読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハリセンボン

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
はりせんぼん

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

お笑い芸人

「ハリセンボン」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

サブカル男子・せきしろのイタい青春がラノベに!

サブカル男子・せきしろのイタい青春がラノベに!

 ピースの又吉と共に書いた自由律俳句&エッセイ集『カキフライが無いなら来なかった』(幻冬舎)やハリセンボンのはるかの彼氏としても話題になった放送作家のせきしろ。だがせきしろといえば、なんといっても、星野源主役でドラマ化もされた大ヒットエッセイ集『去年ルノアールで』(マガジンハウス)だろう。1日中喫茶店にいて、店員や客の様子を眺めては妄想に耽る……。こんなふうに気持ちや思考の赴くままに妄想を暴走させてしまうのが特徴の彼が、今度は短編ライトノベル集に挑戦した。

 10月1日に発売された『学校の音を聞くと懐かしくて死にたくなる』(エンターブレイン)は、自身の経験も交えながら「未練と後悔で書かれた」そうで、思春期ならではのちょっとイタい自意識と妄想であふれている。たとえば、授業中に校庭に入ってきた犬を見て、どんな犬なら高校生になった今でもはしゃげるかといったくだらない妄想を繰り広げてみたり。結局は参加しないイベントごとなのに、誘われないのはさみしく「誘われたけど断った」という優越感に浸りたいがために、わざわざ「すまないが、誘ってくれ」と友だちに頼んでみた…

全文を読む

特集番外編1 2008年10月号

特集番外編1 2008年10月号

編集S.K.   『君に届け』特集、いかがでしたでしょうか? 今回は、ハリセンボン、RYTHEM、sunuiの3組の皆さんにインタビューをお願いした他に、読者の皆さんにも「友情」について様々なアンケートをお願いしました。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。 読者アンケートでもゲストインタビューでも、皆さん「女の子同士の友情」をとても大切にしているのだな、と改めて感じました。少し前のドラマなどでは、男同士の友情は、強固でさわやか、女同士の友情は、ドロドロとして恋愛に左右されるような描かれ方をされることが多かったですが、今の私たちには当てはまらないのではないかな、と思っていたので、『君に届け』の爽子、やのちん、あやねの、それぞれ恋愛模様はありつつも、それと3人の仲がリンクしない3人の友情のあり方は共感をおぼえました。今後3人の恋愛模様も変化をとげていくと思いますが、3人の友情はそのまま、ほのぼの続いていってくれるといいなぁと思います。   ※ 今回の特集内で行なった、ねこマジ・よしこお姉さまとRAG FAIR・引地洋輔くんの恋愛対談おま…

全文を読む

「ハリセンボン」のおすすめ記事をもっと見る