読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大久保篤

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
おおくぼ・あつし

「大久保篤」のおすすめ記事・レビュー

死神のおじさんも結局サラリーマン!? 灰島重工・大黒部長と黒野のやりとりが世知辛い…/マガジン42号『炎炎ノ消防隊』

死神のおじさんも結局サラリーマン!? 灰島重工・大黒部長と黒野のやりとりが世知辛い…/マガジン42号『炎炎ノ消防隊』

『週刊少年マガジン』42号(講談社)

 2020年9月16日(水)発売の『週刊少年マガジン』42号では、『炎炎ノ消防隊』第235話を掲載。灰島重工の大黒部長とその部下・黒野のやりとりに、読者から「なんか世知辛い…」といった声が上がっている。

 前話では柱を壊そうとした第2特殊消防隊のグスタフ本田があっけなく撃沈。第2特殊消防隊とともに現場を取り仕切っていた灰島重工も、柱を壊すために動き出す。  現場には灰島史上最速で幹部にのし上がったエリート・大黒部長と、その部下で「死神」の異名を持つ黒野の姿が。「撤退しましょう」という黒野の進言を、大黒は「お前の意見など興味ない なんとかしろと言っている」とばっさり切り捨てるのだった。  灰島では子供を痛めつけることで、力に目覚めさせるという実験に加担していた黒野。大黒の理不尽な命令に黒野は、「施設で子供と遊ぶのと化け物退治が同じ給料っておかしくないですか?」とぼやいてみせる。そんな黒野に大黒は、「それがサラリーマンってやつだ!!」と言い返していた。  2人のやりとりには読者からも、「上司からのこの無茶振り、俺も…

全文を読む

「カッコつけてからの『カン』は悲しすぎてヤバい」マガジン41号『炎炎ノ消防隊』、グスタフ本田の“不発っぷり”に読者大爆笑

「カッコつけてからの『カン』は悲しすぎてヤバい」マガジン41号『炎炎ノ消防隊』、グスタフ本田の“不発っぷり”に読者大爆笑

『週刊少年マガジン』41号(講談社)

 2020年9月9日(水)発売の『週刊少年マガジン』41号では、『炎炎ノ消防隊』第234話が掲載。敵へと立ち向かったグスタフ本田の姿に、読者から「本田弾の不発っぷりに笑った」「せっかくいいこと言ったのにwww」といった反響が相次いでいる。

 同話では、ついに8本目の柱が多摩湾沖に出現。現場は第2特殊消防隊の大隊長・グスタフ本田率いる一団と、灰島重工が取り仕切っていた。  高い塔に歯車型の巨大な物体、そしてにやりと笑う三日月という異様な光景に気圧される人々。そんな中最後の柱を倒すために、グスタフは“カタパルト(射出機)”を用意させる。  巨大な大砲のような形のカタパルトに入り、いわゆる“人間大砲”状態になるグスタフ。真っすぐ前を見つめ、「朝目覚め 窓を開け 太陽の陽を体に浴びる」「仕事に行き 職務を全うし 家族の待つ家に帰る!!」「そして毎夜思うのだ!! いい1日であったと!!」「そんな1日は明日もこれからも続かねばならない!!」と啖呵を切ってみせるのだった。  禿げた頭頂部をまっすぐ突き出し、勢いよく飛び出した…

全文を読む

悪魔と呼ばれた少年の秘密がついに…! シンラの正体に読者驚愕/マガジン40号『炎炎ノ消防隊』

悪魔と呼ばれた少年の秘密がついに…! シンラの正体に読者驚愕/マガジン40号『炎炎ノ消防隊』

『週刊少年マガジン』40号(講談社)

 2020年9月2日(水)発売の『週刊少年マガジン』40号では、『炎炎ノ消防隊』第233話が掲載。主人公・シンラについてのある“事実”が明かされ、読者から「すごいことがわかってしまったぞ…!」と驚きの声が上がっていた。  前話では、シンラが“処女受胎”で生まれてきた子どもだと判明。さらにシンラの弟・ショウも、シンラと同じく処女受胎によって生まれていた。  “大災害”が起こる前の世界には、処女受胎で生まれた人物が救世主になるという伝説が存在。シンラたちが生きているのは“過去の人類のイメージが関与している世界”のため、ショウはシンラについて「過去の大災害前の人類が思い描いた救世主像が投影された人間」ではないかと推測する。  シンラはヒーローに憧れながらも、幼少期に起きた事件が原因で“悪魔”と呼ばれていた少年。そんなシンラが“本物の救世主(ヒーロー)”だと判明した同話に、読者は「まっすぐにヒーローを目指してきたシンラがガチでヒーローだったこの展開は泣いてしまう」「めちゃくちゃ胸アツ回じゃん」と大興奮だったようだ。 …

全文を読む

もはやチート級… マガジン34号『炎炎ノ消防隊』、火鉢との一騎打ちで見せた紅丸の強さが半端ない!

