ジバニャンは圏外に… 「ペットとして飼ってみたいマンガ&アニメキャラクター」TOP5【マンガなんでもランキング】

なんでもランキング

2015/5/30

 マンガの主役は、なにも人間だけではない。動物や宇宙人、ロボットなど、実に多種多様な生物が登場する。彼らの存在は、ときにシリアスな物語の箸休めとして、作中の登場人物のみならず、ぼくら読者の心もわし掴みにしてしまう。
 ということで今回は、全国のマンガ好きを対象に「ペットとして飼ってみたいキャラクター」についてのアンケートを実施してみた!
【調査対象:全国の40歳未満の男女186名 2015年5月実施】

1位
トニー・トニー・チョッパー
ONE PIECE 16
ONE PIECE 16
  • 著者名:尾田 栄一郎
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:※ストアでご確認ください

 言わずと知れた国民的海賊団随一のマスコット、チョッパーが1位に。“ヒトヒトの実”という悪魔の実を食べてしまった彼は、人語を話せるトナカイで、小柄ながらも元気いっぱいのキャラクターだ。個性豊かな海賊団のなかでも、一際異彩を放つ愛らしさが人気の理由のようで、「かわいいから」「もこもこしてる」など、その見た目に関するコメントが圧倒的だった。また、「フワモコだし、言葉を話せるから」「会話ができるから」と、“動物なのに、話ができる”というのも支持されたポイントのよう。ちなみに、彼が仲間に加わるときの物語は、映画化もされた作中屈指の泣ける名エピソード。かわいらしい姿でありながらも、悲しみを背負っているというバックボーンも、人気の秘密か。

2位
ドラえもん
ドラえもん
ドラえもん
  • 著者名:藤子・F・不二雄
  • 発売元 : 小学館
  • 価格:※ストアでご確認ください

 2位にランクインしたのは、ネコに見えないネコ型ロボット。未来からやってきた高性能ロボットのはずなのに、おっちょこちょいな一面を持っているところが愛らしい。最大の魅力は、やはり四次元ポケットから取り出す“ひみつ道具”なのだろう。アンケートでも、「便利だから」「とにかく助けてくれるから」「いろいろ助かりそう」といった声が多数寄せられた。現代人には、“のび太”が多いのだろうか…。“どら焼きが大好き”“ネズミを怖がる”など、およそロボットとは思えない人間くささも魅力。とはいえ、“時々説教じみた発言をする”ところを長所ととるか短所ととるかで、意見がわかれそう。

3位
ハム太郎
とっとこハム太郎でちゅ おけいこだいすき!ちえあそび
とっとこハム太郎でちゅ おけいこだいすき!ちえあそび
  • 著者名:和田 ことみ
  • 発売元 : 小学館
  • 価格:※ストアでご確認ください

 ここにきて、ようやくペットらしいキャラクターが登場。作中でも実際にペットのハムスターとして飼われている、ハム太郎だ。「とてもかわいいから」「かわいいし、頭がいいと思うから」という、10代からの声が圧倒的。実際に飼えそうなキャラをあげてくるあたり、いまの10代は現実的なのかもしれない。作中ではハム太郎をはじめ、ありとあらゆるハムスターたちが井戸端会議を繰り広げ、ときにケージを飛び出して外の世界を冒険する。小さい体からは想像もつかないほどの勇気と好奇心が、子どもたちを魅了するのも納得だろう。とはいえ、現実世界でたびたびケージから脱走されてしまったら、飼い主としては頭を悩ませるところだが…。

4位
ピカチュウ
ポケットモンスターSPECIAL X・Y 2
ポケットモンスターSPECIAL X・Y 2
  • 著者名:日下 秀憲 (著), 山本 サトシ (イラスト)
  • 発売元 : 小学館
  • 価格:※ストアでご確認ください

 ゲームに始まり、マンガ、アニメ、映画とさまざまなメディアミックスを見せる「ポケットモンスター」から、作中のマスコット・ピカチュウがランクイン。その人気ぶりは言わずもがな。ゲーム初登場の頃と比べて、どんどんとデザインがかわいらしくなっていったのも、世間の人気を反映してのこと。「かわいい、とにかくかわいいから」と、メロメロになっている人も多いようだ。“ポケモン”は、進化を重ねて強くなっていく生き物。ところが、このピカチュウは、進化を拒むという、掟破りをしてしまう。それが許されるのも、“ピカチュウはかわいいままでいて”という、ファンの想いを汲み取った結果か。ちなみに、ライバルの“ジバニャン”を支持する声は少数。軍配はピカチュウにあがった。

5位
シロ
クレヨンしんちゃん 46
クレヨンしんちゃん 46
  • 著者名:臼井 儀人
  • 発売元 : 双葉社
  • 価格:※ストアでご確認ください

 野原家で飼われているペット・シロが5位に。ふわふわのわたあめのような見た目と、まるで人の言葉を理解しているかのような賢さが人気のよう。アンケートでも、「賢いので」「一緒にいると楽しそう」という意見があがっている。しんのすけが散歩をめんどくさがると、ひとりで散歩に行ってしまう手間のかからなさも魅力的。ひとり暮らしの社会人にはぴったりではなかろうか。また、「わたあめをやってもらいたい」と、他の犬では到底できないであろう芸を覚える点も支持されている。ちなみに、シロはもともと捨て犬だったところを、しんのすけに拾われた犬。それゆえに、問題が多い野原家の面々に振り回されながらも、彼らになついているのだろう。

そのほか、
・獅子丸『忍者ハットリくん』
「かわいいから」
・スヌーピー『ピーナッツ』
「ひと言で、かわいい」
など、やはり「ペットにしたいキャラクター」を選ぶときには、その“かわいらしさ”が基準となるようだ。
その一方で、
・殺せんせー『暗殺教室』
「マッハ20はありがたいから」
というように、実用性(?)を重視する声もチラホラ。いずれにしても、現実世界には存在し得ないキャラクターばかり。さて、あなたはどのキャラをペットにしてみたい?

文=前田レゴ