「山中伸弥」のおすすめ記事・レビュー

『友情』平尾誠二と山中伸弥の知られざる絆。共に癌と闘った大親友と家族の物語

『友情』平尾誠二と山中伸弥の知られざる絆。共に癌と闘った大親友と家族の物語

『友情~平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』(山中伸弥 平尾誠二・惠子/講談社)  選手・監督として日本のラグビー界を牽引したミスター・ラグビーこと故・平尾誠二氏と、iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏は唯一無二の大親友だったということをご存じだろうか。肝内胆管癌であることを公表せずに気丈に振る舞い続けた平尾氏と、多忙なスケジュールの中、彼の闘病を全力で支え続けた山中氏との知られざる友情秘話が『友情~平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」』(山中伸弥 平尾誠二・惠子/講談社)で初めて明かされた。両氏がラグビーボールを一緒に持ったツーショットの表紙がとても格好よく穏やかで、二人の関係の深さが伝わってくる。

■大人になってから出会ったかけがえのない友

 それぞれ全く異なる分野で日本を代表する著名人である平尾誠二・山中伸弥両氏は、実は同学年で、2010年9月30日に『週刊現代』の対談で初めて顔を合わせる。息がぴったりと合った二人は急速に仲良くなり、やがて親友と呼べる関係になった。何度も酒を酌み交わし、ゴルフに出掛け、家族ぐるみで食事を…

全文を読む

細胞のミラクルワールドを巡る2年半の旅。その詳細を伝える渾身のドキュメンタリー

細胞のミラクルワールドを巡る2年半の旅。その詳細を伝える渾身のドキュメンタリー

1989年に放送された「驚異の小宇宙 人体」で日本に「人体ブーム」を巻き起こしたNHKスペシャルに、久しぶりに人体にフォーカスした番組「人体 ミクロの大冒険」が登場。番組制作の指揮官にして、番組書籍、ビジュアル・ブックの著者でもある高間大介プロデューサーに、細胞ワールドを巡る旅を終えての発見や感想、著書の読みどころなどを語ってもらった。

なぜいま“細胞”なのか

高間大介 NHK大型企画開発エグゼクティブ・プロデューサー。1984年日本放送協会入局、岡山放送局、科学・環境番組部等を経て、現職。主な担当番組にNHKスペシャル「ヒューマン」「私のなかの他人」「海・知られざる世界」「地球大進化46億年・人類への旅」「恐竜vsほ乳類1億5千万年の戦い」「女と男 最新科学が読み解く性」などがある。

3月29日からの番組オンエアーに合わせ、『人体 ミクロの大冒険 60兆の細胞が紡ぐ人生』(角川書店)が書店に並んだ。著者名は「NHKスペシャル取材班」となっているが、事実上の主筆は、NHK大型企画開発センター エグゼクティブ・プロデューサーの高間大介さんだ。

「今回…

全文を読む

「山中伸弥」のおすすめ記事をもっと見る

「山中伸弥」のレビュー・書評をもっと見る

「山中伸弥」の本・小説

人間の未来 AIの未来

人間の未来 AIの未来

作家
山中伸弥
羽生善治
出版社
講談社
発売日
2018-02-09
ISBN
9784062209724
作品情報を見る

「山中伸弥」人気の作品ランキングをもっと見る

「山中伸弥」の関連画像・写真

「山中伸弥」の関連画像・写真をもっと見る