コロナ禍で妊産婦の産後うつが急増中。今本当に優先すべきなのは、ママの心のケア。育児のうつヌケに『ママにいいこと大全』

プレスリリース

更新日:2020/10/7

株式会社主婦の友社は、ママのプチうつを解消する95の習慣を紹介した『ママにいいこと大全』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074442574)の2刷重版を決定しました。

産後は、生涯の中でうつリスクが高まる時期

そもそも女性は、男性よりも2倍うつになりやすく、生涯の中でうつになりやすい時期のひとつが「産後」といわれています。出産に伴うホルモンバランスの乱れが原因とされていますが、理由はそれだけにとどまりません。

育児に翻弄されながらの新生活がスタートし、さらに仕事も家事も人間関係までもこなさなくてはならず、常にストレスフルな状態。慢性的な睡眠不足も重なり、肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまうからなのです。
出産すると女性ホルモンがほぼゼロになり、うつを引き起こしやすくなる。

コロナ禍で妊産婦のメンタル不調が増加

今現在、立ち会い出産や入院中の面会禁止、母親学級の中止、里帰り出産の断念などで、本来のサポートを受けられずに孤独を感じながら出産を迎えている妊婦さんや産後ママが少なくありません。

日本周産期メンタルヘルス学会の調査結果によると、今年3~6月の間に、助産師や医師など医療関係者の約6割が、妊婦さん&産後ママからメンタルの不調に関する相談を受けたこともわかっています。

また一方で、厚生労働省の統計データによると、今年8月の自殺者数が昨年に比べて女性が4割も増えているという報告も。今、本当に優先すべきは「ママ自身の心のケア」なのです。

各分野の専門家が伝授!ママの不安を解消するうつヌケ習慣95

本書では、行動・睡眠・食事を見直すことで、子育てママの「プチうつ」を解消する95の習慣を紹介。医師や専門家など各分野のエキスパートが科学的根拠に基づいたうつヌケ法を伝授します。

「行動」でうつヌケ

普段やりがちな行動を見直し、前向きマインドをつくろう。

「睡眠」でうつヌケ

ママの睡眠確保には、まず赤ちゃんの寝かしつけから!
「食べて」うつヌケ

鉄が不足するとセロトニンがつくられず、うつなどを引き起こす。
食事で鉄不足を補う強化レシピも紹介!

書誌情報


書名:ママにいいこと大全
監修者:小野陽子、愛波文、細川モモ、星野仁彦、石蔵文信
定価:本体1300円+税
発売日:2020年7月27日
A5変形判196ページ
ISBN:978-4074442577
https://www.amazon.co.jp/dp/4074442574

―――――――――――――――――
はじめに うつっぽいママ増えています!
第1章 このもやもやには理由がある!「育児がツライ」の正体は?
第2章 毎日やってるそれ、実はうつの原因かも?「行動」でうつヌケ
第3章 寝ることは自律神経をととのえる最良の方法「睡眠」でうつヌケ
第4章 食事を変えると人生が変わる!「食べて」うつヌケ

コラム1.育児がうまくいかないと感じる原因はこれかも!?「大人の発達障害」自分もまわりもラクになる対処法
コラム2.夫婦関係を解決して、夫にイラつかない妻になる!パパイヤママの処方箋

本件に関するメディア関係者のお問い合わせ先

【主婦の友社広報窓口】
式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
TEL:03-5403-4320
pr★c-pub.co.jp(★は@に変換してお送りください)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