読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

池田理代子

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
いけだ・りよこ

「池田理代子」のおすすめ記事・レビュー

エレガンスの女王・木原敏江を総特集! 青池保子と萩尾望都のスペシャル鼎談も実現

エレガンスの女王・木原敏江を総特集! 青池保子と萩尾望都のスペシャル鼎談も実現

『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』(木原敏江/河出書房新社)

 漫画家・木原敏江の48年間の画業をまとめた『総特集 木原敏江 エレガンスの女王』が、2017年10月26日(木)に発売された。

 同書は、木原が手掛けてきた作品のカラーイラストを60点以上も収録した1冊。不朽の名作『摩利と新吾』『アンジェリク』『夢の碑』をはじめ、『天まであがれ!』、ロマンスシリーズなどの愛らしい初期作から、最新作『白妖の娘』までの美麗カラーイラストが収められている。

 他にも木原の2万字インタビューを掲載。生い立ちから漫画家デビュー、そして現在まで、表現者としての知られざる苦闘と想いを語っている。また「木原敏江×青池保子×萩尾望都」のスペシャル鼎談では、少女マンガ界を牽引してきたレジェンドであり、旧知の間柄でもある3人がお互いについて思う存分語り尽くす。

 さらに、超美麗カラーを完全再現した『封印雅歌』と『夢占舟』も特別収録。ほかにも、ヤマダトモコによる論考「『木原座』があるかぎり」、『別冊マーガレット』『週刊セブンティーン』などの掲載誌でたどる「木原敏江 主要作品…

全文を読む

池田理代子、末次由紀も支持する、歌劇音楽学校に通う少女の物語『かげきしょうじょ!!』4巻発売!

池田理代子、末次由紀も支持する、歌劇音楽学校に通う少女の物語『かげきしょうじょ!!』4巻発売!

 歌劇音楽学校に通う少女たちを描いた漫画『かげきしょうじょ!!』の4巻が2017年7月5日(水)に発売され、「みんなの可愛さが今までで一番!」「スピンオフも合わせて完全に星様の虜になった…!」と絶賛されている。

 同作は、“未婚の女性”のみで構成された「紅華歌劇団」の音楽学校に通う少女たちが、いつかステージに立つことを夢見てレッスンに励む日々を描いた物語だ。物語の中心となるのは、身長178センチ、天然な性格で問題の多い渡辺さらさと、人気アイドルグループの元メンバー・奈良田愛の2人。さらさと愛は同じ100期生である仲間たちと、衝突や協力を繰り返しながらトップスターを目指していく。

 女同士の厳しい芸能の世界を描いた作品だが、「ありがちなドロドロ感が無くて爽やか」「さらさが前向きで元気をもらえる!」といった内容に。漫画の中には『ベルサイユのばら』や『ガラスの仮面』などを思わせる小ネタも満載で、宝塚やミュージカル、演劇好きから特に注目を集めている。

 第4巻では、歌劇団の100周年運動会で奮闘するさらさのエピソードが描かれ、巻末には歌劇団のトップスター・里…

全文を読む

「池田理代子プロダクションの懐が深すぎる」話題のどん兵衛×『ベルばら』コラボ奮闘記

「池田理代子プロダクションの懐が深すぎる」話題のどん兵衛×『ベルばら』コラボ奮闘記

『ベルサイユのばら』13巻(池田理代子/集英社)

 カップ麺「どん兵衛」が『ベルサイユのばら』(以下、『ベルばら』)のコラボレーション企画として、「なぜこうなった? どん兵衛ベルばらコラボ奮闘記」を公開。広告代理店プランナーの視点で語られる企画進行の様子が「池田理代子プロダクションの懐が深すぎる」「オスカル様仕事選んでwww」と話題になっている。

 ブログ風に書かれたこの記事は、広告代理店のプランナーである「僕」が、どん兵衛担当者から「どん兵衛の素晴らしさを、ベルばらで表現してください」「企画はインパクト重視で、適当にバズらせてください」と依頼されるところから始まる。

