1月20日は「玉の輿の日」!“玉の輿”と聞いて思い浮かべる相手の年収は? 玉の輿にのりたいマンガ金持ちキャラは?

恋愛・結婚

2017/1/20

 1905年(明治38年)1月20日、祇園の芸妓お雪が、モルガン商会創始者の甥、ジョージ・モルガンと結婚したことから、毎年1月20日は“玉の輿の日”と言われている。そこで国内最大級の電子コミック・電子書籍ストア「コミックシーモア」が、会員男女6,492名を対象に「『玉の輿』に関するアンケート」調査を行った。

<シンデレラストーリーに憧れる人は約8割! しかし現実的に狙っている人は少数派に留まる結果に!>

    img01

 まず「玉の輿に憧れますか? また玉の輿を狙っていますか?」と質問したところ、「憧れるが、狙ってはいない」(68.0%)が最も多い結果となった。次に「憧れてはいない」(22.4%)、「『憧れる』もしくは『狙っている』」(9.6%)が続く結果に。全体の約8割が「玉の輿の日に憧れる」(77.6%)という結果が出たものの、実際に「狙っている」と回答した人は少数派に留まる結果となった。

<玉の輿条件は年収3,000万円以上を求める人が約4割! 玉の輿にのったらやりたい事は、「大人買い」、「家事代行」と各世代で意見がわかれる!?>

    img02

次に「あなたが玉の輿(逆玉の輿)と聞いて、イメージする相手の収入はいくらですか」と質問したところ、「3,000万円以上~」(37.4%)が最も多かった。次に、「2,000万円以上~」(19.3%)、「1,000万円以上~」(17.6%)と続く結果に。

    img03

また、「玉の輿(逆玉の輿)にのれたとしたら、やりたいことを教えてください」と質問したところ、第1位が「今欲しいものを大人買い」(25.0%)、第2位「仕事をやめる」(24.3%)、第3位が「世界一周旅行」(20.6%)という結果に。

年代別に見ると、20代は「仕事をやめる」(30.4%)が最も多く、40代以降と年代があがるにつれ、「家事をすべてお手伝いさんにお任せする」(40代:25.0%)(50代:29.0%)に票が集まる結果となり、各世代の苦労が垣間見える結果となった。

    img04

 次に、「玉の輿(逆玉の輿)と聞いて思い浮かぶ職業を以下より最大3つまで選んでください」と質問したところ、第1位に、「医者」(65.4%)、続いて第2位に「経営者」(59.3%)、第3位に「弁護士」(33.3%)がランクインするなど、お金持ちのイメージが強い職業が上位3つを独占。その他の回答には、「石油王」や「王族」など映画やマンガでお金持ちキャラクターとして登場する職業が挙げられていた。

<マンガならではのスケールのお金持ちキャラクターが人気!? 女性No.1は「道明寺司」、男性No.1は「秋本・カトリーヌ・麗子」>

    img05

 さらに「マンガに登場する玉の輿(逆玉の輿)にのりたいお金持ちキャラクター」について質問したところ、女性編では「道明寺司(『花より男子』)」、男性編では「秋本・カトリーヌ・麗子(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)」が第1位に輝いた。

 女性編では、「道明寺司」に続いて第2位に「花沢類(『花より男子』)」、第3位に「深見宏斗(『コーヒー&バニラ』)」がランクイン。今回は、第1位、2位ともに同じマンガ作品からのランクインとなった。

 『花より男子』はドラマ化されるなど、幅広い世代に絶大な支持を得ている作品である。道明寺司は世界有数の道明寺財閥の一人息子。いくつもの島や飛行機を所持し、高級ブランド店をコンビニに入るような感覚で使っているところなど、ケタ違いのお金持ちである描写が多く、堂々の第1位に選ばれた。

 次に男性編では、「秋本・カトリーヌ・麗子」に続いて、第2位に「白鳥麗子(『白鳥麗子でございます!』)」、第3位に「リアス・グレモリー(『ハイスクールD×D』)」が続いた。

 第1位に選ばれた「秋本・カトリーヌ・麗子」は、主人公の両津勘吉とともに亀有公園前派出所で勤務する巡査でありながら、社長令嬢でもあり、自身で会社を何社も経営するキャリアウーマン。また、番外編として「中川圭一(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)」や「須王環(『桜蘭高校ホスト部』)」など、マンガならではのスケールの大きなお金持ちキャラクターに票が集まる結果となった。

■調査概要
調査日:2016年11月28日(月)~2016年12月5日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:6,492名(男性:384名女性:6,108名)
調査対象:10代以上のコミックシーモア会員男女
※コミックシーモア調べ
「1月20日玉の輿の日キャンペーン」特設ページ http://www.cmoa.jp/special/?page_id=jewel_manga/index.html