読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七海ひろき

七海ひろき 写真:TOWA
職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ななみ・ひろき

プロフィール

最終更新 : 2022-04-07

茨城県生まれ。2003年、宝塚歌劇団に入団。宙組配属後、星組へ組替え、男役スターとして活躍。2019年退団後は俳優、声優、歌手など多方面で活動。出演作に舞台『Color of Theater「ROSSO」』『フランケンシュタイン-cry for the moon-』、アニメ『かげきしょうじょ!!』など。

「七海ひろき」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

七海ひろきさんが選んだ1冊は『チ。』――「何かを伝えようとする人間の情熱。その力に強い憧れを抱きました」

七海ひろきさんが選んだ1冊は『チ。』――「何かを伝えようとする人間の情熱。その力に強い憧れを抱きました」

 毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、七海ひろきさん。 (取材・文=河村道子 写真=TOWA)

「『チ。』最終回まで、残り9話です」。2月1日、ツイッター上で著者が告げた物語の完結。中世ヨーロッパの異端審問を背景に命懸けで地動説を証明しようとした人々のストーリー、そのフィナーレを、七海さんは今、固唾を飲みつつ見守っているという。 「主人公がどんどん変わっていくところに面白さを感じました。第1集を読み始めたときは、異端思想の真ん中にある真理を知ったことで、“チョレ〜”と感じていた世界への意識を変えていく少年が“この物語の主人公なんだ”と思っていた。未知なるものへの彼の探求心、自分が正しいと思うことを追求していく姿は、すごく素敵でかっこよくて。でも突然、彼は物語の舞台からいなくなる。みずからの“チ”を誰かに託し、それが新たな主人公たちへと受け継がれていったとき、魚豊さんが描こうとしたものに思いが巡りました」  時を越え、無意識に連帯していく知性と信…

全文を読む

「七海ひろき」のおすすめ記事をもっと見る

「七海ひろき」の本・小説

恋って何ですか?: 27人がすすめる恋と愛の本 (14歳の世渡り術)

恋って何ですか?: 27人がすすめる恋と愛の本 (14歳の世渡り術)

作家
蒼井ブルー
彩吹真央
新井見枝香
井上芳雄
上野千鶴子
宇垣美里
榎田ユウリ
岡本裕一朗
尾上右近
金原瑞人
木皿泉
北村薫
小池昌代
澤田瞳子
サンキュータツオ
死後くん
清水亮
高殿円
竹輪大学大学院言語学研究室
トミヤマユキコ
長沼毅
七海ひろき
藤井直敬
三浦 直之
皆川博子
宮澤伊織
山田ルイ53世
河出書房新社
出版社
河出書房新社
発売日
2019-11-26
ISBN
9784309617183
作品情報を見る

「七海ひろき」人気の作品ランキングをもっと見る

「七海ひろき」の関連画像・写真

「七海ひろき」の関連画像・写真をもっと見る