読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

竹内涼真

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たけうち・りょうま

ジャンル

「竹内涼真」のおすすめ記事・レビュー

まさかの黒幕…高視聴率を記録した『テセウスの船』最終回に「本当に余韻がすごいドラマだった」「文吾さんの表情に泣かされた」の声

まさかの黒幕…高視聴率を記録した『テセウスの船』最終回に「本当に余韻がすごいドラマだった」「文吾さんの表情に泣かされた」の声

『テセウスの船』1巻(東元俊哉/講談社)

 本格ミステリードラマ「テセウスの船」の最終回となる第10話が、2020年3月22日(日)に放送された。数々の謎が解き明かされるエンディングに、「怒涛の展開で面白かった。もっと観ていたかったなあ…」「本当に余韻がすごいドラマだった」と大きな反響が上がっている。

 同作は主人公・田村心(竹内涼真)が数十年前に父親が起こしたとされる連続毒殺事件の直前にタイムスリップし、その謎を解明していくというストーリー。第9話では父・佐野文吾(鈴木亮平)が犯人の策略にかかり、連続殺人の容疑で逮捕される展開が描かれていた。

 今回の放送では加藤みきお(柴崎楓雅)がこれまで行ってきた犯行の目的を告白した末、心の目の前で自害を図る。そしてボイスレコーダーに録音されたみきおの自白によって、文吾は無事釈放されることに。

 しかしその後、心は「皆殺しが嫌なら1人で来い」と記された文吾宛ての封筒を発見し、1人で音臼神社へと向かう。また心が残していった置手紙を読んだ文吾も、心を探すために駐在所を飛び出すのだった。

 山中を捜索している最中、田中正志…

全文を読む

最終回目前! 鈴木亮平を追い詰める真犯人の狙いとは? 『テセウスの船』9話に「絶対救われてほしい」の声!

最終回目前! 鈴木亮平を追い詰める真犯人の狙いとは? 『テセウスの船』9話に「絶対救われてほしい」の声!

『テセウスの船』1巻(東元俊哉/講談社)

 本格ミステリードラマ「テセウスの船」の第9話が、2020年3月15日(日)に放送された。真犯人の魔の手が佐野文吾(鈴木亮平)に迫る展開に、ネット上で「まったく犯人の予想がつかないし怖すぎる!」「文吾さんはなんでここまで恨まれてるんだろう…」「佐野家のみんなには絶対救われてほしい」と大きな反響が上がっている。

 同作は主人公・田村心(竹内涼真)が数十年前に父親が起こしたとされる連続毒殺事件の直前にタイムスリップし、その謎を解明していくというストーリー。前回放送のエピソードでは加藤みきお(柴崎楓雅)に呼び出された文吾が不意を突かれ、背後から何者かに気絶させられる展開が描かれていた。

 第9話では文吾が何者かによって監禁される一方、意識不明の重体となったみきおがパトカーの中で発見される。県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は連絡がとれなくなった文吾のことを疑い、殺人未遂容疑で家宅捜索を強行。佐野家にはマスコミが押しかけるが、文吾を信じる妻・和子(榮倉奈々)は記者たちを気丈な態度で追い返してみせる。

 そして事件の真相を突き…

全文を読む

黒幕は別にいた!? ドラマ『テセウスの船』第8話の衝撃展開に「もう登場人物全員が怪しく見えてきた」と大反響

黒幕は別にいた!? ドラマ『テセウスの船』第8話の衝撃展開に「もう登場人物全員が怪しく見えてきた」と大反響

『テセウスの船』1巻(東元俊哉/講談社)

 2020年3月8日(日)に放送された本格ミステリードラマ「テセウスの船」の第8話では、事件を裏で操る共犯者の存在が明らかに。予想もつかない展開に、ネット上では「黒幕は一体誰なの!?」「もう登場人物全員が怪しく見えてきた」といった声が上がっている。

 同作は主人公・田村心(竹内涼真)が数十年前に父親が起こしたとされる連続毒殺事件の直前にタイムスリップし、その謎を解明していくというストーリー。前回放送された第7話では、惨劇を食い止めようとする心と佐野文吾(鈴木亮平)が事件の犯人・加藤みきお(柴崎楓雅)と対峙する様が描かれていた。

