読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

赤坂アカ

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
あかさか・あか

「赤坂アカ」のおすすめ記事・レビュー

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』かぐやの窮地に駆けつけた人物が話題! ついさっきまで「ベヤング」食べてなかった?/ヤングジャンプ18特大号

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』かぐやの窮地に駆けつけた人物が話題! ついさっきまで「ベヤング」食べてなかった?/ヤングジャンプ18特大号

『週刊ヤングジャンプ』18特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月31日(木)発売の『週刊ヤングジャンプ』18特大号では、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第248話が掲載された。四宮かぐやの窮地を救った“ある人物”の登場に、読者から「お前ついさっきまでベヤング食べてただろwww」「何でベヤングパーティーしてた奴が京都にいるんだよ(笑)」とツッコミの声が相次いだ。

 早坂愛が仕掛けた騒ぎに乗じて、遺言の隠し場所である秘密の小屋に辿り着いたかぐや。そのまま父・雁庵の遺言を手に入れるものの、同じく遺言を狙う長男・黄光たちが小屋の外で待ち構えていた。  “子供は大人のいう事を黙って聞け!!”と迫る黄光にかぐやは反論するが、男性主義の彼にはまるで話が通じない。やがて痺れを切らせた黄光が無理やり遺言状を奪い取ろうとするも、その時彼の腕を掴んでかぐやのピンチを救ってくれたのが生徒会会計・石上優であった。  ただ石上といえば第244話の時点で、会長たちとともに秀知院学園の一室で「ベヤング」…

全文を読む

【最新号レポ】『【推しの子】』「アクアのエスコート能力がハンパないwww」アクア&かなのデート回に読者大興奮/ヤングジャンプ14号

【最新号レポ】『【推しの子】』「アクアのエスコート能力がハンパないwww」アクア&かなのデート回に読者大興奮/ヤングジャンプ14号

『週刊ヤングジャンプ』14号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月3日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』14号。『【推しの子】』第73話では星野アクアと有馬かなのデート回が展開され、「アクアのエスコート能力がハンパないwww」と大きな話題になっていた。

 宮崎旅行の準備のため、アクアの買い物に一緒に付き添うことになったかな。服装選びに迷い遅刻してしまった彼女は、そのお詫びとして喫茶店代を払おうとするのだが――。ここから元アラサー医師である(アラサー医師の転生した先が星野アクア)、アクアのエスコート能力が炸裂していく。  というのもかながお金を払おうとしたその時、後ろからSUIKAで支払いを済ませるアクア。この時点で彼女の心は「突然お支払い盗まれた~っ」と鷲掴みにされていたのだが、アクアのエスコートはこれだけに留まらない。  キャリーケースを購入した際には「キャリーケースの上 乗っけるからよこせ」とさりげなく彼女の荷物を持ち、その後も「用事も終わったし解散するか」と言いながらじつは人気の料理…

全文を読む

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「いや早坂家カッコよすぎるだろ」信念を貫き通す早坂家にときめき不可避/ヤングジャンプ14号

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「いや早坂家カッコよすぎるだろ」信念を貫き通す早坂家にときめき不可避/ヤングジャンプ14号

『週刊ヤングジャンプ』14号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年3月3日(木)発売の『週刊ヤングジャンプ』14号では、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第245話を掲載。四宮家に仕える“早坂家”が大活躍する展開となり、「いや早坂家カッコよすぎるだろwww」「早坂家しか勝たん」と読者たちは大興奮だったようだ。

 四宮家総帥・雁庵の遺書を手に入れるべく、本邸へと向かった早坂愛と藤原千花。その道中で四宮家長男・黄光に仕える男たちに捕まりそうになるのだが、そんな2人のピンチを救ってくれたのは愛の母親であった。  いっぽう雁庵の居室では、黄光が遺書の入った金庫を捜索していた。どうやら雁庵の病室に盗聴器を仕掛けていたようで、白銀御行と雁庵の会話から金庫の存在を知ったらしい。  このまま遺書が見つからなければ、法定相続分は等分か話し合いによる遺産分割となる。それだけは絶対に避けたい黄光は、「長年オヤジの秘書を務めてたお前なら…!」「(金庫があると思われる)かぐやの母と逢い引きしてた小屋の場所知っ…

