読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

志賀内泰弘

職業・肩書き
作家
ふりがな
しがない・やすひろ

プロフィール

最終更新 : 2021-05-21

名古屋市在住。2006年、金融機関を退職後、コラムニストや経営コンサルタントなど幅広く活躍。著書に『№1トヨタのおもてなし レクサス星が丘の奇跡』など多数。

「志賀内泰弘」のおすすめ記事・レビュー

乳がんで妻が他界、生きる気力も死ぬ勇気もない…。その頃書き始めた『京都祇園もも吉庵のあまから帖』――周りのために気張ることで生かされていく《志賀内泰弘インタビュー》

乳がんで妻が他界、生きる気力も死ぬ勇気もない…。その頃書き始めた『京都祇園もも吉庵のあまから帖』――周りのために気張ることで生かされていく《志賀内泰弘インタビュー》

志賀内泰弘 しがない・やすひろ●名古屋市在住。2006年、金融機関を退職後、コラムニストや経営コンサルタントなど幅広く活躍。著書に『№1トヨタのおもてなし レクサス星が丘の奇跡』など多数。本作のあんこの取材で京都の老舗や工場をめぐり、1カ月ほど食べ続けたという。「さすがに飽きたけどしばらくネタには困りません(笑)」(志賀内)

「いつか、親父の敵討ちをしなきゃならんと思っていましてね」というのが、京都祇園を舞台にした理由。 「小学校の修学旅行で訪ねて以来、京都は大好きなんですが、親父の思い入れはさらに強くて。戦争中、学徒動員で出陣しなきゃならんとなったときに、冥途の土産に祇園遊びをしようと出かけたところ、一見さんお断りで受け入れてもらえなかったと。事あるごとにその悔しさを語っていた親父が、行けずじまいのまま15年前に亡くなりましてね。いつか代わりに! と思っていたんですが、カミさんは旅好きなのに『そんな贅沢なところ、無理』と付き合ってくれないし、ひとりで行こうとすると“女遊び”のイメージが強いのか許してくれないし。実際はそういう場所じゃないんですけ…

全文を読む

「志賀内泰弘」のおすすめ記事をもっと見る

「志賀内泰弘」のレビュー・書評をもっと見る

「志賀内泰弘」の本・小説

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?

作家
志賀内泰弘
出版社
ダイヤモンド社
発売日
2010-11-27
ISBN
9784478014929
作品情報を見る
翼がくれた心が熱くなるいい話 JALのパイロットの夢、CAの涙、地上スタッフの矜持・・・

翼がくれた心が熱くなるいい話 JALのパイロットの夢、CAの涙、地上スタッフの矜持・・・

作家
志賀内泰弘
出版社
PHP研究所
発売日
2013-11-02
ISBN
9784569815404
作品情報を見る

「志賀内泰弘」人気の作品ランキングをもっと見る

「志賀内泰弘」の関連画像・写真

「志賀内泰弘」の関連画像・写真をもっと見る