もはやチート級… マガジン34号『炎炎ノ消防隊』、火鉢との一騎打ちで見せた紅丸の強さが半端ない!

『週刊少年マガジン』34号(講談社)

 2020年7月22日(水)に発売された『週刊少年マガジン』34号。『炎炎ノ消防隊』第228話では火鉢VS紅丸による一騎打ちが描かれ、読者から「さすが最強の消防官…」「思わず鳥肌立った」など興奮の声が上がっている。

 先代・火鉢の“鬼”を相手に、全く引けを取らない紅丸。“紅丸”といえば荒くれ者揃いの浅草を束ねる第7特殊消防隊の頭であり、“最強の消防官”と称されている人物だ。  両者1歩も譲らない上空戦が繰り広げられる中、火鉢が仕掛けたのは“四ノ型 赤日”。その強烈な衝撃波と熱は海面さえも抉り取り、この光景を目の当たりにしていた紺炉も思わず「とんでもねェ…」「先代の炎の前では何も残らねェ」と唖然とする。  だがすぐさま平静を取り戻し、「だけど先代もわかってんだ」「アイツァ 炎の申し子“加具土命(カグツチ)”よ」と上空を見つめる紺炉。彼の視線の先には、あれだけの炎を受けても物ともしない紅丸が立っていた。  これには読者も大興奮のようで、ネット上には「紅丸がチート級に強すぎて思わず笑う」「半端ないエネルギー砲も通用し…

全文を読む

「これは精神的にキツいな…」言葉を話す“焔ビト”の出現に読者もショック!/マガジン28号『炎炎ノ消防隊』

「これは精神的にキツいな…」言葉を話す“焔ビト”の出現に読者もショック!/マガジン28号『炎炎ノ消防隊』

『週刊少年マガジン』28号(講談社)

 2020年6月10日(水)に発売された『週刊少年マガジン』28号。『炎炎ノ消防隊』第222話では言葉を話す“焔ビト”が現れ、読者から「これは精神的にキツいな…」と反響が巻き起こった。  バーンズ大隊長を失った第1特殊消防隊。新たな大隊長に任命されたフォイェンは、焔ビトの出現増加に危機感を高めているようだ。「バーンズ大隊長を失っても第1は変わってはいけません」と隊員たちに訴えるフォイェン。その矢先、第1特殊消防教会の出動警鐘が鳴り響いた。  街に現れた焔ビトは、「タス… ケテ…」「死ニタク… ナイ…」と言葉を話すタイプ。かつて焔ビト化した宮本以来の出現で、現地に赴いたフォイェンたちも驚きを隠せない。彼らを炎の苦しみから一刻も早く解放しなければならないが、フォイェンは「言葉というものがここまで躊躇させるものとは…」と鎮魂に戸惑ってしまう。  とはいえコニャンゴが焔ビトの攻撃を受けそうになり、フォイェンの「灯籠拳」が窮地を救った。残る焔ビトは2人ながら、「殺サナイデ…」という悲痛な声が。「ドウシテカンタンニ殺スノ…

全文を読む

「こんな大事なものプレゼントしちゃっていいの!?」『マガジン』31号、『炎炎ノ消防隊』表紙&巻頭カラー&プレゼント企画にファン大興奮!

「こんな大事なものプレゼントしちゃっていいの!?」『マガジン』31号、『炎炎ノ消防隊』表紙&巻頭カラー&プレゼント企画にファン大興奮!

『週刊少年マガジン』31号(講談社)

 2019年7月3日(水)発売の『週刊少年マガジン』31号では、表紙&巻頭カラーに『炎炎ノ消防隊』が登場。アニメの放送開始を記念した特集ページも登場し、「これはテンション上がる!」「表紙も扉絵も超カッコイイ」と歓喜の声が続出している。

 大久保篤が手がける同作は、人体発火現象から生まれた“焔ビト”(※焔は正しくは旧字体)と戦う特殊消防隊を描いた物語。今回は主人公の森羅とアーサー、環の3人が表紙を飾った。巻頭カラーの扉絵では、第8特殊消防隊が大集合。「FIRE FORCE 8 TOKYO」と書かれたエンブレムが印象的なイラストになっている。

 巻頭ページでは、2019年7月5日(金)スタートのアニメ情報に加えてアーティストインタビューやキャスト座談会、プレゼントコーナーなどの企画が。アーティストインタビューにはOP担当の「Mrs.GREEN APPLE」とED担当の須田景凪が登場し、作品の印象や楽曲に込めた思いなどを語った。

 キャスト座談会に集まったのは、森羅役の梶原岳人、環役の悠木碧、アーサー役の小林裕介、桜備役…

全文を読む

「全人類に見てほしい」 アニメ「炎炎ノ消防隊」本PV&主題歌解禁にファン大興奮!

「全人類に見てほしい」 アニメ「炎炎ノ消防隊」本PV&主題歌解禁にファン大興奮!