全文を読む

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「まさかすぎてお腹痛いwww」ついに白銀御行とかぐやの父・四宮雁庵が対峙するも…?/ヤングジャンプ11特大号

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「まさかすぎてお腹痛いwww」ついに白銀御行とかぐやの父・四宮雁庵が対峙するも…?/ヤングジャンプ11特大号

『週刊ヤングジャンプ』11特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年2月10日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』11特大号。『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第243話では、ついに白銀御行と四宮雁庵が対峙する展開に。物語冒頭から緊迫した雰囲気が漂う中、なぜかSNS上には「まさかすぎてお腹痛いwww」などと笑いが起こったようだ。

 そもそも雁庵(がんあん)とは、四宮かぐやの父にして四宮家総帥。今は入院生活を余儀なくされているが、すでに延命治療はやめているという。「そんな老人に何の用だ 小僧」と雁庵が尋ねると、御行は「貴方にしか出来ない事がまだ残っています」と切り出し、そして――。「お父さん 娘さんを僕にください」と申し出るのだった。  この展開はさすがの雁庵も予期していなかったのか、「………マジかよ」と唖然。容赦なく婚姻届へサインを求める御行に対し、雁庵は「心の準備が出来てない段階の婚姻届はもはや凶器だろう」と恐怖を感じていた。  しかも御行とかぐやはすでに破局した仲。事情を知…

全文を読む

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「まさにリアルかぐや姫」四宮かぐやの母・名夜竹の素性が明らかに!?/ヤングジャンプ10号

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「まさにリアルかぐや姫」四宮かぐやの母・名夜竹の素性が明らかに!?/ヤングジャンプ10号

『週刊ヤングジャンプ』10号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年2月3日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』10号。『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第242話では四宮かぐやの母親・名夜竹(なよたけ)の素性が少しだけ明らかになり、「まさにリアルかぐや姫」と注目を集めた。

 ついにかぐや奪還作戦を決行した生徒会メンバーたち。まずは彼女の父・雁庵に接触しようと白銀御行が入院先を訪れるのだが、病室の前には四宮家のお抱え医師である田沼の姿が。そして彼は「一つ 昔話をしよう」と切り出し、名夜竹について語り始めた。  田沼曰く、名夜竹は“夜職の子”だった。その人気ぶりから、一晩酒を注いでもらうだけで100万は軽く飛ぶ、「本物のVIP嬢」だったという。  とにかく男性の目を引く美貌を持ちながら教養も兼ね備え、優しい女性だったという名夜竹。雁庵もそんな彼女に魅了された1人なのだが、華やかな世界の一方で、名夜竹は先天的な心臓病を患っていた。  やがて療養のために1度帰省するも、次に雁庵の前に現れ…

全文を読む

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「もはや眞妃ちゃんしか勝たん」四条家の令嬢・四条眞妃がいい子すぎると話題/ヤングジャンプ9特大号

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「もはや眞妃ちゃんしか勝たん」四条家の令嬢・四条眞妃がいい子すぎると話題/ヤングジャンプ9特大号

『週刊ヤングジャンプ』9特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年1月27日(木)の『週刊ヤングジャンプ』9特大号では、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第241話を掲載。作中の登場人物・四条眞妃が“かぐや奪還作戦”に力を貸す理由が明らかになり、「眞妃ちゃんがええ子すぎる!」と大きな話題になったようだ。

 四宮家のお家騒動の渦中で、かぐやから一方的な別れを告げられた白銀御行。だが彼は手切れ金10億円を軍資金として、生徒会メンバーたちと“かぐや奪還作戦”を企て始める。そんな彼らのもとに四条家の令嬢である眞妃がやって来て、前話は幕を下ろしたのだが――。  そもそも今回のお家騒動は、四宮家の分家にあたる四条家との対立によるもの。つまり眞妃にとってかぐやは対立中の敵であるにも関わらず、なぜか彼女は奪還作戦に加担しようと話を持ちかけてきたのだ。  その理由についてはじめこそ“今回の抗争は四条家としてもデメリットが多い”“両者共倒れだけは避けなきゃいけない”などと毅然と語っていたものの、本心は…

