私が恋した漫画のキャラTOP5!1位に輝いたのは“キング・オブ・爽やか”のイケメン!

なんでもランキング

2016/2/6

 誰しも人生で一度はあるだろう。漫画のキャラクターに夢中になったことが。筆者はある。「本当にこの人が現実にいたらいいなぁ!」と、何度思ったことか! そこで今回、同じ思いを持つ乙女たちに、「本気で恋した漫画キャラクター」を教えてもらった。最も、惚れられたキャラは一体誰なのか? いざ、参らん!

【調査対象:恋活アプリ「タップル誕生」女性ユーザー576名 2015年10月10~12日実施】

1位
『君に届け』風早翔太 (60票)
君に届け 24
君に届け 24
  • 著者名:椎名軽穂
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:432円

堂々の第一位に輝いたはのは、キング・オブ・爽やかこと、風早くん。日本中の女子の「こんな人が彼氏だったらいいな…」の理想像である。幽霊のような暗い見た目でクラス中から遠巻きにされていた主人公・黒沼爽子に対し、唯一平等に接してくれたのが風早くんだった。ツンデレでもなく、意地悪でもない。単なるイケメンでもない。「顔も性格もいい」のだ。“内面の良さ”を重視して描かれた少女漫画にしては珍しいヒーローなのである。彼が1位になったということは、多くの女子は、男を外見ではなく内面で見ているということにほかならない。優しくて平等な男の子は、二次元でも三次元でも関係なくモテるのである。

2位
『花より男子』花沢類(42票)
花より男子
花より男子
  • 著者名:神尾葉子
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:421円

あらゆる少女漫画の中でも、最も幅広い年代に支持されているのは、ひょっとするとこの人ではないだろうか。史上最強の当て馬キャラとして名高い花沢類が第2位にランクイン! 作中では主人公・牧野つくしをめぐり、道明寺司と対立する超重要キャラとして描かれている。何を考えているかわからないミステリアスな性格で、そっけない態度を取ったかと思うと、次の瞬間優しくなったり…。掴みどころのないその性格が、瞬く間に女子たちの乙女心に火をつけた。何がすごいって、「まーきのっ」って言ってたら、メインヒーローの道明寺司よりも断然人気になってしまったところ。女子が望む王子様像は、花沢類を以って完成したといっても過言ではない。

3位
『アオハライド』馬渕洸(37票)
アオハライド 12
アオハライド 12
  • 著者名:咲坂伊緒
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:432円

恐らく少女漫画史上初、「涙袋のあるヒーロー」として名を残した、馬渕洸。主人公の双葉とは両思いだったものの、転校をきっかけに離れ離れに。高校で再会を果たすが、幼なじみとの腐れ縁が切れなかったり、トラウマに縛られ素直になれず、くっつくまでになんと12巻もかかってしまった。とにかくタイミングの悪さが目立つ洸だが、ふいに見せる強引さがニクい。特に6巻での不意打ちのキスに、ときめいた女子も多かったことだろう。自分勝手なのに、洸になら振り回されてもいい…と思えてしまうのがまた悔しい。「見ているこっちが恥ずかしくなるほどイケメン」「顔良し、頭よし、運動神経よし」との女子のコメントも。

4位
『ママレード・ボーイ』遊(22票)
ママレード・ボーイ―完全版
ママレード・ボーイ―完全版
  • 著者名:吉住 渉
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:

甘くて、苦いママレード…。タイトルを見事表現してくれたキザボーイ、松浦遊。ヒロインの小石川光希と恋人同士になるも、ひょっとしたら俺たち兄妹!? というハラハラな展開に、連載当時、全国の女子小学生たちがザワついた。遊といえば、ハンサムな顔立ちで一見優しそうだけど、性格はちょっぴり意地悪という、小悪魔的魅力の持ち主。成績優秀、スポーツ万能はもちろんのこと、料理も上手な完璧超人。だけど、人に本心をさらけ出すのが苦手…と、母性本能をくすぐることも忘れない。保健室で眠る光希に、こっそりキスする場面は、少女漫画史に残る名シーンの一つ。

5位
『スラムダンク』三井寿(20票)
Slam dunk―完全版
Slam dunk―完全版
  • 著者名:井上雄彦
  • 発売元 : 集英社
  • 価格:1,008円

「安西先生、バスケがしたいです!」の名言が有名なミッチーこと三井寿。初登場時は、湘北高校バスケ部を壊滅させようと企む不良の一人だったにも関わらず、あっという間にレギュラーメンバーへと駆け上がった奇跡の人。ロン毛から、スポーツマン刈りへと進化を遂げたその姿は、ただのイケメンでしかなかった。罪悪感があるからこそ、誰よりもチームに貢献しようとし、そのたびに無理して倒れる。しかし、不屈の精神でまた立ち上がる…という展開は涙なしには読めない。ちなみに、ミッチーの魅力が最大限発揮されるのは、20巻以降。もし、「バスケがしたいです」しか知らんという人がいたら、それは本当にもったいないと思う。

6位以下はこのようになっている。
6位 『ワンピース』ゾロ  (18票)
7位 『NANA』本城蓮   (15票)
8位 『スラムダンク』流川楓(10票)
9位 『NANA』一ノ瀬巧  (8票)
10位 『幽遊白書』蔵馬   (7票)

 『ワンピース』からはゾロがワンクイン。男気ある性格が女子の心を掴んだ模様。また、7位には『NANA』の本城蓮。倒錯した愛情の形に涙した読者も多いはずだ。続く8位から10位は、バスケットマン、バンドマン、妖狐が名を連ねている。

 多種多様な魅力をもつヒーローたち。個人的には『イタズラなKiss』の入江直樹くんがランクインしていないのが残念だが、みんなそれぞれにベストワンがいるはずだからヨシとしよう。さて、今年は一体どんなヒーローが生まれるのか? 少女漫画の先生方、本当に楽しみにしてるので、よろしくお願いします!

文=中村未来(清談社)

サイバーエージェントグループが運営する「タップル誕生」は累計165万ダウンロードを突破し、年間740万マッチングしている共通の趣味でつながる恋人や異性の友達を探せるマッチングアプリです。男女ともに20代がメインユーザーで、特に女性では20歳から23歳の利用者が多く、婚活アプリよりもライトに恋愛のドキドキ感を楽しめるのが特徴です。