読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

滝沢秀明

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たきざわ・ひであき

「滝沢秀明」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

滝沢秀明「骨太の作品に華を添えられたら」 現役医師による小説『孤高のメス』シリーズがドラマ化

滝沢秀明「骨太の作品に華を添えられたら」 現役医師による小説『孤高のメス』シリーズがドラマ化

『孤高のメス 完結篇 命ある限り』(大鐘稔彦/幻冬舎)

 2019年からスタートするドラマ「連続ドラマW 孤高のメス」に、滝沢秀明が出演することが明らかに。初の外科医役に挑むとあって、「タッキーのドクター役なんて楽しみすぎる!」「難しそうな役だけど頑張って欲しい」と話題になっている。

 同作は、現役の医師でもある小説家・大鐘稔彦のシリーズが原作。大鐘は先駆的医療や医学界の歴史に残る執刀など6000以上もの手術を担当してきた経歴の持ち主で、現在は淡路島の診療所で地域医療と向き合っている。小説には大鐘の実体験も反映されており、シリーズ累計160万部を突破。2010年には、堤真一主演で映画化もされている。

 物語の舞台となるのは、臓器移植がタブー視されていた1980年代後半の地方民間病院。医療先進国アメリカで医学を学んだ主人公・当麻鉄彦は、「地方でも大学病院と同じレベルの治療が受けられるべき」という信念のもとあらゆる難手術に挑む。しかし日本初の臓器移植手術の話が持ち上がったとき、当麻は古い医療体制と対立することになってしまう―。

 「現役医師が書いてるから専…

全文を読む

この恋は不倫か純愛か――武井咲&滝沢秀明出演ドラマ『せいせいするほど、愛してる』にファン期待!

この恋は不倫か純愛か――武井咲&滝沢秀明出演ドラマ『せいせいするほど、愛してる』にファン期待!

 妻を持つ上司とOLの禁断の恋愛を描いた北川みゆきの人気漫画『せいせいするほど、愛してる』がドラマ化され、2016年7月から放送されることが決定した。武井咲、滝沢秀明といった豪華キャスティングも発表され、原作ファンは「うそ、めっちゃ好きなマンガ!! ドラマ化されるなんて最高!」「キャスト超豪華! 見るしかないじゃん!!」「早く見たくてウズウズするわ」と喜びに堪えないようす。

 2006年から2008年にかけて『プチコミック』にて連載されていた『せいせいするほど、愛してる』。化粧品会社の広報部で働く主人公・栗原未亜は恋人からプロポーズを受けるが、仕事を辞めてほしいという申し入れを受け入れることができず破局。しかし彼がストーカーと化し、会社に乗り込んでくる。そこを助けてくれたのが副社長である三好海里だった。それがきっかけで互いに好意を持つ2人だったが、三好には妻が。2人は禁断の愛へと踏み込んでいく――。

 リアルな自立した女性像を描いた同作に「未亜のバリバリ働く姿が素敵で、ついつい応援したくなっちゃう」「化粧品会社の実態とか人間模様がうかがえて面白い!…

全文を読む

【BOOK☆WALKER】『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念 半額キャンペーン実施中!(2/6まで)

【BOOK☆WALKER】『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念 半額キャンペーン実施中!(2/6まで)

 電子書籍ストアのBOOK☆WALKERでは、2月6日(木)までの期間限定で、『鼠、江戸を疾る』TVドラマ放送記念キャンペーンを実施する。<鼠>シリーズ全品が対象で半額になる。あわせてポイント3倍キャンペーンも実施しており、こちらは 14日(金)まで続く。

 『鼠、江戸を疾る』は、赤川次郎氏「初」の時代小説で、江戸時代に実在した窃盗犯・鼠小僧に、赤川氏が新解釈を加えた痛快エンタテインメント作品。鼠小僧こと「甘酒屋次郎吉」は、知る人ぞ知る遊び人だが、江戸の庶民の幸せを踏みにじる巨悪の横暴を許さんとし、妹で小太刀の達人「小袖」とともにさまざまな事件を解決していく。TVドラマでは、滝沢秀明が鼠小僧を演じる。

この機会に、『三毛猫ホームズ』や『三姉妹探偵団』など数多くの人気シリーズを手掛ける赤川氏の<鼠>シリーズを読破してみてはどうだろうか。

キャンペーン詳細 BOOK☆WALKER公式ページ

全文を読む

大人気小説『真夜中のパン屋さん』が滝沢秀明主演で実写ドラマ化!