 第8話では音臼小学校のお楽しみ会が開催されるなか、みきおが子どもたちの“はっと汁”に毒を盛ったはずだと疑う心たち。心は文吾と協力し、様々な手を尽くしてはっと汁を捨てさせようとするが、最終的には毒が入っていなかったことが判明する。

 その一方、村を出ようとしていた母・和子(榮倉奈々)と子どもたちが何者かに誘拐される事件が発生。和子たちは音臼小の体育館に監禁されているところを発見され、無事に…

全文を読む

ドラマ『テセウスの船』第7話、竹内涼真が“家族の絆”を想うシーンに感動の声「何度見返しても涙がずっと止まらない」

ドラマ『テセウスの船』第7話、竹内涼真が“家族の絆”を想うシーンに感動の声「何度見返しても涙がずっと止まらない」

『テセウスの船』1巻(東元俊哉/講談社)

 本格ミステリードラマ「テセウスの船」の第7話が、2020年3月1日(日)に放送された。家族の絆が描かれたシーンに「何度見返しても涙がずっと止まらない」「家系図を書くところでめっちゃ泣いてしまった……」と感動する視聴者が続出している。

 同作は主人公・田村心(竹内涼真)が数十年前に父親が起こしたとされる連続毒殺事件の直前にタイムスリップし、その謎を解明していくというストーリー。これまでの放送では心が過去と現代を行き来するなかで、事件の真犯人が父・佐野文吾(鈴木亮平)ではなく、当時小学生だった加藤みきお(安藤政信)だと判明していた。

 第7話では過去の世界に戻ってきた心が、文吾と協力してみきおを捕まえようとする展開に。しかしみきおは村から姿を消しており、殺人事件の舞台となった音臼小学校のお楽しみ会の開催日が迫ってくる。文吾は惨劇を防ぐために奔走するものの行動が空回りし、村人たちとの間に溝が生まれてしまう。

 さらに文吾は家族を守るため、お楽しみ会に参加せずに村から出ていくように命令するが、逆に妻の和子(榮倉奈々)や…

全文を読む

SNS上では“犯人探し”が白熱! 竹内涼真主演の本格クライムサスペンス『テセウスの船』が「なんて濃い1時間なんだ。毎回泣ける」と話題

SNS上では“犯人探し”が白熱! 竹内涼真主演の本格クライムサスペンス『テセウスの船』が「なんて濃い1時間なんだ。毎回泣ける」と話題

『テセウスの船』1巻(東元俊哉/講談社)

 『モーニング』連載の同名マンガを原作としたテレビドラマ「テセウスの船」が、2020年1月から放送スタート。謎が謎を呼ぶ“犯人探し”に、ネット上で「真犯人が誰なのか気になりすぎる!」「普段テレビみないのにドハマりしてしまった」と大きな反響が巻き起こっている。

 同作は時空を超えて繰り広げられる本格クライムサスペンス。主人公・田村心は数十年前に父親が起こしたとされる殺人事件のせいで、世間から後ろ指をさされながら生きていた。しかし心はとあるきっかけで、殺人事件が起きる直前の1989年にタイムスリップすることに。はたして父は本当に事件の犯人なのか? 心は事件の謎を解明し、過去を変えるために動き始める──。

 原作コミックは約2年にわたって連載された後、2019年6月に完結。作中では過去の事件をめぐって予想もつかない展開が繰り広げられ、最後まで読んだ人からは「結末が気になりすぎて、最終巻まで読みふけってしまった…」「一度読み始めたら止まらない。かなりの良作」という声が上がっていた。

 ドラマ版では「ひよっこ」や「下町ロ…

全文を読む

映画『センセイ君主』公開にあわせ、竹内涼真4作品一挙公開!

映画『センセイ君主』公開にあわせ、竹内涼真4作品一挙公開!

 引き締まった筋肉美を披露した『anan』(7月4日発売号)、オトナの色気を見せた写真集『Ryoma Takeuchi』(7月12日発売)など、発売されるやいなや話題を呼ぶ俳優・竹内涼真。ドラマ『過保護のカホコ』『陸王』『ブラックペアン』など、数々の人気作に出演してきた竹内の主演最新作は、映画『センセイ君主』。本作は、『ヒロイン失格』で知られる漫画家・幸田もも子原作の同名作品を実写映画化したもので、8月1日に公開されたばかり。  そこで日本映画専門チャンネルでは、『センセイ君主』公開を記念し、竹内の原点となる『仮面ライダードライブ』から、菅田将暉と共演した『帝一の國』と、スピンオフドラマ、甲子園を目指す野球部員を爽やかに好演した『青空エール』の4作品を一挙放送する。さらに、『青空エール』の本編前後には、竹内のゲストトークが放送される予定。いまや国民的俳優ともいえる竹内涼真は、何を想い何を語るのか、しっかり見届けよう。

【8.1『センセイ君主』公開記念 俳優・竹内涼真】 <放送作品> 8/11(土)午後4時より4作品一挙放送 『スーパーヒーロー大戦…

全文を読む

映画『センセイ君主』で主演を務めた竹内涼真が選んだ本は?

