読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

落合陽一

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
おちあい・よういち

「落合陽一」のおすすめ記事・レビュー

落合陽一が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

落合陽一が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

メディアアーティストとして活躍する落合氏と、元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏が「2021」以後の日本のビジョンを議論。 山積する社会課題を解決し、新しい時代を構想するために必要なこととは。ビジョンを描いて汗をかく実践者ふたりによる、社会を変えるヒントが詰まった1冊。 『ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法』レビューはこちら

【年表】本で振り返る平成30年史!

全文を読む

“超AI時代”を見据えた働き方改革! 落合陽一が説く「働き方」の未来予想図

“超AI時代”を見据えた働き方改革! 落合陽一が説く「働き方」の未来予想図

『超AI時代の生存戦略』(落合陽一/大和書房)

「働き方改革」が進められる今日この頃。私たち日本人は、今までしてきた(もしくは、強いられてきた)伝統的な「働き方」を見つめ直し、そこから脱しようともがいている最中だ。働き方改革自体は非常に有益な社会の動きだと思う。しかしその一方で、ふと疑問が浮かび上がる。単純に「働き方」を変えたところで、「仕事」の根本的な仕組みはずっと今のままなのだろうか。「仕事」というものに対する概念は今のままで良いのだろうか。インターネットが浸透した現在、そして世界中の仕事がどんどんAI化していくこれからの時代を現役として迎える私たちは、もっと根本的に「働き方」に対する意識を変える必要があるのではないだろうか。

「人工知能の発展によって、2040年代に職がなくなる」という漠然とした展望が広まり、将来に不安を覚える若い人は多く、また中には、ベーシックインカムが出来上がり楽な生活ができると期待を抱く人もいるようだ。そんな来たるべき“AI時代”。私たちはどうやって「働く」のか。本稿では、これからの“AI時代”を見据え、通常とは少し違っ…

全文を読む

「落合陽一」のおすすめ記事をもっと見る

「落合陽一」のレビュー・書評をもっと見る

「落合陽一」の本・小説

半歩先を読む思考法

半歩先を読む思考法

作家
落合陽一
出版社
新潮社
発売日
2021-07-19
ISBN
9784103538318
作品情報を見る
0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる 学ぶ人と育てる人のための教科書

作家
落合陽一
出版社
小学館
発売日
2018-11-29
ISBN
9784093886451
作品情報を見る

「落合陽一」人気の作品ランキングをもっと見る

「落合陽一」の関連画像・写真

「落合陽一」の関連画像・写真をもっと見る