読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

五十嵐律人

五十嵐律人
職業・肩書き
作家
ふりがな
いがらし・りつと

プロフィール

最終更新 : 2022-05-12

1990年生まれ、岩手県出身。東北大学法科大学院卒業。2020年7月、『法廷遊戯』で第62回メフィスト賞を受賞しデビュー。年末の各種ミステリーランキングで軒並みランクインを果たす。21年1月に『不可逆少年』、21年7月に『原因において自由な物語』を刊行。本書が第4作となる。弁護士としてベリーベスト法律事務所に所属。

「五十嵐律人」のおすすめ記事・レビュー

法律のロジックと推理のロジックを2人のキャラクターに振り分けてみました『六法推理』五十嵐律人インタビュー

法律のロジックと推理のロジックを2人のキャラクターに振り分けてみました『六法推理』五十嵐律人インタビュー

「五十嵐律人の本をまだ読んだことがないという方に、1冊目に読んでもらいたいとお伝えしたいです」 現役弁護士として多忙な毎日を送る五十嵐律人が、メフィスト賞受賞のデビュー作『法廷遊戯』から2年と経たずして、早くも第4作となる最新刊『六法推理』を発表した。「六法全書」をもじったタイトルの本作は、これまで同様リーガル・ミステリー路線を進むものだが、物語の雰囲気はだいぶ違う。

(取材・文=吉田大助 撮影=島津美紗)

「司法修習を終えて弁護士として働き出した後で、一から書いた初めての作品が『六法推理』です。もともと法律は好きだったんですが、学問的な意味で好きという部分が大きかった。弁護士になってみて感じたのは、学問的に込み入った問題って現実でそうそう起こるものではないし、実際の法律は人と人との争いで使われるもの。要は、法律って日常と密接に関係しているんですよね。その感覚が、『六法推理』に反映されていると思います。ミステリーとしても“日常の謎”的な話が多いですし、“日常に溶け込んだリーガル・ミステリー”を目指して書いていった感覚が強いんです」  全5話で構成…

全文を読む

8人の小説家が仕掛ける、鮮烈なミステリー体験。「さあ、どんでん返しだ。」特別対談⑧(真下みこと×五十嵐律人編)

8人の小説家が仕掛ける、鮮烈なミステリー体験。「さあ、どんでん返しだ。」特別対談⑧(真下みこと×五十嵐律人編)

イラスト:石江八

 五十嵐律人、三津田信三、潮谷験、似鳥鶏、周木律、麻耶雄嵩、東川篤哉、真下みこと。8人の小説家による多彩なミステリー作品が連続刊行される講談社の「さあ、どんでん返しだ。」フェアでは、作家同士が互いの作品に抱いた印象や、自らの創作へのこだわりを語りあったインタビューを配信中。8人の作家さんが刊行順に登場して行われてきた対談シリーズは、今回が最終回『あさひは失敗しない』真下みことさんと、『原因において自由な物語』五十嵐律人さんのおふたりの登場です。「仕掛け番長」こと栗俣力也氏がMCを務めたインタビュー、その模様の一部をご紹介します。

若手作家だからこそ、”読みやすさ”については意識しています(真下先生)

栗俣:動画のインタビューで、五十嵐先生から『あさひは失敗しない』について非常に的確でわかりやすい感想コメントをいただきましたが、本作品が好きだという気持ちがあふれ出ていましたね。

真下:とても嬉しいです! 実は、五十嵐先生と私は同じ選考のタイミングでメフィスト賞受賞が決まったので、まわりには同期作家だと言い張っています。けれども、五十嵐…

全文を読む

ミステリーの今を知るならこの8作。「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーン参加作品をマトリクスで紹介!

ミステリーの今を知るならこの8作。「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーン参加作品をマトリクスで紹介!

 早いもので2021年も残りわずか。今年もミステリー小説界にはさまざまなニュースがあったが、中でも人気作家8名(五十嵐律人、三津田信三、潮谷験、似鳥鶏、周木律、麻耶雄嵩、東川篤哉、真下みこと)の新刊を7月から10月にかけて連続刊行した講談社のキャンペーン「さあ、どんでん返しだ。」は忘れられないトピックのひとつだ。

イラスト:石江八

 ミステリーの大きな魅力である「どんでん返し」に的を絞った企画性と、参加作家8名の豪華な顔ぶれ、マンガ家・石江八が手がけたスタイリッシュなポスターなどの要素が相まって、ネット上にさまざまな話題を振りまいたことは記憶に新しい。今年はこのキャンペーンの新作を追い続けていた、というミステリーファンもいることだろう。

 そこで「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーンとして刊行された全8作を、マトリクスを用いながらあらためて紹介してみよう。どんでん返しという共通項はありながらも、8作それぞれテイストや狙いが異なっているので、「さあどん」参加作が気になっていたがまだ読んでいない、という方はぜひ参考にしてほしい。

