窪美澄氏が、かけがえのない人間関係を失った者たちを描く珠玉の短編集《直木賞候補作》

レビュー

夜空の星を眺めていると、どうしてこうも切ない気持ちになるのだろう。遥か遠くの輝きが、二度と手が届かないものを思い出させるせいだろうか。 第167回直木賞候補作になった窪美澄氏による『夜に星を放つ』(窪美…

本文を読む