読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はやみねかおる

職業・肩書き
作家
ふりがな
はやみね・かおる

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1964年4月16日、三重県生まれ。牡牛座。O型。三重大学の教育学部数学科を卒業。学生時代から執筆を始めたが、小説家になる夢を一度は諦め小学校の教師として14年間勤務。教師として働きながら生徒に読み聞かせる作品を執筆し、1989年『怪盗道化師(ピエロ)』が「第30回講談社児童文学新人賞」の佳作に入選し作家デビュー。「勇嶺 薫」名義の作品もある。

1994年発売の『そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノ-ト』(講談社青い鳥文庫)より、「名探偵夢水清志郎事件ノート」シリーズがスタート。2014年発売の『名探偵夢水清志郎の事件簿3 名探偵と封じられた秘宝』(講談社青い鳥文庫)など、多数の作品が刊行。本格ミステリーとして子供向けにとどまらない人気シリーズとなり、2015年にはシリーズ20周年を迎えた。

2002年発売の『怪盗クイーンはサーカスがお好き』(講談社青い鳥文庫)にて「怪盗クイーン」シリーズがスタート。2017年にシリーズ15周年を迎え、2019年にはオリジナルシールなどが付いた『怪盗クイーン 100冊読書ノート』(講談社青い鳥文庫)も発売された。

2007年に発売した大人のためのミステリー『赤い夢の迷宮」(講談社ノベルス)や、2018年発売のSNSを舞台にしたヤングアダルト向けミステリー『奇譚ルーム』(朝日新聞出版)などの作品もある。2006年4月からブログ「Hayamine Kaoru@はやみねかおる はやみねな日々」を執筆。2015年2月に公式Twitterを開設。2019年にデビュー30周年を迎えた。著書に『バイバイ・スク-ル―学校の七不思議事件―』(講談社青い鳥文庫)、『ぼくと未来屋の夏』(講談社青い鳥文庫)、「虹北恭助」シリーズ(講談社ノベルス)、「大中小探偵クラブ」シリーズ(講談社青い鳥文庫)、累計160万部を突破した「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社文庫)、『モナミは世界を終わらせる?』に始まる「モナミ」シリーズ(KADOKAWA/角川書店)など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1989年
『怪盗道化師(ピエロ)』第30回講談社児童文学新人賞 佳作入選
2001年
『いつも心に好奇心!』第17回うつのみや子ども賞
2004年
『ぼくと未来屋の夏』20回うつのみや子ども賞
2009年
『名探偵夢水清志郎事件ノート』(原作)第33回講談社漫画賞 児童部門

「はやみねかおる」のおすすめ記事・レビュー

はやみねかおる「完結することが大事。あと8年できっちり締めくくる」

はやみねかおる「完結することが大事。あと8年できっちり締めくくる」

<3日連続はやみねかおるさんインタビュー第3弾!>

前編はこちら  数字が人気を表わすように著作の累計発行部数は660万部を突破。児童文学の名手・はやみねかおるさんが、32年にわたり世に生み出してきた数々の作品に夢中になった今の30~40代を筆頭とする“はやみねファン”にとって衝撃的なお話が…。「小説を書くことから引退」という言葉がはやみねさんから語られることになるとは。その真相についてをうかがった。

(取材・文=立花もも)

――あと8年で引退するご予定なんですか?

はやみねかおる(以下、はやみねさん):もともとはあと3年……60歳になったら引退しようと思っていたんですよ。ぼくが小学校の先生になったとき、定年退職すると思っていたのと同じ年。ところがぼくの少し上の世代から、定年は65歳になったもので、じゃあそれに倣おうと。

――その前に、すべての作品をひとつに集約する……というのは?

