選手がハラスメントに気づけないスポーツ環境とは?スポーツ指導者のためのイベントをオンラインで開催!

合同出版株式会社

公開日:2022/5/21

5月21日(土)19:30から「【第4回】子ども・選手の自己肯定感を育む スポーツ指導者のための実践レッスン! スポーツから暴力をなくすために」のオンラインイベントを開催いたします。


日本のスポーツ界って国際的にみたらどんな状況なの?
暴力・体罰が取り沙汰されているけど実際にどう指導したらいいの?
子どもの可能性を高めるためにどう接したらいいの?
こうした幅広い視点から、スポーツ指導の現場での日々の悩みなど、多様な視点を網羅して、子どもの成長を促すスポーツとなるため指導の在り方・方法を探求していくイベントです。

競技や制度、団体、指導の方法論まで含めた幅広い議論と対話を行います!
子どものためにより良いスポーツにしていくことに興味・関心があることがある方は、ぜひともご参加ください!

【詳細・申込みはこちらから】
http://ptix.at/okAad0

出演者情報


★後藤晃一(ごとう・こういち)
NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ所属。1992年生まれ。大学2年~大学院修士2年までスポーツ&パフォーマンス心理学の現場での実践&研究に携わる。選手との関わりの中で、選手を取り巻く環境の人々の資質に興味関心を持ち、スポーツコーチング・イニシアチブではスポーツコーチ・保護者の方々と学び合いながら新しいスポーツの在り方を模索している。


★目黒雄大(めぐろゆうだい)
早稲田大学4年/大学サッカー雑誌ユニマガ編集長
高校卒業まで12年間サッカーを続ける。高校3年次には、第96回全国高校サッカー選手権大会に出場。その後引退し、学生アスリートの競技生活を後押しすべく、大学サッカーの情報誌の発行やスポーツハラスメントの啓発活動に勤しむ。

トーク内容

・選手がハラスメントに気づけないスポーツ環境 目黒雄大さんから
・選手の尊厳を守りありのままでいられるコーチの関わり方
・選手へ敬意を払うダブル・ゴール・コーチング 後藤晃一さんから
・パネルディスカッションとQ&A
・クロージング

開催概要

2022年5月21日(土)19時30分スタート、21時終了予定
*参加申し込み者に限り、見逃し配信を予定しております。
(当日ご参加せずとも、見逃し配信だけを視聴していただくことができます。見逃し配信は、配信日の当日、または翌日にメールが送られます。そのメールに記載されているリンクから同メール添付のパスワードを打ち込むことで、視聴できます。見逃し配信は、配信から2週間限定のためご注意ください。)

*開場:19時20分~
*先着150名
*参加費:
・A チケット1000円(一般チケット)
・B チケット 無料(学生チケット)

【詳細・申込みはこちらから】
http://ptix.at/okAad0

主催:NPO法人スポーツコーチング・イニシアチブ
協力:合同出版

書籍情報


『スポーツの世界から暴力をなくす30の方法』
https://www.godo-shuppan.co.jp/book/b590437.html

[編]土井香苗(国際人権NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表)
   杉山翔一(弁護士)
   島沢優子(スポーツジャーナリスト)

[監修]セーフスポーツ・プロジェクト

□定価=本体1800円+税
□A5版、オールカラー、176ページ
□ISBN978-4-7726-1474-0
□全国書店、ネット書店各店で好評発売中!

Amazon販売ページ▼
https://www.amazon.co.jp/dp/4772614745/

楽天ブックス販売ページ▼
https://books.rakuten.co.jp/rb/16801659/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