映画『センセイ君主』で主演を務めた竹内涼真が選んだ本は?

 

少女マンガを原作とした 映画のイメージを ちょっと壊してみたかった

 竹内さんが主演を務める映画『センセイ君主』。生徒である女子高生に恋の猛アタックを受ける“センセイ”という役どころ。少女マンガ作品をどう解釈したのだろうか。

「少女マンガを原作にした映画が今、多いので、“このマンガは、こういう感じに映像化されているのかな”というイメージが、どこか固まってきているように思えるんです。それをちょっと壊してみたかった。観た方が、〝あれ? この映画、いつもとちょっと違うかも?〞と感じていただけるように」 

 ヒロインとの距離感も熟考したという。 「全13巻ある原作の世界観を2時間弱で構築していくわけなので、二人の距離感は重要でした。原作は二人の距離感がとても近いんです。けれど映画作品では、いくら互いの気持ちが近づいてきても、最後まで〝先生と生徒〞という距離感を崩してはいけない、という答えを自分のなかで出し、それを貫いていきました」

  ■そんな竹内涼真さんの選んだ本は……

『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』 長谷部 …

全文を読む

竹内涼真が表紙の『ダ・ヴィンチ』2018年9月号【目次】

竹内涼真が表紙の『ダ・ヴィンチ』2018年9月号【目次】

●特集1 『おるちゅばんエビちゅ』『おいピータン!!』『やっちまったよ一戸建て!!』……。 等身大な私たちの悩みを笑いとばしてくれる稀有なマンガ家

デビュー30周年! 伊藤理佐大特集

◎伊藤理佐ロングインタビュー&描き下ろしマンガ ◎お祝いイラスト:安野モヨコ、西原理恵子、二ノ宮知子、弘兼憲史 ◎おいおいピータン!! 夏にぴったり簡単レシピ! ◎伊藤理佐全作品紹介 フィクション編&エッセイマンガ編 ◎担当編集座談会&あの家におじゃましてきました!! ◎[対談] 吉田戦車×伊藤理佐

●特集2 その生き様を知ると、 プロレスはもっとおもしろくなる

◎いま、プロレス界のこの物語に注目せよ [インタビュー]三田佐代子 ◎プロレスラーインタビュー ケニー・オメガ、鈴木みのる、髙橋ヒロム、葛西 純、鈴木秀樹、アジャ・コング、伊藤麻希 ◎私を魅了したプロレスラーたち 神尾葉子、上坂すみれ、瀬々敬久、小田 扉、倉持明日香、ミッツ・マングローブ、燃え殻 ◎描き下ろしマンガ『HIGHER AND HIGHER! 内藤哲也物語』 ◎映画『パパはわるものチャンピオン』公開!…

全文を読む

「竹内涼真」のおすすめ記事をもっと見る

「竹内涼真」のレビュー・書評をもっと見る

「竹内涼真」の本・小説

  • ランキング

竹内涼真写真集「Ryoma Takeuchi」

竹内涼真写真集「Ryoma Takeuchi」

作家
竹内涼真
出版社
マガジンハウス
発売日
2018-07-12
ISBN
9784838730094
作品情報を見る
竹内涼真写真集『1mm』

竹内涼真写真集『1mm』

作家
竹内涼真
出版社
集英社
発売日
2017-07-22
ISBN
9784087808186
作品情報を見る
Ryomania ― 竹内涼真1st PHOTO BOOK

Ryomania ― 竹内涼真1st PHOTO BOOK

作家
竹内涼真
出版社
主婦の友社
発売日
2015-07-31
ISBN
9784074123698
作品情報を見る

「竹内涼真」人気の作品ランキングをもっと見る

「竹内涼真」の関連画像・写真

「竹内涼真」の関連画像・写真をもっと見る