はやみねさん:これまでの作品の中にもけっこう、解き明かされないままの謎が残っていまして、その種明かしを済ませてしまいたいんですよね。たとえばいつか、5歳くらいの子どもが図書館に行…

全文を読む

はやみねかおる「子どもにとっては大金だから、600円の値打ちのある小説にしなきゃあかん」

はやみねかおる「子どもにとっては大金だから、600円の値打ちのある小説にしなきゃあかん」

<3日連続はやみねかおるさんインタビュー第2弾!>

前編はこちら  デビューした当初からずっと書いた小説が値段にみあう内容かどうか自問自答しながら執筆してきたというはやみねかおるさん。インタビュー中編では、今夏映画化され話題となった『都会のトム&ソーヤ』以外の作品創作秘話をうかがった。

(取材・文=立花もも)

――『都会のトム&ソーヤ』で、主人公・内人と創也のライバルとなる、伝説のゲームクリエイター「栗井栄太」。彼らは実は、複数人のクリエイター集団だというのが、シリーズが進むにつれすごくいいなと感じるようになりました。内人と創也の関係もそうですが、足りないものを補いあうという、自立した協同関係もテーマのひとつなのかな、と。

はやみねかおる(以下、はやみねさん):無意識やと思うんですけど、あるかもしれませんね。ぼくは大学を出てすぐ教師になったんですが、そのとき実感したのが「学校の先生って、自分にできないことも教えていいんや」ってことだったんですよ。たとえばぼくは、泳ぎは得意なのにクロールができない。でも、クロールのやり方は完璧に知っているから、子どもらに…

全文を読む

教師の時から変わらない、児童文学の名手・はやみねかおるさんが意地張ってでも貫き通したいこと

教師の時から変わらない、児童文学の名手・はやみねかおるさんが意地張ってでも貫き通したいこと

<はやみねかおるさんインタビューを3日連続でお届けします!>

 記憶に新しい『都会(まち)のトム&ソーヤ』の映画化に、2022年には『怪盗クイーンはサーカスがお好き』の劇場OVAアニメ化が決定し、ますます注目が集まる、児童文学の名手はやみねかおるさん。1990年のデビュー以来、著作の累計発行部数は660万部を突破。朝井リョウさんをはじめとする多くの小説家に影響を与え、芦田愛菜さん、上白石萌音さんといった本好きで知られる芸能人の支持もアツく、今の30~40代を筆頭に、はやみね作品を読んで育った人も多いことだろう。そこで、ダ・ヴィンチニュースは、三重県に仕事場を持つはやみねさんに、これまでとこれからのお話をうかがった。

(取材・文=立花もも)

――遅ればせながら『都会(まち)のトム&ソーヤ』映画化おめでとうございます! デビュー31年、初の映画化ですね。

はやみねかおる(以下、はやみねさん):ありがとうございます。2年くらい前にお話をいただいたときは、「嬉しいです~。よろしくお願いいたします~」なんて言いつつ、実はあんまり期待しとらんかったんですよ(笑)。…

全文を読む

「ヤバいだけじゃヤバイ!」語彙力を増やすにはテレビが役に立つ/めんどくさがりなきみのための文章教室⑦

「ヤバいだけじゃヤバイ!」語彙力を増やすにはテレビが役に立つ/めんどくさがりなきみのための文章教室⑦

めんどくさがりな人ほど、文章の才能がある――。著書累計510万部以上の作家はやみねかおる初の実用書。 だれでも文章が上達する方法を、ぽっちゃり猫が小説形式で楽しく教えます。作文、メール、レポートから小説まで、これ1冊で文章がみるみる上達するはず!

『めんどくさがりなきみのための文章教室』(はやみねかおる/飛鳥新社)

「表現力がある人」がこっそりやっていること 「ヤバイだけじゃヤバイ」から語彙力を増やそう

 美術の宿題をしていると、筆を持ってる腕がズッシリと重くなった。  見ると、ダナイが、ぼくの腕にしがみついている。 「邪魔するなよ、ダナイ」 「健こそ、わたしに食事を与えるのも忘れて、何をしてるんだ?」 「窓から見える風景を描けっていう、美術の宿題だ。もうすぐ完成するから、それまで餌は待ってろ」 「なんなら、手伝ってやろうか? ほら、『猫の手も借りたい』とうじゃないか」  ダナイが、パレットに前足をつける。肉球に絵の具をつけて、いったい何をする気だ? 「わたしが、色を塗ってやろう」 「ちょっと待て。猫に色塗りは無理だろ!」  絵に肉球を押しつけようとす…

全文を読む

「伝わる、わかりやすい、心に残る」短い文こそ名文! “文章を短くする”には…?/めんどくさがりなきみのための文章教室⑥

「伝わる、わかりやすい、心に残る」短い文こそ名文! “文章を短くする”には…?/めんどくさがりなきみのための文章教室⑥

めんどくさがりな人ほど、文章の才能がある――。著書累計510万部以上の作家はやみねかおる初の実用書。 だれでも文章が上達する方法を、ぽっちゃり猫が小説形式で楽しく教えます。作文、メール、レポートから小説まで、これ1冊で文章がみるみる上達するはず!

