プロバイオティクス市場に革命を起こした古賀泰裕氏の新著 『プロバイオティクス物語』2月27日(土)より発売!

プレスリリース

公開日:2021/2/23

 毎日新聞出版株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小島明日奈)は、日本のプロバイオティクスのパイオニアであるLG21乳酸菌を研究開発したプロバイオティクス学会理事長・古賀泰裕氏の研究と英知を結集した書籍『プロバイオティクス物語』を2021年2月27日(土)に発刊いたします。

 「プロバイオティクス」とは、腸管常在細菌叢バランスを改善することにより、動物に有益な効果をもたらす生きた微生物を指します(※Prof.Roy Fullerより)。
 本書では、プロバイオティクス研究のエキスパートとして活躍する古賀泰裕氏による「プロバイオティクスの壮絶な生い立ち」や「なぜいまプロバイオティクスが必要なのか」、「ウイルス感染症や胃がんの原因であるピロリ菌、アレルギー、歯周病、便秘、肥満に対するプロバイオティクスの効果」など詳しくわかりやすく解説しております。
 また、本書には、プロバイオティクスの弱点を補う「プレバイオティクス」についても解説しています。コロナ禍だからこそ知ってほしい「プロバイオティクス/プレバイオティクス」の魅力と古賀泰裕氏の大胆な考えが詰まっています。
 2021年2月27日(土)より全国順次発売(輸送の都合により、地域により発売が遅れることがあります)
※)Prof. Roy Fuller:1989年に「プロバイオティクス」という言葉を最初に定義したイギリスの微生物生態学者

目次

advertisement

1プロバイオティクスの生い立ち
-メチニコフのこと
-現代プロバイオティクス学の始まり
2プロバイオティクスのあらまし
3プロバイオティクスは何にどう効くのか
-ウイルス感染症
-歯周病
-ヘリコバクターピロリ菌感染症
-除菌後胃がん
-機能性ディスペプシア
-便秘
-アレルギー
-肥満
4プレバイオティクスとは
-なぜプレバイオティクスか
-オリゴ糖
-善玉菌としてのビフィズス菌、酪酸産生菌
-ケストースの可能性

著者紹介


古賀泰裕(こが・やすひろ)
日本プロバイオティクス学会理事長。
1978(昭和 53)年、九州大学医学部卒業、同大学院にて医学博士取得。1991(平成 3)年、九州大学生体防御医学研究所助教授を経て、1993(平成 5)年、東海大学医学部感染症部門教授。2018 年、定年にて退任。引き続き、同医学部消化器内科学客員教授。1998(平成 10)年に現在の日本プロバイオティクス学会を設立し、理事長として同学会の発展運営に努めている。現在はプロバイオティクスの研究開発に従事。

書籍概要

書名 :『プロバイオティクス物語』
著者 : 古賀泰裕
発売日: 2021年2月27日
ISBN : ISBN978-4-620-32673-3
定価 : 1,430円(税込)
判型 : 四六判
⾴数 : 176⾴

会社概要

商号  : 毎日新聞出版株式会社
代表者 : 代表取締役社長 小島明日奈
所在地 : 〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6番17号 千代田会館5階
事業内容: 図書及び定期刊行物、電子出版物等の企画、制作、発行、販売

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