読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木下龍也

木下龍也 写真=菊池陽一郎
職業・肩書き
作家
ふりがな
きのした・たつや

プロフィール

最終更新 : 2022-10-28

1988年、山口県生まれ。歌人。2013年、第一歌集『つむじ風、ここにあります』を発表。ほかの著書に『きみを嫌いな奴はクズだよ』『天才による凡人のための短歌教室』など。

「木下龍也」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

同じダークサイドの人間!? きっかけは“読者はがき”『ずっと、おしまいの地』刊行記念対談!【こだま×木下龍也】

同じダークサイドの人間!?  きっかけは“読者はがき”『ずっと、おしまいの地』刊行記念対談!【こだま×木下龍也】

 今年8月に、エッセイ「おしまいの地」シリーズ最終巻となる『ずっと、おしまいの地』を刊行したこだまさん。それを記念して、シリーズ1作目に読者はがきを送っていたという歌人の木下さんとの対談が実現! 身近な出来事を短歌、エッセイそれぞれの切り口で発信しているお二人に、お互いの作品について、また“記憶が作品として生まれ変わる瞬間”について伺いました。

取材・文=野本由起 写真=菊池陽一郎

木下 自分では記憶にないのですが、僕はこだまさんの『ここは、おしまいの地』を読んで読者はがきを送ったらしいんです。さっき当時のはがきを見せてもらったら、「同じダークサイドの人間だなと思います」と書いてありました(笑)。 こだま 担当編集さんからその話を聞いて、すごく驚きました! 木下 『ここは、おしまいの地』は、たまたま書店で出合ったのですが、読んでみるとすごく胸に刺さって。書店の企画で選書を依頼された時も、この本をおすすめしました。 ――「おしまいの地」シリーズの第1作『ここは、おしまいの地』は、こだまさんが爪痕を残そうと思って執筆したエッセイだそうですね。 こだま…

全文を読む

「木下龍也」のおすすめ記事をもっと見る

「木下龍也」の本・小説

あなたのための短歌集

あなたのための短歌集

作家
木下龍也
出版社
ナナロク社
発売日
2021-11-11
ISBN
9784867320068
作品情報を見る

「木下龍也」人気の作品ランキングをもっと見る

「木下龍也」の関連画像・写真

「木下龍也」の関連画像・写真をもっと見る