『めんどくさがりなきみのための文章教室』(はやみねかおる/飛鳥新社)

「表現力がある人」がこっそりやっていること 伝わる、わかりやすい、心に残る。短い文こそ、名文!

 またまたまた、困った状況だ。  ぼくは、真っ白の便箋を前に、腕を組む。そろそろ1時間ほど、この姿勢で固まっている。 「また、ラブレターを頼まれたのかい?」  昼寝から目を覚ましたダナイが、話しかけてくる。 「田舎のおばさんから、図書カードをもらったんだ。そのお礼の手紙を書くように言われたんだけど、なんて書いていいかわからなくて……」 「ふむ」  のっそり起き上がったダナイが、爪の先にインクを塗って紙に『?』と書いた。 「フランスの小説家、ヴィクトル・ユーゴーは、自分の本の売れ行きを出版社に訊くのに手紙を書いた。その手紙には、『?』の1文字が書か…

全文を読む

文章は“見た目”が9割。改行は4つのコツで読みやすくなる!/めんどくさがりなきみのための文章教室⑤

文章は“見た目”が9割。改行は4つのコツで読みやすくなる!/めんどくさがりなきみのための文章教室⑤

めんどくさがりな人ほど、文章の才能がある――。著書累計510万部以上の作家はやみねかおる初の実用書。 だれでも文章が上達する方法を、ぽっちゃり猫が小説形式で楽しく教えます。作文、メール、レポートから小説まで、これ1冊で文章がみるみる上達するはず!

『めんどくさがりなきみのための文章教室』(はやみねかおる/飛鳥新社)

「表現力がある人」がこっそりやっていること 文章は見た目が9割。「最低限の正しい文」を書くだけでも、うまいと思われる

 ぼくは、物置から出してきた小さな机を部屋に運び込む。椅子ではなく、床に座って使う机だ。 「ほら、ダナイ! どけ!」  グゴガガガとイビキをかいてるダナイを足でどけ、机を置く。  昼寝を中断されたダナイは、不機嫌そうな声を出す。 「どうしたんだ、健。文机なんか持ってきて」 「ふづくえ?」 「そういう、和室で使うタイプの机を、文机って言うんだ。『ふみづくえ』という音が変化して――」  くどくど説明するダナイを無視し、文机の前に座布団を置く。  ――あとは、着物が欲しいな。 おじいちゃんの浴衣を借りて部屋に戻ると、座布団の上でダ…

全文を読む

今日の夕飯の食レポが表現力を磨く!? つねに“五感”を意識すべし!/めんどくさがりなきみのための文章教室④

今日の夕飯の食レポが表現力を磨く!? つねに“五感”を意識すべし!/めんどくさがりなきみのための文章教室④

めんどくさがりな人ほど、文章の才能がある――。著書累計510万部以上の作家はやみねかおる初の実用書。 だれでも文章が上達する方法を、ぽっちゃり猫が小説形式で楽しく教えます。作文、メール、レポートから小説まで、これ1冊で文章がみるみる上達するはず!

『めんどくさがりなきみのための文章教室』(はやみねかおる/飛鳥新社)

「表現力がある人」がこっそりやっていること 伝わる文章は、「目」と「耳」と「鼻」と「舌」と「肌」で書く!