 「僕」はどん兵衛と『ベルばら』という異色のコラボに困惑しつつも様々なアイデアを出し、オスカルをストレートヘアにしたり色合いをどん兵衛に合わせたデザインにしていく。ストレートヘアの時点で既に誰だか分からなくなっているのだが、『ベルばら』を扱う池田理代子プロダクションはすんなりOK。どん兵衛の和風だしを表現するために浮世絵風の顔に変更し、原型を留めない姿になってもやはりOKを出すという心の…

全文を読む

特別描き下ろし新作エピソードも!『ベルサイユのばら』連載45周年記念ファンブック発売

特別描き下ろし新作エピソードも!『ベルサイユのばら』連載45周年記念ファンブック発売

 不朽の名作『ベルサイユのばら』連載45周年を記念したファンブック『ベルサイユのばらぴあ』が2017年3月7日(火)に発売された。

 同書は新作描き下ろし漫画だけではなく、恋愛やファッション、作中の事件から作品世界の魅力を見る企画をはじめ、作者・池田理代子のインタビューも収録。漫画家・さいとうちほ、松田奈緒子のオマージュイラスト付きの『ベルばら』愛溢れるインタビュー等、全122ページの大ボリュームとなっている。

(C)池田理代子プロダクション

(C)池田理代子プロダクション

 『ベルばら』の世界を詳しく丁寧に解説している人物相関図、年表、地図などとともに、フランス王国とベルばらの歴史を照らし合わせれば、より世界観が深まりそう。恋愛、ファッション、事件にフィーチャーした企画も読みごたえ抜群だ。

(C)池田理代子プロダクション

(C)池田理代子プロダクション

 「ベルばらなりきりメイク」では、毎日のメイクにキャラクターのエッセンスを加えるだけで、あなたもオスカルになることができるほか、アントワネット、ロザリー、ジャンヌのメイク術も伝授。また「ベルばら大喜利…

全文を読む

『ベルばら』池田理代子の「デビュー50周年記念展」開催決定にファン大興奮「絶対に行きます!」

『ベルばら』池田理代子の「デビュー50周年記念展」開催決定にファン大興奮「絶対に行きます!」

(C)池田理代子プロダクション

 多くの女性たちを魅了し続ける不朽の名作『ベルサイユのばら』。その魅力と半世紀にわたる華麗なる創作の軌跡をたどる展示会「デビュー50周年記念展 池田理代子-『ベルばら』とともに-」が2017年3月8日(水)から3月20日(月)にかけて、東京・日本橋髙島屋で開催される。

 漫画家・池田理代子が2017年で作家生活50周年を迎えることを記念して開催される同展では、初期の社会派作品から『女帝エカテリーナ』などの歴史ロマン、音楽への思いあふれる『オルフェウスの窓』、そして40年ぶりの復活が話題を呼んだ『ベルサイユのばら』の新作「エピソード編」まで、初公開を含む貴重な原画や資料200点以上が展示される。

 1972年から1973年にかけて、革命期のフランスを舞台に王妃マリー・アントワネットや男装の麗人オスカル・フランソワらの運命を描いた『ベルサイユのばら』。世代を超えて読み継がれ、今なお続くブームを巻き起こした同作と池田の半生をたどる展示会に、ファンからは「私の人生と常に共にあったベルばらと池田理代子の展示会は何があっても必ず伺…

全文を読む

オスカルが土俵に登場! 「大相撲一月場所」に『ベルばら』オリジナル懸賞幕が登場

オスカルが土俵に登場! 「大相撲一月場所」に『ベルばら』オリジナル懸賞幕が登場

(C)池田理代子プロダクション/集英社 『ベルサイユのばら』13巻(池田理代子/集英社)