 大久保篤の漫画を原作としたアニメ「炎炎ノ消防隊」の本PVが解禁された。迫力満点のアクションシーンや主題歌なども公開され、「炎炎とミセスのコラボとか嬉しすぎる」「まさに煉獄。カッコいいとしか言いようがない」とファンから歓喜の声が上がっている。

『週刊少年マガジン』で連載中の同作は、特殊消防隊を描いたダークバトルファンタジー。今から約200年ほど前、突如発生した炎の大災害によって地球は火の海に包まれた。同時に世界中で突然人が燃え出し、炎を操る怪物“焔ビト(※焔は正しくは旧字体)”となって暴れまわる「人体発火現象」が発生。そんな炎の恐怖に立ち向かうのが、主人公・森羅が所属する「特殊消防隊」だ。森羅は仲間たちと共に、焔ビトとの戦いに身を投じていく――。

 PVは声優・中井和哉演じる、第8特殊消防隊の大隊長・秋樽桜備のナレーションから始まる。その後森羅を始めとしたキャラクターたちが次々と登場し、後半には激しいバトルシーンが満載。戦闘シーンを盛り上げるのは、人気ロックバンド「Mrs. GREEN APPLE」のOPテーマ「インフェルノ」だ。

 PVを見たファン…

全文を読む

「セクシーすぎる」「どれも超カッコイイ!」瀬尾公治、真島ヒロらの『炎炎ノ消防隊』祝アニメ化イラストに大反響!

「セクシーすぎる」「どれも超カッコイイ!」瀬尾公治、真島ヒロらの『炎炎ノ消防隊』祝アニメ化イラストに大反響!

『週刊少年マガジン』51号(講談社)

 2018年11月21日(水)発売の『週刊少年マガジン』51号では、巻頭カラーに『炎炎ノ消防隊』が登場。アニメ化決定を記念した応援イラストも掲載され、「どのイラストも超カッコイイ!」と歓喜の声が続出している。

 大久保篤が手掛ける同作は、“焔ビト”と呼ばれる人体発火現象に立ち向かう少年・シンラの物語。“焔ビト”は元々何の変哲もない人間なのだが、突然発火し炎をまとう怪人に変身してしまう。シンラの所属する特殊消防隊は、そんな焔ビトを鎮めるための存在。シンラは特殊能力である炎のキックを生かし、焔ビトを生み出す“伝導者”たちに立ち向かっていく―。

 同号ではアニメ化記念企画として、人気作家による同作のカラーイラストを公開。『涼風』『風夏』の瀬尾公治、『FAIRY TAIL』の真島ヒロ、『夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~』のヤスダスズヒト、『Im~イム~』の森下真、『山田くんと7人の魔女』の吉河美希、そして『東京卍リベンジャーズ』の和久井健が、思い思いのキャラクターを自身のタッチで描いた。

 イラストを見たファンからは、「瀬…

全文を読む

「大久保篤」のおすすめ記事をもっと見る

「大久保篤」のレビュー・書評をもっと見る

「大久保篤」の本・マンガ

  • ランキング

炎炎ノ消防隊(31) (講談社コミックス)

炎炎ノ消防隊(31) (講談社コミックス)

作家
大久保篤
出版社
講談社
発売日
2021-10-15
ISBN
9784065251386
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊 ”柱”争奪戦 (講談社青い鳥文庫)

炎炎ノ消防隊 ”柱”争奪戦 (講談社青い鳥文庫)

作家
大久保篤
緑川聖司
出版社
講談社
発売日
2021-09-15
ISBN
9784065247297
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊(30) (講談社コミックス)

炎炎ノ消防隊(30) (講談社コミックス)

作家
大久保篤
出版社
講談社
発売日
2021-08-17
ISBN
9784065244883
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊(29) (講談社コミックス)

炎炎ノ消防隊(29) (講談社コミックス)

作家
大久保篤
出版社
講談社
発売日
2021-06-17
ISBN
9784065235775
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊 新たな火種 (講談社青い鳥文庫)

炎炎ノ消防隊 新たな火種 (講談社青い鳥文庫)

作家
大久保篤
緑川聖司
出版社
講談社
発売日
2021-06-16
ISBN
9784065235393
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊(28) (講談社コミックス)

炎炎ノ消防隊(28) (講談社コミックス)

作家
大久保篤
出版社
講談社
発売日
2021-04-16
ISBN
9784065228821
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊 地下の決戦 (講談社青い鳥文庫)

炎炎ノ消防隊 地下の決戦 (講談社青い鳥文庫)

作家
大久保篤
緑川聖司
出版社
講談社
発売日
2021-03-10
ISBN
9784065225110
作品情報を見る
炎炎ノ消防隊(27) (講談社コミックス)

炎炎ノ消防隊(27) (講談社コミックス)

作家
大久保篤
出版社
講談社
発売日
2021-02-17
ISBN
9784065221693
作品情報を見る

「大久保篤」人気の作品ランキングをもっと見る