「健は、これまでのトレーニングで、文を書くことに抵抗がなくなったと思う」  ぼくを前に、ダナイが胸を張る。うん、たしかにその通りだ。 「いよいよ本日からは、レベルアップしたトレーニングに入る」  おお、レベルアップ! 勇者の剣を手に入れた気分だ。  しかし……。ぼくは、右手をあげる。 「トレーニングが、次の段階に入ったことは、理解した。わからないのは、どうしてここにいるのかってことだ?」  ここは、家から自転車で1時間ぐらい走った場所。  目の前には、車が1台ぐらいとおれる幅の峠道。舗装されてはいるけど、かなりの急坂だ。ぼくは、道の横に…

全文を読む

文章力アップの基本は「読書」! 誰よりも読書が上手になる“4つの視点”とは?/めんどくさがりなきみのための文章教室③

文章力アップの基本は「読書」!  誰よりも読書が上手になる“4つの視点”とは?/めんどくさがりなきみのための文章教室③

めんどくさがりな人ほど、文章の才能がある――。著書累計510万部以上の作家はやみねかおる初の実用書。 だれでも文章が上達する方法を、ぽっちゃり猫が小説形式で楽しく教えます。作文、メール、レポートから小説まで、これ1冊で文章がみるみる上達するはず!

『めんどくさがりなきみのための文章教室』(はやみねかおる/飛鳥新社)

トレーニング編 文章力アップの基本は読書だけでOK!

 ダナイから、トレーニングウェアに着替えるように言われた。 「どうして、着替えないといけないんだ?」 「今からやるのは、文章を書けるようになるトレーニング。だったら、トレーニングウェアに着替えるのは、当たり前だろ」  ……納得できない。 「着替えたら、出発するよ」 「どこへ?」 「ついてくれば、わかる」  そう言って、ダナイは、ぼくの部屋の窓から外に出た。隣の家の屋根を、トッテッテッテと歩いていく。メタボのわりに、軽い足並みだ。 「おい、ちょっと待てよ!」  慌てて玄関から靴を持ってきて、ダナイのあとを追いかける。  屋根から木をつたい、地面に降りたダナイは、細い路地から路地へ歩いていく…

全文を読む

「はやみねかおる」のおすすめ記事をもっと見る

「はやみねかおる」のレビュー・書評をもっと見る

「はやみねかおる」の本・小説

夏休みルーム

夏休みルーム

作家
はやみねかおる
出版社
朝日新聞出版
発売日
2021-07-07
ISBN
9784023319103
作品情報を見る
令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-

令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-

作家
はやみねかおる
緒賀 岳志
出版社
講談社
発売日
2020-07-22
ISBN
9784065202562
作品情報を見る
怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城 (講談社青い鳥文庫)

怪盗クイーン 煉獄金貨と失われた城 (講談社青い鳥文庫)

作家
はやみねかおる
K2商会
出版社
講談社
発売日
2021-07-14
ISBN
9784065239681
作品情報を見る
めんどくさがりなきみのための文章教室

めんどくさがりなきみのための文章教室

作家
はやみねかおる
出版社
飛鳥新社
発売日
2020-03-05
ISBN
9784864106719
作品情報を見る
奇譚ルーム

奇譚ルーム

作家
はやみねかおる
しきみ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-03-15
ISBN
9784023316591
作品情報を見る
都会のトム&ソーヤ 17 逆立ちするライオン (YA! ENTERTAINMENT)

都会のトム&ソーヤ 17 逆立ちするライオン (YA! ENTERTAINMENT)

作家
はやみねかおる
にし けいこ
出版社
講談社
発売日
2021-03-25
ISBN
9784065226735
作品情報を見る
怪盗クイーン モナコの決戦 アナミナティの祝祭・後編 (講談社青い鳥文庫)

怪盗クイーン モナコの決戦 アナミナティの祝祭・後編 (講談社青い鳥文庫)

作家
はやみねかおる
K2商会
出版社
講談社
発売日
2019-08-08
ISBN
9784065168653
作品情報を見る
ディリュージョン社の提供でお送りします (講談社タイガ)

ディリュージョン社の提供でお送りします (講談社タイガ)

作家
はやみねかおる
出版社
講談社
発売日
2017-04-20
ISBN
9784062940696
作品情報を見る

「はやみねかおる」人気の作品ランキングをもっと見る

「はやみねかおる」の関連画像・写真

「はやみねかおる」の関連画像・写真をもっと見る