 2017年1月25日(水)に発売される『ベルサイユのばら』13巻。同巻が発売されることを記念して、1月8日(日)~22日(日)まで東京・両国国技館で開催されている「大相撲一月場所」の結びの一番(一日の終わりに行われる取組)に、『ベルサイユのばら』の人気キャラクター・オスカルが描かれた懸賞幕が登場することになった。

 『ベルサイユのばら』は、1972年より『週刊マーガレット』に連載された、18世紀後半のフランス革命を舞台に王妃マリー・アントワネットと、それに仕える男装の麗人・オスカルらの人生を、史実を交えて描いた歴史ロマン漫画。アニメ化や宝塚歌劇団によって舞台化され、その人気は社会現象に。

 時を経ても受け継がれる名作であり、2013年には本編連載終了から約40年の時を経て、物語のその後や知られざる過去を描く「エピソード編」として復活。そしてこの度、エピソード編3冊目となるコミックス『ベルサイユのばら』13巻が発売される。「オスカル編」「マリー・アントワネット編」…

全文を読む

私、僕、ワシ、拙者、わらわ…「役割語」っていったい何?

私、僕、ワシ、拙者、わらわ…「役割語」っていったい何?

『<役割語>小辞典』(金水敏:編/研究社)

古いマンガの話で恐縮だが、『エースをねらえ!』(山本鈴美香/ホーム社)をご存知だろうか? あの松岡修造氏が選手時代、世界を転戦するカバンに単行本全巻を入れ、コート上でも何度も読み返したというテニスマンガの金字塔だ。その登場人物に、結婚もしていないのに「お蝶夫人」と呼ばれる超高校級テニスプレーヤーの竜崎麗香という女性キャラクターがいるのだが、彼女は女子高生なのに自分のことを「あたくし」と称し、口調も「~じゃなくって?」、笑い声は「ホホホ」というハンパない上品さなのだ(実際にお嬢様という設定で、名前の漢字からもそう感じる)。「なんと高貴な言い回し!」と思わないだろうか? これが「役割語」と呼ばれるものだ。

役割語って、何?――そう思うのも無理はない。これは近年研究が始まったもので、今回紹介する『<役割語>小辞典』(金水敏:編/研究社)の著者である大阪大学教授の金水敏氏が提唱したものであり、本書は世界初の役割語に関する辞典なのだ。

ある特定の言葉遣い、例えば「私が行きます」「僕が行こう」「ワシがゆこうかの」「拙者が…

全文を読む

【ebookJapan】『ベルサイユのばら』『にがくてあまい』ほか少女マンガ1~3巻が100円!最大73%OFF!(6/5まで)

【ebookJapan】『ベルサイユのばら』『にがくてあまい』ほか少女マンガ1~3巻が100円!最大73%OFF!(6/5まで)

 国内最大級のマンガの電子書籍ストアeBookJapanは、少女マンガの1~3巻が期間限定で100円で読めるキャンペーンを実施中!

 『ベルサイユのばら』や『オルフェウスの窓』(ともに池田理代子)、『星の瞳のシルエット』(柊あおい)といった不朽の名作から、『僕と彼女の×××』(森永あい)、『にがくてあまい』(小林ユミヲ)、『むすんでひらいて』(水瀬マユ)など最近の作品がラインナップしている。最大で73%OFFになるこのキャンペーンをお見逃しなく!

詳しい作品情報はこちらのサイトで ⇒詳細ページ

全文を読む

「池田理代子」のおすすめ記事をもっと見る

「池田理代子」のレビュー・書評をもっと見る

「池田理代子」の本・マンガ

『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 (ベスト新書)

『ベルサイユのばら』で読み解くフランス革命 (ベスト新書)

作家
池田理代子
出版社
ベストセラーズ
発売日
2016-07-09
ISBN
9784584125236
作品情報を見る

「池田理代子」人気の作品ランキングをもっと見る

「池田理代子」の関連画像・写真

「池田理代子」の関連画像・写真をもっと見る