大人気小説『真夜中のパン屋さん』が滝沢秀明主演で実写ドラマ化!

『真夜中のパン屋さん』(大沼紀子/ポプラ社)

 通称「まよパン」こと『真夜中のパン屋さん』のドラマ版がオンエア間近だ。午後11時から午前5時まで開店している不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」を舞台にした原作は、現在シリーズ3巻まで刊行されていて、累計90万部のベストセラーとなっている。

 『ダ・ヴィンチ』4月号ではこの飛ぶように売れている文庫シリーズを中心に、キーワード別に“真夜中”文庫を紹介している。

 ヒットの裏側について、版元であるポプラ社担当編集者の小泉直子さんはこう分析する。

「タイトルも含めて一見、ほのぼのとした軽い物語のように思えるのに、読むとへヴィなテーマがきちんと描かれている。そのギャップなのだと思います。ユニークなキャラクターたちによって、重みのあるテーマもすとんと心に入ってくるところが読者に受け入れられているのだと考えます。全国の書店員さんからの応援もヒットの裏側には欠かせません」

 真夜中とパン屋さん。この取り合わせは一見珍しい。登場する人物も一癖も二癖もある人ばかり。そんな物語をどうしてドラマ化しようと思ったのか、企画・演…

全文を読む

“やりたい仕事につけなかった”人におすすめのコミック『西洋骨董洋菓子店』

“やりたい仕事につけなかった”人におすすめのコミック『西洋骨董洋菓子店』

 就職難が叫ばれて久しい昨今。『ダ・ヴィンチ』11月号に“仕事”にまつわる興味深いアンケート結果が掲載されている。読者を対象に行われた「なりたかった仕事につけましたか?」という質問に対し、「はい」と答えた人はわずか8%。対して「いいえ」、つまり「第一志望の仕事に就くことはできなかった」人は68%。しかし読者コメントを覗いてみると、「いいえ」と答えた人の大半も、今の仕事を「やりがいがある」と感じているのだ。

 このアンケートは、マンガ家・よしながふみの特集に際して行われたものだ。2001年に滝沢秀明主演でドラマ化されたコミック『西洋骨董洋菓子店』は、洋菓子店に働く男たちの日常をユーモアたっぷりにミステリーの仕掛けを施しながら描かれた作品。実は同作には、“第一志望”の仕事を選べなかった男たちの“お仕事マンガ”という側面も存在する。

 ――本作の冒頭には2つの“選択”の場面が登場する。1つは網膜剥離と診断され、ボクサーを辞めざるを得なくなった神田エイジ。もう1つは若き日の芥川忠宏が、優秀な成績でキャリア官僚試験に合格しながら、あえて警察庁を選んだことが明…

全文を読む

「滝沢秀明」のおすすめ記事をもっと見る

「滝沢秀明」の本・小説

  • ランキング

TACKEY TRIP 30

TACKEY TRIP 30

作家
滝沢秀明
出版社
講談社
発売日
2013-03-29
ISBN
9784062183413
作品情報を見る
TACKEY TRIP 29

TACKEY TRIP 29

作家
滝沢秀明
出版社
講談社
発売日
2013-03-29
ISBN
9784062183406
作品情報を見る

「滝沢秀明」人気の作品ランキングをもっと見る

「滝沢秀明」の関連画像・写真

「滝沢秀明」の関連画像・写真をもっと見る