全文を読む

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「藤原書記が有能… だと!?」ゆるふわ生徒会書記・藤原千花が頼もしすぎると話題に/ヤングジャンプ8特大号

【最新号レポ】『かぐや様は告らせたい』「藤原書記が有能… だと!?」ゆるふわ生徒会書記・藤原千花が頼もしすぎると話題に/ヤングジャンプ8特大号

『週刊ヤングジャンプ』8特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2022年1月20日(木)の『週刊ヤングジャンプ』8特大号では、『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』第240話を掲載。ゆるふわ生徒会書記・藤原千花の有能な一面が垣間見え、「カッコよすぎる」「なんて頼もしい!」と読者たちがざわついたようだ。

 四宮家のお家騒動の渦中で、かぐやに一方的な別れを告げられた白銀御行。手切れ金として四宮家から10億円を受け取るも、白銀はそれを軍資金に使ってかぐやを奪い返そうと目論んでいた。  迎えた今回のエピソードでは、石上優たち生徒会メンバーと一緒にかぐや奪還計画を企てる展開に。それぞれが各々の意見を出し合う中、「もっと簡単な方法がありますよ」「かぐやさんを四宮家のトップに据えちゃえば良いんです」と主張したのが“藤原書記”であった。  とはいえ現在かぐやの四宮グループ継承順位は4番目。年齢的にもかなり難しい話だが、藤原は「でもかぐやさんを守ってくれる人が総裁の座に就けば いずれそういう話も有り得ます」…

全文を読む

【最新号レポ】『【推しの子】』「めちゃめちゃいい表情してる」アクアが舞台『東京ブレイド』で迫真の演技を披露!/ヤングジャンプ2特大号

【最新号レポ】『【推しの子】』「めちゃめちゃいい表情してる」アクアが舞台『東京ブレイド』で迫真の演技を披露!/ヤングジャンプ2特大号

『週刊ヤングジャンプ』2特大号(集英社)

※この記事は最新号の内容を含みます。ご了承の上お読みください。  2021年12月9日(木)に発売された『週刊ヤングジャンプ』2特大号。『【推しの子】』第65話ではアクアが迫真の演技を披露し、「課題だった“感情演技”を見事にこなしてる!」などのコメントが相次いだ。

 2.5次元舞台『東京ブレイド』で“感情演技”をするために、自身が持つ“負の感情”をさらけ出すアクア。“アイの死”によって生み出された「怒りや悲しみ」を利用して、“刀鬼役”を演じていく。  その後『東京ブレイド』では瀕死状態の「鞘姫」が復活を遂げる展開に。鞘姫と親しい間柄である刀鬼(アクア)は、鞘姫が目を覚ました瞬間に“強い喜び”を表現しなければいけないのだが――。  もともとアクアは感情を表に出す演技が苦手なため、頭の中で“死んだはずのアイが生き返る”という出来事をイメージ。そして“鞘姫の復活”と“アイの復活”を重ね合わせることで、リアルな感情を“刀鬼”にも反映させる。脳内では号泣しながら“生き返ったアイ”に抱きついており、舞台上でも鞘姫に対し…

全文を読む

「赤坂アカ」のおすすめ記事をもっと見る

「赤坂アカ」のレビュー・書評をもっと見る

「赤坂アカ」の本・マンガ

かぐや様は告らせたい 2 同人版 (ヤングジャンプコミックス)

かぐや様は告らせたい 2 同人版 (ヤングジャンプコミックス)

作家
茶菓山しん太
赤坂アカ
出版社
集英社
発売日
2019-03-19
ISBN
9784088912325
作品情報を見る

「赤坂アカ」人気の作品ランキングをもっと見る

「赤坂アカ」の関連画像・写真

「赤坂アカ」の関連画像・写真をもっと見る