読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

永井みみ

職業・肩書き
作家
ふりがな
ながい・みみ

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2022-04-07

1965年、神奈川県生まれ。約20年前に長編を書き始めたが、デビューに至らず活動を中断。2年前、旧知のマンガ家・夏目けいじ氏の死をきっかけに、一念発起して執筆を再開。ケアマネージャーをしながら書いた「ミシンと金魚」で、2021年、第45回すばる文学賞受賞。

「永井みみ」のおすすめ記事・レビュー

町田そのこ『星を掬う』×永井みみ『ミシンと金魚』。ともに認知症を描いた2人の作家に聞く、認知症と家族、小説のお話《対談》

町田そのこ『星を掬う』×永井みみ『ミシンと金魚』。ともに認知症を描いた2人の作家に聞く、認知症と家族、小説のお話《対談》

 すばる文学賞受賞のデビュー作にして、三島由紀夫賞の候補ともなった永井みみさん『ミシンと金魚』(集英社)は、認知症を患うカケイさんという女性が、現在と過去をいったりきたりしながらその半生を語るという物語。〈カケイさんの中に亡き祖母を見た。祖母もきっと見ただろう花々に私も出逢えると信じて、これからも生きてゆこう。〉とコメントを寄せた町田そのこさん。本屋大賞にノミネートされた町田さんの『星を掬う』(中央公論新社)もまた、認知症を患った女性が登場し、主人公である娘の葛藤が描かれる。そんなおふたりの対談がこのたび実現。小説を書くうえでの姿勢についても、うかがった。

(取材・文=立花もも、撮影=川口宗道)

町田そのこさん(以下、町田) 『ミシンと金魚』は刊行当初からものすごく話題になっていたので手にとったのですが、認知症を患っている方の、内面の奥の奥までえぐるように描かれているところに、グッときました。コメントにも書いたのですが、昨年、認知症だった祖母を亡くしたこともあり、語り手のカケイさんの姿が祖母に重なったんですよね。祖母はカケイさんのように壮絶な人生…

全文を読む

「永井みみ」のおすすめ記事をもっと見る

「永井みみ」のレビュー・書評をもっと見る

「永井みみ」の本・小説

ミシンと金魚

ミシンと金魚

作家
永井みみ
出版社
集英社
発売日
2022-02-04
ISBN
9784087717860
作品情報を見る

「永井みみ」人気の作品ランキングをもっと見る

「永井みみ」の関連画像・写真

「永井みみ」の関連画像・写真をもっと見る