連続する凄惨な撲殺事件を追う姫川玲子。疾走感抜群のシリーズ5作目

小説・エッセイ

2012/12/11

『ストロベリーナイト』、『ソウルケイジ』、短編集『シンメトリー』、『インビジブルレイン』、と続いてきたベストセラーシリーズ姫川ものの第5弾である。 ミステリーではあるが、名探偵の登場する本格推理ではなく、ガチガチの警察小説。そのガチガチのところがウケている秘密でもあろう。 警視庁捜査一課の姫川玲子は、男以上のタフな精... 続きを読む