『あまちゃん』ファンに聞いた 能年玲奈に演じてほしいマンガキャラ ベスト5

なんでもランキング

2013/11/12

「じぇじぇじぇ!」が流行語大賞候補と目されるなど社会現象を巻き起こしたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で一躍時の人となった能年玲奈。そんな彼女が、来年公開の映画『ホットロード』で、『あまちゃん』のキャラとは一転、不良役を演じることが発表されたラコ。ファンの間では、一体どうなってしまうんだ!? と囁かれているようですが…。では、どんなキャラクターが彼女にふさわしいのでしょう? 『あまちゃん』ファン212人に「能年玲奈に演じてほしいマンガキャラ」をアンケート。その結果を紹介するラコ!

1位
『ONE PIECE』 ナミ
ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)
  • 著者名:尾田栄一郎
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:432円

国民的マンガ『ONE PIECE』から才色兼備で家庭料理が上手な「ナミ」がランクイン。ルフィの2番目の仲間で麦わらの一味の中で唯一の航海士という重要な役目を果たす。  理由は、「『あまちゃん』での明るい印象とあっている。」「キャラがあっている」「かわいい」「キュートさがぴったり」とのことですが、『ONE PIECE』の実写化がもし実現するとしたら、配役を考えるだけでもわくわくしますね。

2位
『けいおん!』 平沢唯
けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
  • 著者名:かきふらい
  • 発売元 : 芳文社
  • 価格:885円

 軽音学部でリードギターおよびボーカルを担当する明るく無邪気でおっちょこちょいな平沢唯がランクイン。  理由は、「天然でのんびりしたとこが能年さんとかぶる」「ドジで天然でマイペースな雰囲気が能年さんのイメージにハマっているように感じたので」「ギターをかまえた姿、天然な感じが似合うから」「のほほんとした感じが合いそう!」ということでハマリ役として期待ができそう。

3位
『ドラえもん』 源静香
ドラえもん (6) (てんとう虫コミックス)
ドラえもん (6) (てんとう虫コミックス)
  • 著者名:藤子・F・不二雄
  • 発売元 : 小学館
  • 価格:463円

 誰にでも優しい穏やかな性格のしずかちゃんがランクイン。成績は優秀、正義感も強くみんなから信頼される優等生。お風呂が大好きで1日2、3回は入ることから、能年玲奈の入浴シーンに期待もできそう!?  ですが、理由は「清純な感じが合っている」「朗らかな様子が似合うから」「かわいらしいから」とのこと。期待を裏切らない「優等生キャラ」の能年玲奈はちょっと物足りない気もしますが…。

4位
『のだめカンタービレ』 野田恵(のだめ)
のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))
のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))
  • 著者名:二ノ宮知子
  • 発売元 : 講談社
  • 価格:453円

実写化されたことがある『のだめカンタービレ』。上野樹里演じる“のだめ”もかなり印象的でした。  能年を選んだ理由は、「あの天然さがのだめっぽい」「雰囲気がのだめっぽい。上野樹里さんより似合うと思う」「天然なところが似ているから」「ホンワカとしたキャラが似合いそう」と明るく人懐っこく破天荒キャラは、『あまちゃん』でしっかり染みついたよう。

5位
『ルパン三世』 峰不二子
ルパン三世Yスーパーコレクション 峰不二子編 (アクションコミックス COINSアクションオリジナル)
ルパン三世Yスーパーコレクション 峰不二子編 (アクションコミックス COINSアクションオリジナル)
  • 著者名:モンキー・パンチ
  • 発売元 : 双葉社
  • 価格:411円

ルパン三世一味の紅一点でありプロポーション抜群の峰不二子。時にルパンの敵であり、味方でもあり、恋人でもある、とルパンを翻弄させる不二子は、男性からの支持も高い。  「ギャップの違いを見たい」「今度はセクシー路線で」「大人な女性を演じる姿も見て見たい」とのこと。女の色気ムンムンの大人の能年玲奈を見られる日はくるのか!?

少数派意見を紹介。
『クリーミーマミ』のクリーミーマミ→「幼さもあり、大人っぽくも化粧すればなるかな?と思う」
『イタズラなKiss』の入江琴子→「一生懸命で素直な役が合いそうだから」
『サザエさん』のサザエ→「国民的なため」
『銀の匙』の御影アキ→「タイプが似てそう」
『海街diary』の浅野すず→「喜怒哀楽の表現方法が原作のキャラと合っていると感じる」
『うる星やつら』のラム→「お色気路線も見てみたいので」

やっぱり、『あまちゃん』のキャラが定着しているみたいラコね! 少女マンガ研究家の小田真琴さん曰く、「能年さんの魅力のかわいらしさは動物のかわいらしさであり、広い額、大きな黒目はまさに小動物のそれです。たぶん女性にはみなそれぞれに“女度”と“ペット度”があって、能年さんは“ペット度”がやや高めだけど、人間の女性としてもとてもかわいい奇跡的なバランスの持ち主なんだと思います」とのこと。

 そんな小田さんの「能年玲奈に演じてほしいマンガキャラ」は圧倒的に大島弓子作品。中でも『草冠の姫』、『ダリアの帯』、『秋日子かく語りき』に登場する女の子たちを切望! また、ヒゲ好きとしても知られる能年玲奈ということで、『すごいよ!! マサルさん』の美少女・マネージャーで同様にヒゲ好きの北原ともえをあげてくれたラコ!
 『ホットロード』も楽しみだけど、今後女優としてどんな役柄を演じていくのか、彼女の活躍に目が離せないラコね!