 今回作成したマトリクス…

全文を読む

法廷ミステリー×タイムスリップ!? 新作『幻告』で挑んだ新たな境地とは――五十嵐律人インタビュー

法廷ミステリー×タイムスリップ!? 新作『幻告』で挑んだ新たな境地とは――五十嵐律人インタビュー

 今年10月、ミステリー&エンタメ文芸誌『メフィスト』がリニューアルし、会員制読書クラブ「メフィストリーダーズクラブ」(以下〈MRC〉)に生まれ変わった。同クラブの目玉は、年4回『メフィスト』が自宅に届くサービス。10月25日より発送が始まった『メフィスト』リスタート第1号には、五十嵐律人『幻告』、島田荘司『ローズマリーのあまき香り』、辻村深月『罪と罰のコンパス』、西尾維新『掟上今日子の忍法帖』、森博嗣『オメガ城の惨劇 SAIKAWA Sohei’s Last Case』という豪華作家陣の書き下ろしが掲載されている。この顔ぶれを見るだけで、新生『メフィスト』の本気が伝わってくるだろう。

 執筆陣の中でも、若き新鋭として注目を集めるのが五十嵐律人さん。2020年に『法廷遊戯』で「メフィスト賞」を受賞して以来、リーガルミステリー×人間ドラマの旗手として目覚ましい活躍を見せている。司法修習生を経て、弁護士になった五十嵐さんが、新たに挑む特殊設定×リーガルミステリーとは。新作『幻告』での新たな挑戦、そして「メフィスト賞」および『メフィスト』への思いに…

全文を読む

8人の小説家が仕掛ける、鮮烈なミステリー体験。「さあ、どんでん返しだ。」特別対談①(五十嵐律人×三津田信三編)

8人の小説家が仕掛ける、鮮烈なミステリー体験。「さあ、どんでん返しだ。」特別対談①(五十嵐律人×三津田信三編)

イラスト:石江八

 五十嵐律人、三津田信三、潮谷験、似鳥鶏、周木律、麻耶雄嵩、東川篤哉、真下みこと。8人の小説家による多彩なミステリー作品が連続刊行される講談社の「さあ、どんでん返しだ。」フェアでは、作家同士が互いの作品に抱いた印象や、自らの創作へのこだわりを語りあったインタビューを配信中。第1弾に登場するのは7月に『原因において自由な物語』を刊行した五十嵐律人さんと、『忌名の如き贄るもの』を刊行した三津田信三さんのおふたり。「仕掛け番長」こと栗俣力也氏がMCを務める、対談の模様の一部をご紹介します。

「最終的に書き終えられるのかとデビューからしばらくは不安になることばかりでした」(三津田)

栗俣:五十嵐先生はプロローグからしっかりと練りに練っている印象がありますが、三津田先生はどのように小説を書き始めているのでしょうか?

三津田:いやー、五十嵐先生は非常にしっかりされていますね。私の場合、物語の核・中心となるアイデアはもちろん書き始める前に固めていますが、ストーリーについては書きながら考えています。つまり、いわゆる“プロット”と呼ばれる小説・物語の構…

全文を読む

リーガルミステリーで新風を巻き起こす弁護士作家・五十嵐律人さんの現在地とこれから《インタビュー》

リーガルミステリーで新風を巻き起こす弁護士作家・五十嵐律人さんの現在地とこれから《インタビュー》

 第62回メフィスト賞を受賞したデビュー作『法廷遊戯』(講談社)が各種メディアに取りあげられ、大きな話題を呼んでいる五十嵐律人さん。講談社が人気作家8人(五十嵐律人、三津田信三、潮谷験、似鳥鶏、周木律、麻耶雄嵩、東川篤哉、真下みこと)の新作を相次いで刊行する「さあ、どんでん返しだ。」キャンペーンの先陣を切って刊行された第3作『原因において自由な物語』(講談社)は、巧緻な仕掛けが光るリーガルミステリー×人間ドラマの新機軸。司法修習生を終え、「弁護士作家」としてのキャリアをスタートさせた五十嵐さんにお話をうかがいました。

(取材・文=朝宮運河 写真=大坪尚人)

『原因において自由な物語』(五十嵐律人/講談社)

――『原因において自由な物語』は、デビュー作『法廷遊戯』からのリーガルミステリー要素に、青春小説のテイストを盛りこんだ贅沢な1冊ですね。

五十嵐律人さん(以下、五十嵐):『法廷遊戯』は直球の法廷ミステリーで、2作目の『不可逆少年』が少年法を扱った青春小説。今回は両方の要素を盛りこんだ小説になったと思います。プロフィール的にもデビュー作では司法修習生で…

全文を読む

「五十嵐律人」のおすすめ記事をもっと見る

「五十嵐律人」のレビュー・書評をもっと見る

「五十嵐律人」の本・小説

幻告

幻告

作家
五十嵐律人
出版社
講談社
発売日
2022-07-27
ISBN
9784065284476
作品情報を見る

「五十嵐律人」人気の作品ランキングをもっと見る

「五十嵐律人」の関連画像・写真

「五十嵐律人」の関連画像・写真をもっと見る