読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ピエール瀧

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ぴえーるたき

「ピエール瀧」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

“顔面世界遺産”役者達の“顔バトル”は必見! 映画「アウトレイジ 最終章」追加キャスト&特報映像公開に期待の声続々

“顔面世界遺産”役者達の“顔バトル”は必見! 映画「アウトレイジ 最終章」追加キャスト&特報映像公開に期待の声続々

 2017年10月7日(土)公開の映画「アウトレイジ 最終章」の追加キャストが発表された。大森南朋、ピエール瀧、大杉漣といったそうそうたるキャスト陣には「凄いメンツにドキドキ感が止まらない」「ピエール瀧も大森南朋もヤクザはまりすぎだろ」「最終章観るまでは絶対に死ねない!!」と興奮の声が後を絶たない。

 最終章と銘打たれた今作には、ビートたけし演じる大友組・元組長の大友、西田敏行演じる花菱会の幹部・西野といった「アウトレイジ ビヨンド」の生き残りの他に、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之が新たにキャスティングされた。

 特に映画「凶悪」の元暴力団組長・須藤純次など数々の悪役を演じてきたピエール瀧が登場するとあって「チラッと映るピエール瀧がメッチャ怖い…!!」「ヤクザはまりすぎだろ」「アウトレイジにピエール瀧ということだけを頼りに公開まで生きていきます」といった期待の声が寄せられている。

 追加キャストと共に公開された特報動画は、大友の容赦ない発砲に始まり登場人物たちの短いカット、そして「全員、暴走」というキャッチコピーが流れる。両…

全文を読む

大根仁×町山広美トークイベント開催! ナンシー関展覧会「顔面遊園地」仙台展

大根仁×町山広美トークイベント開催! ナンシー関展覧会「顔面遊園地」仙台展

(C)Nancy Seki

 2014年春、大阪梅田ロフトフォーラム、同秋に東京渋谷パルコミュージアムで開催され好評を博した、消しゴム版画家・ナンシー関の展覧会「顔面遊園地 ナンシー関 消しゴムの鬼」が、2015年5月2日(金)から17日(火)まで仙台スペース5(仙台パルコ5階)にて開催される。

 期間中の5月8日(金)には演出家で映像ディレクターの大根仁と放送作家の町山広美によるトークショーが開催される。トークショー内では1985年に雑誌『ビックリハウス』で連載していたナンシー関の幻の小説を映像化した『通天閣はもう唄わない』(朗読:ピエール瀧)が特別上映される。

「YouTube」以前の流れて消えるテレビから、映った本人も自覚できない失態をつまみだし、面白がり方を示したコラムと、これしかない一言で射抜く、消しゴム版画は圧巻。

 同展覧会では残された生ハンコや原稿などを展示、年月を経て、その見破りがどれほど的確であったかがわかるものも数多い。ナンシー関は頼れる門番だった。その目とカッターで整理されれば、鬱陶しい有名人も、ダメな番組も、ろくでもない世の…

全文を読む

注目の新刊 『ピエール瀧の23区23時』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

注目の新刊 『ピエール瀧の23区23時』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

俳優としてもお馴染み、電気グルーヴのピエール瀧が20年住んだ東京の夜を、よそ者感覚で歩き回る。蒲田の黒い温泉、浅草の七福神、月島のもんじゃストリート。宵の口から真夜中まで、東京23区をほっつき歩くと何が見えてくるのか。味わい深い散歩エッセイ。

全文を読む

「ピエール瀧」のおすすめ記事をもっと見る

「ピエール瀧」の関連画像・写真

「ピエール瀧」の関連画像・写真をもっと見る