読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大島てる

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
おおしまてる

「大島てる」のおすすめ記事・レビュー

「殺人鬼が集まるアパート」「首吊りマンション」事故物件を見抜くために読んでおきたい本3選

「殺人鬼が集まるアパート」「首吊りマンション」事故物件を見抜くために読んでおきたい本3選

 殺人、自殺、孤独死変死があった物件、いわゆる「事故物件」。あなたは見抜くことができるだろうか。不動産サイトにあふれかえる情報の中から、“ワケあり”をつかまされなくてすむように、事故物件についてまとめられた書籍から、物件選びのコツを学んでおこう。

『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(菅野久美子/彩図社)

  さまざまな事情で居住者が死亡した「事故物件」を、インターネット上で事故物件情報を公示するサイトを運営する大島てるが案内人となり、実際に訪ねている。また、本書では事故物件の法的な定義、不動産会社の扱い方や過去に貸主と借り手の間で問題が起こった際の判例などもまとめられているので、物件選びやトラブルに巻き込まれたときの参考になりそうだ。 【関連記事】ブラック大家との戦いはこれからも続くのです──事故物件を見抜く方法5つのポイント

『事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件』(主婦の友インフォス情報社/主婦の友社)

 事故物件を紹介するサイト「大島てる」が教える、事故物件や事故物件になりやすい家の見分け方。「殺人鬼が集ま…

全文を読む

東京都杉並区と横浜市青葉区、そこに住む「意識高い病」にかかった人々の共通点

東京都杉並区と横浜市青葉区、そこに住む「意識高い病」にかかった人々の共通点

杉並区民に面倒くさいひとが多い!?  個人的に、杉並に恨みはまったくない。住んだこともない。それどころか実は杉並区がどこからどこまでなのかも正確には把握していなかったくらいだ。しかし非常によく目にし、耳にするのだ。「杉並区民って、面倒くさいひとが多いよね」「あーはいはい、杉並偉いえらい」「さすが杉並、意識高いわw」。なぜそんなに杉並に対して陰口が叩かれてしまうのか、みんなそんなに杉並が憎いのか。 ・杉並区民って選民意識がにじむよね〜。(by 隣の練馬区民) ・左寄りの市民運動家が多い印象。保育所不足問題とか、住基ネット不参加運動とか、高速インター建設反対とか。 ・大手デベロッパーが杉並に建てるマンション広告の定型句によると、「緑に抱かれ」「文化芸術の薫り高き」エリアらしいです。 ・「文化人が多く住んでいるから街の文化度も民度も高い(ドヤ)」感を醸しがち。でもそう言うヤツに限ってフリーターに毛が生えたような……。 ・「荻窪〜高円寺〜阿佐ヶ谷の文化度は東京でも別格、キタナイ飲み屋さえも”わかってる人びとのための場所”」という風を吹かせるのはなぜ…

全文を読む

ブラック大家との戦いはこれからも続くのです──事故物件を見抜く方法5つのポイント

ブラック大家との戦いはこれからも続くのです──事故物件を見抜く方法5つのポイント

『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(菅野久美子/彩図社)

 この春、引越しも終えて心機一転、新生活をエンジョイ中の人も多いだろう。しかしちょっと待ってほしい。あなたのその物件、「ワケあり」じゃないと言い切れますか…? 読み終えると、ふと自分の住む物件のことが気になり始めてしまう本、それが『大島てるが案内人 事故物件めぐりをしてきました』(菅野久美子/彩図社)だ。

 本書でいう事故物件とは、自殺・他殺・病死・孤独死など、借主が室内で死亡したことで空室・空き家となった物件のこと。本書は、そんな事故物件に関する情報がギュッと詰まった「All About 事故物件」なのである。

 案内人の大島てるとは、インターネット上で事故物件情報を公示するサイト名かつ、運営会社名であり、代表者の個人名でもある。その事故物件専門家の大島氏からの情報やコメントが本書をサポートする。

20代大家の会主催「0円物件見学ツアー」に行ってみた

 第1章では、不幸が連鎖するワンルームマンションや事故物件に住んでみたライターの話など、10件の事故物件エピソードが紹介される。中…

全文を読む

事故物件サイト・大島てるが教える「ブラック物件」を見抜く方法

事故物件サイト・大島てるが教える「ブラック物件」を見抜く方法

『事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件』(主婦の友インフォス情報社/主婦の友社)

 春が近くなり引っ越しのシーズン。進学や就職などを控え、物件探しをしている人も多いのではないだろうか。しかし、気になるのは事故物件や、危険地帯にあるブラック物件。今住んでいる家の近くに引っ越すならまだしも、見知らぬ土地に引っ越したり、上京したりと、普段から親しみのない場所はわからないことばかり。

 そんな不安な気持ちを解消してくれるのが『事故物件サイト・大島てるの絶対に借りてはいけない物件』(主婦の友インフォス情報社/主婦の友社)だ。本書は事故物件を紹介するサイト「大島てる」協力のもと、事故物件や事故物件になりやすい家の見分け方を教えてくれる。

自然死は事故物件になるの?  サイトや情報誌で物件を探している時、事故物件の設備欄には「告知事項あり」と書かれている場合がある。それは宅建業法47条1項1号に定められた「告知義務」があるためだ。告知義務に該当するのは、自殺や殺人、火災による焼死などはもちろん、構造上の欠陥、土地の欠陥、近隣トラブルなども含まれる。し…

全文を読む

「大島てる」のおすすめ記事をもっと見る

「大島てる」のレビュー・書評をもっと見る

「大島てる」の本・小説

実録怪談 最恐事故物件 ( )

実録怪談 最恐事故物件 ( )

作家
北野誠
大島てる
村田らむ
住倉 カオス 他
出版社
竹書房
発売日
2021-05-28
ISBN
9784801926660
作品情報を見る

「大島てる」人気の作品ランキングをもっと見る

「大島てる」の関連画像・写真

「大島てる」の関連画像・写真をもっと見る